2017年8月31日 更新

ダイハツ新型ミライース フルモデルチェンジ!発売日は2017年5月9日!燃費は35.2km/L!

第3のエコカーとして2011年に登場したダイハツ「ミライース」。 2011年の登場から6年が経過し、2017年5月9日にフルモデルチェンジが行われるとのことです! シンプルで低燃費&低価格が魅力の車ですが、2代目となる新型ミライースはどんな車になるのでしょうか。

ダイハツ新型ミライース フルモデルチェンジ!発売日は2017年5月9日!燃費は35.2km/L!

ついに新型ミライースの画像が!

 (5901)

Twitterやネット掲示板についに新型ミライースの画像が流れ始めましたので、新型ミライースのフルモデルチェンジ情報をまとめてみたいと思います!

ミライースってどんな車?

ダイハツ工業株式会社|軽自動車・エコカー・低燃費車【ダイハツ】 (4956)

ミライース(Mira e:S)は、2011年9月20日に発売された5ドアハッチバック型の軽自動車です。

車名からわかるとおりダイハツを代表する軽自動車「ミラ」の、いわば燃費スペシャルな車です。

「第三のエコカー」というキャッチフレーズでCMが流れていたのを記憶している方も多いのではないでしょうか?

ダイハツ 第3のエコカー CM

現行ミライースの価格は、76万円~131万円という低価格で売られており、営業車などとしても人気のモデルとなっています。

低価格と併せて燃費も素晴らしいものが有ります。
現行ミライースの燃費は、JC08モード燃費で32.2km/L~35.2km/Lとなっており、軽自動車の燃費ランキングではアルトとラパンに次いで3位となっています。
ミライースは、ダイハツのイーステクノロジーと呼ばれる燃費技術によって燃費を向上させています。
これは、ハイブリッドなどのモーターを用いず、内燃機関のみで作り出されている燃費性能です。
徹底した軽量化や停車前にエンジンを停止する新エコアイドルによって燃費を向上させています。

新型ミライースは2017年5月9日にフルモデルチェンジ!

そんなミライースが、デビュー6年目を迎え、ついに2017年にフルモデルチェンジが行われます!

登場時期は5月9日!との噂。

新型ミライースがどんなデザインになるかというと、そのヒントは1年半前2015年に行われた東京モーターショーで出展されていたダイハツのコンセプトカー『D-base(ディーベース)』が元になっているとの噂です。
ダイハツ工業株式会社|軽自動車・エコカー・低燃費車【ダイハツ】 (4944)

コンセプトカーらしい装飾がなされていますが、シルエットは至ってミライースっぽいですね。

注目なのは、リアドアのハンドルが隠されているクーペスタイルになっていること。
最近ではこうしたリアドアハンドルを隠すデザインが流行っていますが、ミライースで導入されるとなるとニュースですね。
ダイハツ工業株式会社|軽自動車・エコカー・低燃費車【ダイハツ】 (4946)

こちらのコンセプトモデル『D-base』のスペックは
全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,490mm、ホイールベース2,460mmとなっています。
驚くべきはその重量。
車両重量はなんと650kgとなっており、軽自動車の中でもかなり軽い部類になりそうです。

一方で出力は控えめ。
最高出力:50ps/6,800rpm
最大トルク:5.8kgm/5,200rpm
となっています。

これはあくまでコンセプトモデルの数値なので、市販版はまた違ったスペックになると思いますが、遠くない数値になるのではないでしょうか。
ダイハツ工業株式会社|軽自動車・エコカー・低燃費車【ダイハツ】 (4948)

新型ミライースの画像も流出!

Twitterにはすでに新型ミライースの画像が流れていたり、それが巨大掲示板に流れていたりと、ようやくその姿を見ることができました。
 (5896)

コンセプトモデルのD-BASEからはだいぶ現実的なスタイリングになりましたね。
リアドアハンドルも通常の位置に付きましたが、全体的な佇まいはコンセプトモデルより好印象です。
確実に現行型のミライースよりかっこよくなっているように見えます!
 (5899)

リアビューもカッコイイ!
個人的にはスズキのアルトよりも新型ミライースのエクステリアのほうが好みですね。

プラットフォームはDNGAを初採用…?!

トヨタの子会社になったダイハツは、トヨタの次世代プラットフォーム「TNGA」にならって、「DNGA」という軽自動車やコンパクトカー向けのプラットフォームを開発しています。

そのDNGA初採用の第一弾となるのが、新型ミライースではないかと言われています。

ダイハツの新型ミライースには次世代型プラットフォームが採用されることになりそうとの噂でしたが、DNGAを初採用ではなく、エッセンスだけつぎ込まれたものになるとの噂もあり、その真意はまだわかりませんが、5月9日近くなればなんらかの情報が入ると思いますので、追って追記したいと思います!
現行のミライースよりもさらに軽量化されたプラットフォームなら、燃費性能もさらに期待できそうというものですね。

新型ミライースの燃費は35.2km/L!?

現行ミライースの燃費が32.2km/L~35.2km/Lとなっていますが、ライバルであるスズキアルトが37.0km/Lを打ち出してきたので、新型ミライースはそれを超えてくると思われましたが、現行型と同じ35.2km/Lで落ち着いたようです。
ダイハツの維持でアルトを抜きにかかるかと思っていましたが、さすがに難しいのでしょうかね?
燃費競争も一段落といったところでしょうか。
その分、安全装備のスマートアシストⅢを装備するなどで商品力の強化を図るみたいです。
アルトの燃費は抜けませんでしたが、安全装備も付いた低燃費カーなら、営業車としても人気が集まりそうです。

新型ミライースの発売日は2017年5月9日と言われていますが、新しい情報が入り次第お届けしたいと思います!

この好燃費、ただものではない! ダイハツ ミライース Mira e:s Test Drive

34 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部