2019年9月21日 更新

やればできる!DIYホイール塗装にチャレンジ!

ホイールはクルマの印象を決める上で重要な要素といえます。高いホイールを付けていても、汚れていては良い印象を受けません。逆に言えば、鉄板ホイールでもキレイにしてさえいれば好印象なはずです。という事で、鉄板ホイールの塗装にチャレンジしてみたいと思います!

やればできる!DIYホイール塗装にチャレンジ!

鉄ホイールを塗装してみよう!

筆者撮影 (66433)

このホイールをキレイにしていきます!
via 筆者撮影
積雪地域に住んでいる方であれば、スタッドレスタイヤを用意するのは当然です。また、雪が降らない地域に住んでいる方でも、スキーやスノーボードの趣味を持っている方であればスタッドレスタイヤを用意している事でしょう。

で、このスタッドレスタイヤですが、「短い期間しか使わないからホイールは何でもいいかな。融雪剤で傷みそうだし…」と考えて、純正の鉄板ホイールを使用している方が多いのではないでしょうか。

実は筆者もその内の一人で、スタッドレスタイヤに黒い鉄板ホイール(=通称:黒鉄チン)を組み合わせて使用しています。

しかし、長年の使用により艶は無くなり、黒だったはずの色は白っぽくなり、おまけにうっすらとサビも浮いて…

いくら短期間の使用とはいえ、この状態ではあんまりです。ということで、このホイールを塗装し、ピカピカにしてみたいと思います。

用意するもの

筆者撮影 (66431)

via 筆者撮影
まずは塗料ですが、下回りに使うシャシー用塗料を使ってみたいと思います。通称シャシブラ(シャシーブラックの略)で、ホームセンターで1缶400円少々で購入できます。

また、今回は特にツヤ感を出したかったので、シャシー用塗料は黒とクリアーの2種類を用意しました。

次に、足付け用としてサビ・焦げ落とし用のスポンジです。100円ショップで5枚入りの物が買えるのでコスパ抜群ですね。もし家に1500番程度の紙やすりがあれば、それを使用しても構いません。

それから脱脂用にパーツクリーナー。塗装前にホイール表面を脱脂するのに使います。ホームセンターで1缶300円程度で購入できます。

あとは、タイヤを付けたまま塗装するので、マスキング用に100円ショップの紙製トランプ!どうやって使うかは後のお楽しみです。

その他、あったほうが便利なものとしては、トイレ掃除用のブラシ、マスキングテープ、ペーパータオルです。

ブラシはホイールの隙間を洗うため、マスキングテープはタイヤの空気バルブのマスキング用ですね。ペーパータオルは脱脂の際の拭き取り用です。
 (66432)

あった方がいいもの。作業がはかどります。

①ホイールを洗う

筆者撮影 (66434)

via 筆者撮影
まずはホイールを洗います。汚れたままだと塗料のノリが良くないので、しっかり洗います。

裏面もブレーキダスト等で汚れているので、この機会にしっかり洗いましょう。

②足付け

筆者撮影 (66435)

via 筆者撮影
洗ったホイールを良く乾かしたら、次はサビ取りスポンジで足付けをしていきます。

塗料の付着力を良くするため、ホイールの表面に傷を付けていきます。

筆者の場合、既にホイールの表面がボソボソ状態だったので、あまり意味がなかったような気がしますが…

③脱脂

筆者撮影 (66436)

via 筆者撮影
足付けが終わったら、塗装前に脱脂を行います。

表面に油分やホコリが残っていると塗料を弾いてしまい、その部分だけムラができる場合があるため、脱脂はしっかり行いましょう。

ペーパータオルを二枚用意し、片方にパーツクリーナーを染み込ませます。染み込ませた方でホイール表面を拭き、そのすぐ後に乾いた方で乾拭きを行います。

脱脂は文字通り油分を取り去る事を指しています。そのため、パーツクリーナーがタイヤ表面につかないよう十分に注意しましょう。

④マスキング

筆者撮影 (66437)

via 筆者撮影
筆者撮影 (66438)

エアバルブはこのように。
via 筆者撮影
塗装に入る前に、タイヤに塗料が付かないようマスキングを行います。

普通ならビニール袋とテープを使ってマスキングする所ですが、今回はお手軽にトランプを使用します。

方法はいたって簡単で、トランプをホイールとタイヤの隙間に、間が空かないよう差し込んでいくだけです。

縦と横の2通りを試してみましたが、横向きに差し込んだ方が風の影響を受けないので良さそうです。

また、エアバルブにも塗料が付かないようマスキングテープを巻いておきます。

⑤塗装

筆者撮影 (66439)

via 筆者撮影
いよいよ塗装です。

スプレー塗装のコツは、20~30cm離してスプレーすることと、一度に欲張って塗ろうとしないことです。

最初はまばらに色が乗るくらいの量を吹き付けるだけにしておいて、それが乾いたらまた吹き付けて…と繰り返します。

だいたい5回くらい繰り返すのを目安にするといいかも知れません。

塗料は念のために2缶用意しましたが、表面だけ塗るならホイール4本でも1缶で足りるようです。

また、今回はツヤを出したかったのでクリアーも吹いてみましたが、思った以上にツヤが出て大満足でした。
筆者撮影 (66440)

思いのほか、良い仕上がりです。
via 筆者撮影

まとめ

筆者撮影 (66441)

via 筆者撮影
DIYでホイールを塗装してみましたが、実際にやってみると意外に簡単にできました。

また、想像していたよりもお金がかからず、トータルで2,000円でお釣りがくる位でした。

筆者と同じ黒鉄チンユーザーの方は、冬が来る前に塗装にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
27 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ミナト自動車㈲ ミナト自動車㈲