2017年7月13日 更新

タントカスタムターボ試乗インプレッション!ターボのドライブフィールはNAと比較してどう?

軽自動車販売ランキングでも常に上位をキープするダイハツのハイトワゴン「タント」。 シリーズでお届けしていますが、今回は前回までのエクステリア編・内装編に続いて、タントカスタムターボのドライブフィール編をお届けします。

タントカスタムターボ試乗インプレッション!ターボのドライブフィールはNAと比較してどう?
 (11476)

前回までの記事はこちら↓

タントカスタムターボのドライブフィールは?

試乗させていただいたのは、タントカスタムでもトップグレードとなる「RS "トップエディションSAⅢ”」。
価格は2WDで1,749,600円になります。
 (11482)

ではさっそくタントカスタムターボに乗り込んでみましょう。

ドアは開口部も広く、乗り降りはしやすいです。
 (11484)

タントカスタムターボに乗り込んでみると、室内の質感が高いのがテンション上がりますね。

ノーマルのタントと比べると、ブラック基調の内装はシックで質感が高いです。
 (11486)

↑こちらがノーマルのタント。

ベージュ基調なので室内が明るくルーミーな印象です。
ただ、走りを重視するとなると、タコメーターが付いていなかったり、ステアリングがウレタン製だったりと、タントカスタムに比べると劣ります。

一方こちらがタントカスタムターボ↓
 (11487)

メーターはタコメーターが装備され、ステアリングも本革巻きになります。
手に触れる部分の質感が高いと、運転するのに心地が良いです。
 (11671)

エンジンをスタートさせて走り出してみましょう。

走り出した直後の感想は、出足の発進加速に関してはNAのタントと比べて確実に力強いです。
軽く踏んで流れに乗る程度なら、NAもターボも大差はありませんが、グイッと強めにアクセルを踏んだ時の加速感はターボのほうが確実に力強いです。

流れに乗って車速を維持する際にも、アクセルの踏み加減が少しで済むので運転が楽ですね。

また、運転していても、ターボモデルにはタコメーターが付いているのでドライバーとしては嬉しいです。
 (11672)

アイドリング中も、多少の振動は感じますが、エアコンが付いていても振動騒音は静かに抑えられています。
このあたりもNAモデルより良いですね。

1,000〜1,500rpmくらいのトルクが大きく、軽く踏んだだけでも中間加速も難なくこなします。
力強いですね。


アクセルを開けた時のエンジンサウンドも思いのほかスポーティな音がして、思わずグイッと踏みたくなってしまいますね。
 (11674)

そして、乗り味も良いですね。
ノーマルのタントを試乗した直後に乗っていますが、こちらのタントカスタムターボのほうがしっかりした乗り味に感じます。

タイヤがインチアップしているからなのか、ロードホールディング性が良いのでしょうか。
もっと硬い乗り味になるのかと思っていたら乗り心地も良いです。
 (11676)

反面、ロードノイズに関しては大きくなっているように感じます。
そこは見栄えとドライバビリティとトレードオフになりますね。


坂道があったので登坂を試みます。

大きくアクセルを開けなくても普通にグイグイと登っていきます。
やはりNAのモデルに比べると力強いですね。

60km/hくらいまでの車速でもターボのほうがキビキビと走ってくれます。
 (11678)

飛ばせる直線があったので全開加速を試みてみます。
床までアクセルを踏むと6,000rpmまでグイーッとエンジンも回り、やや乾いたエンジンサウンドとともに加速。
60km/hまでは難なく加速しますが、絶対的な加速感はやはり660ccなのでそれほどでもありません。

背中が押し付けられるような加速感を得たいなら、リッターカーに普通に乗ったほうが良いです。

それよりもタントカスタムターボは、日常域のストレスない加速感を実現しており、60km/h以下の街乗りでキビキビ走ってくれて車速を維持するにもトルクがあるのが良いですね。
 (11681)

横断歩道の歩行者にアクセルを踏んだまま近づきすぎると「ピピピ!」とスマアシⅢが歩行者を検知して警告します。
スマートアシストⅢになってステレオカメラで歩行者タイプになったのでとても賢いですね。

内装の質感も良いし、ママだけじゃなく男性にも使い勝手の良いタントカスタムは多くの人に試乗して触ってもらいたいと思いました。
特にミラクルオープンドアと、助手席がテーブルになるのは良いですね!
後席に座って飲み物やご飯でも食べながらまったりしたら、そこはまさに大人の秘密基地!
 (11687)

タントが営業車だったら良いなと思う営業スタッフさんも多いのではないかと思います(笑)

見た目もカッコよく、LEDヘッドランプなどが標準装備のタントカスタムが気になった方は、お近くのダイハツディーラーに足を運んでみてはいかがでしょうか。
31 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部