2019年6月23日 更新

軽注目モデル!スズキ アルトが40周年記念特別モデルを設定

ついにスズキ アルトが、誕生から40周年を迎えました。これを記念して、非常にお買い得な記念特別モデルが設定され6/13から販売開始になっています。同モデルの特別装備や歴史などをご紹介します。

軽注目モデル!スズキ アルトが40周年記念特別モデルを設定

スズキ アルト 40周年記念特別モデルの概要等

スズキは、1979年5月に初代アルトを発売してから2019年5月で40周年を迎えたことを記念し、6/13に軽乗用車「アルト」に、「40周年記念特別仕様車 Lリミテッド」を設定し発売開始しました。

この特別仕様車は、メーカーオプションのクルマや歩行者を検知し衝突回避および被害軽減をサポートする「デュアルセンサーブレーキサポート」などを装備した「L スズキ セーフティ サポート装着車」をベースにしています。

電動格納式リモコンドアミラー、スモークガラス(リヤドア、バックドア)、UVカット機能付きガラス(全ウィンドウ)などの快適装備、ブラックカラーのインテリア、専用エンブレムなどを採用し、ボディカラーは、特別設定色の「ブリスクブルーメタリック」など5色をラインナップしています。
 (62482)

スズキ アルト 40周年記念特別モデルの特別装備等

特別装備内容は、
インパネカラーパネル(ブラック)
エアコンサイドルーバーリング(サテンメッキ調)
エアコンセンタールーバー(サテンメッキ調)
電動格納式リモコンドアミラー
カラードドアミラー
ヒーテッドドアミラー(4WD車)
スモークガラス(リヤドア、バックドア)
UVカット機能付ガラス(全ウィンドウ)
メッキインサイドドアハンドル
ピアノブラック調ドアアームレスト(フロント)
専用エンブレム40th Anniversary(バックドア)

Lリミテッド DBA-HA36S 658cc CVT FF 37.0km/L 955,800円
Lリミテッド DBA-HA36S 658cc CVT フルタイム 4WD 33.2km/L 1,063,800円

この特別装備内容で、この価格設定は、40周年記念ならではということでしょう。
 (62483)

スズキ アルト 40周年記念特別モデルの安全装備等

スズキデュアルセンサーブレーキサポートは、人にも、クルマにも作動する衝突被害軽減ブレーキです。また、後退時ブレーキサポートは、バック時にも衝突被害軽減ブレーキが作動します。

この他の安全装備は、
・誤発進抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト
などが装備されています。
 (62484)

スズキ アルトってどんな車?

初代アルトは、同社の人気軽自動車であったフロンテの軽ボンネットバンバージョンとして、1979年5月に登場しました。当時の物品税に対して非課税となるように、4ナンバー登録の商用車にして、毎日の送迎や買い物に利便性の高い軽自動車として開発されました。当時としては、47万円という驚きの低価格となっています。

2代目アルトは、初代の築いたボンネットバン市場を牽引するモデルとして、装備や走行性能を大きく進化させ1984年9月に販売開始になりました。

他社に先駆け、静粛性・経済性に優れる水冷3気筒4ストロークエンジン仕様となり、従来の3ドアモデルに、5ドアモデルもバリエーションに追加したことで、日常の利便性や実用性を更に高めたモデルとして高い人気を得ています。アルトを名実ともに不動のポジションへと押し上げたのが2代目です。

1988年9月に登場した3代目のアルトは、ホイールベースを伸ばし、当時の軽自動車の中で一番長くすると共に、モデルバリエーションに従来のレジーナなどに加えて、さらに色々なバリエーションも設定されました。

4代目アルトは、1994年11月に販売開始になりました。3ドアモデルは、デザイン的に先代からのキープコンセプトでホイールベースを含むボディサイズは先代と同様になっています。このモデルからバリエーションが少なくなり、3ドアと5ドアの標準モデル、そしてスポーツモデルの「ワークス」という設定です。

 (62485)

1998年10月7日に5代目アルトが登場しました。軽自動車規格改正と共にフルモデルチェンジしています。この型からマツダへキャロルとしてOEM供給も開始されました。改正に伴いボディーサイズはアップさせても、車両重量は極力押さえられ、最小回転半径も4.2メートルに設定されました。

6代目アルトは、「自分の時間に気軽に使える親近感のわくクルマ」をコンセプトに掲げ開発されました。歴代アルトの持ち味である使い勝手の良さに、省燃費性能を突き詰めたモデルとして2004年9月に販売開始されました。

ボティタイプの見直しが行われ、初代モデルからの3ドアモデルが廃止され、乗降性に優れ、利便性の高い5ドアモデルのみに統一されています。

7代目アルトは、軽自動車に求められる続けている経済性や使いやすさなどに磨きをかけ、広いユーザー層に親しまれる新世代の実用性に優れるハッチバックモデルに仕上げています。2009年12月に販売開始されています。

現行型アルトは、新プラットフォーム採用や徹底した軽量化に、エンジンの高効率化を図ったことで、歴代モデルからの基本コンセプトである燃費性能・走り・デザイン・安全性能をさらに進化させたモデルとして、2014年12月に販売開始になりました。

先代モデルからのデザインを一新させて、精悍なヘッドランプを備えるグリルレスのフロントビューに、直線基調のサイドビュー、リヤバンパーに内蔵されたリヤコンビネーションランプなどシンプルながらスタイリッシュで個性的なボディデザインとなっています。

この現行型で、スズキアルトは40周年を迎えました。周年記念車として、非常にお得な設定になっていますね。
 (62486)

まとめ

スズキ アルトが、販売開始40周年を迎えました。軽自動車の中でも、非常に歴史の深いモデルになっていますね。この40周年を記念して、お得な「40周年記念特別仕様車 Lリミテッド」が設定されています。

ベースモデルとなるL スズキセーフティサポート装着車は953,640円(FF)、1,059,480円(4WD)となっていますので、非常にお得な特別仕様モデルではないでしょうか。
16 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me