2018年2月13日 更新

2018アテンザマイナーチェンジ!「Mazda6ワゴン」ジュネーブショーで世界初公開!

2月9日、マツダは、商品改良した「Mazda6(日本名マツダ アテンザ)」のワゴンモデルを、3月6日から18日まで開催されるジュネーブモーターショーにおいて、世界初公開することを発表しました。同時に、その他の出品予定車種も発表しています。

2018アテンザマイナーチェンジ!「Mazda6ワゴン」ジュネーブショーで世界初公開!

レベルを一段引き上げた「Mazda6ワゴン」

【MAZDA】マツダ、ジュネーブモーターショーで商品改良した「Mazda6」ワゴンを世界初公開|ニュースリリース (23428)

「Mazda6」ワゴン
【MAZDA】マツダ、ジュネーブモーターショーで商品改良した「Mazda6」ワゴンを世界初公開|ニュースリリース (23430)

「Mazda6」は、マツダの乗用車ラインアップを牽引するフラッグシップモデルであり、3度目となる今回の商品改良では、技術、デザインなどのあらゆる領域を深化させ、その質のレベルを一段引き上げています。

世界初公開のワゴンモデルは、ワゴンとしての機能性を確保しながら、昨年11月末のロサンゼルスモーターショーで世界初公開したセダンモデル同様、エクステリア・インテリアともに上質さをより一層磨き上げ、大人の落ち着きを感じさせるデザインへと深化し、「走る歓び」を表現しています。

また、「第45回東京モーターショー」で世界初公開した、次世代商品群の先駆けとなるコンパクトハッチバックコンセプト「マツダ 魁 CONCEPT(マツダ・カイ・コンセプト)や、フランスにて「最も美しいコンセプトカー」に選出された次世代デザインビジョンモデル「マツダ VISION COUPE(マツダ・ビジョン・クーペ)」を欧州にて初公開します。

「Mazda6」のセダンに見る改良点

【MAZDA】マツダ、ロサンゼルス自動車ショーで商品改良した「Mazda6」を世界初公開|ニュースリリース (23432)

「Mazda6」セダン
【MAZDA】マツダ、ロサンゼルス自動車ショーで商品改良した「Mazda6」を世界初公開|ニュースリリース (23433)

左2.5L直噴ターボエンジン/右2.5L気筒休止エンジン
ロサンゼルスモーターショーで世界初公開した「Mazda6セダン」は、モデルフロント・グリルが深さを増し、すっきりしたフェイスと、洗練されたインテリアとなっており、マツダのフラッグシップに相応しいプレミアム感がより鮮明になっていました。今回のワゴンモデルも同様の改良がほどこされるはずです。

さらに、「CX-9」に搭載された、2.5L直列4気筒直噴ガソリンターボエンジンの、「SKYACTIV-G2.5T」と、ノンターボの2.5Lには「気筒休止」システムも追加設定されているのも重要な改良点。さらに、サスペンションのジオメトリが見直され、シャシーブレースの追加や、トレーリングアーム取付部の強化なども行われており、かなり大規模な商品改良となっています。

その他欧州発見参のコンセプトカー

革新のエンジン「SKYACTIV-X」搭載「マツダ 魁 CONCEPT(マツダ カイ コンセプト)」

【MAZDA】マツダ魁 CONCEPT|展示車両・技術|第45回東京モーターショー2017 (23437)

マツダ 魁 CONCEPT(マツダ カイ コンセプト)
「マツダ 魁 CONCEPT(マツダ カイ コンセプト)」は、革新の次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」を搭載し、
次世代車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」と合わせて、洗練された走行性能を実現。デザインでは「日本の美意識」を体現し、よりアーティスティックな表現を目指す次世代デザインをコンパクトカーのフォルムに凝縮して、マツダが考える理想的なハッチバックのプロポーションを描いたコンセプトカーです。

最も美しいコンセプトカー 「マツダ VISION COUPE(マツダ・ビジョン・クーペ)」

【MAZDA】「マツダ VISION COUPE」がフランスにて「最も美しいコンセプトカー」に選出|ニュースリリース (23440)

「マツダ VISION COUPE(マツダ・ビジョン・クーペ)」
「マツダ VISION COUPE」は、次世代デザインが目指す、「エレガントで上質なスタイル」を描いたデザインビジョンモデルです。伸びやかな4ドアクーペとし、クルマらしい美しさ、マシンとしての性能の高さを感じさせるシルエットとし、要素を削り落として「引き算の美学」を体現したシンプルなフォルムによって、日本の美意識を体現し、より自然な新しい生命感を表現しています。

そして、2018年1月に、フランスのパリで開催された「第33回Festival Automobile International(国際自動車フェスティバル)」において、「Most Beautiful Concept Car of the Year賞(最も美しいコンセプトカー)」に選出されています。

まとめ

相変わらず、商品改良とはいえ、フルモデルチェンジ並みかそれ以上の改良をやってくれるマツダ。特に、気筒休止システムを採用した2.5Lエンジンは、国内でも「CX-5」に追加設定されており、国内仕様の「アテンザ」の商品改良が待ち遠しくなります。

そして、「マツダ 魁 CONCEPT」と「マツダ VISION COUPE」も近い将来、どんな形で実現されるのか、2018年もマツダから目が離せませんね。
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン