2017年2月20日 更新

ミッドサイズSUV『アウトランダー』を一部改良して発売

三菱自動車公式サイトで2/16にリリースされているニュースをまとめます

ミッドサイズSUV『アウトランダー』を一部改良して発売

ミッドサイズSUV『アウトランダー』を一部改良して発売

三菱自動車は、ミッドサイズSUV『アウトランダー』に予防安全機能の向上や「スマートフォン連携ディスプレイオーディオ[SDA:Smartphone Link Display Audio]」の設定など一部改良を施し、全国の系列販売会社を通じて3月2日(木)から販売を開始します。
車両本体のメーカー希望小売価格は、2,538,000円~3,284,280円(消費税込)。
アウトランダー「20G Navi Package」

アウトランダー「20G Navi Package」

1. 主な変更点

(1)グレード展開
・2.0Lエンジンを搭載する2WD車に、ナビゲーションシステムを標準装備したグレード「20G Navi Package」を新たに設定しました。

(2)予防安全技術「e-Assist」(いずれも「20G」「24G」を除く)
・「衝突被害軽減ブレーキ[FCM:Forward Collision Mitigation system]」のセンサーをミリ波レーダーからカメラとレーザーレーダーを併用したシステムにすることで、歩行者検知機能を追加するとともに、衝突回避性能を向上させました(ミリ波レーダーは、「レーダークルーズコントロール[ACC:Adaptive Cruise Control system]」に使用)。
また、「車線逸脱警報システム[LDW:Lane Departure Warning system]」の警報精度を向上させるとともに警報タイミングを最適化させました。
・「後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)[BSW:Blind Spot Warning/LCA:Lane Change Assist]」、「後退時車両検知警報システム[RCTA:Rear Cross Traffic Alert]」を新たに採用し、「誤発進抑制機能(前進及び後退時)[UMS:Ultrasonic misacceleration Mitigation System]」、「パーキングセンサー(前後)」をセットとしてメーカーオプション設定しました。
「後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)[BSW/LCA]」では、高速道路など多車線道路走行時に後側方を並走する車両や隣接車線後方から接近してくることが予想される車両を検知。「後退時車両検知警報システム[RCTA]」では、駐車場から後退して出庫する際、後側方から接近してくる車両や自車後方を横切る車両を検知し、いずれもドアミラーインジゲーターと警告音で注意を促します。
・夜間走行時、周辺状況や先行車・対向車の有無により、ハイビームからロービームへの切り替え、ハイビームへの復帰を自動的に行うヘッドライトシステム「オートマチックハイビーム[AHB:Automatic High Beam system]」を採用しました。
・自車を真上から見ているかのような映像により周囲の状況を知ることで駐車等の運転を補助する「マルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付)」を「24G Navi Package」「20G Navi Package」に標準装備としました。
(3)機能装備
・ディスプレイオーディオにスマートフォンとの連携機能を追加した「スマートフォン連携ディスプレイオーディオ[SDA]」をメーカーオプション設定としました。車の中でiPhone*1*2を使うためのより優れた、安全な方法「Apple CarPlay」*2に対応。Siriやタッチスクリーンで行き先を調べる、電話をかける、メッセージを送受信する、音楽を聴く、運転に集中したまますべてをこなします。さらに、高度な音声認識でGoogleマップTM*3など各種アプリの操作が可能な「Android AutoTM」*3にも対応しています。

*1:iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
*2:Apple CarPlay、iPhoneは米国その他の国で登録されたApple Inc.の商標です。
*3:Android Auto、Google マップはGoogle Inc.の商標または登録商標です。

・電動パーキングブレーキを4WD全車に採用し、従来のレバー操作から、ワンタッチ操作で確実に作動できるよう変更しました。また、「ブレーキオートホールド」を追加し、信号待ちや渋滞時にブレーキペダルから足を離しても停車状態を維持することが可能となり、ブレーキペダルを踏み続ける煩わしさを軽減しました。
・寒冷時にステアリングを暖めることで、快適なドライブをサポートする「ステアリングヒーター」を標準装備しました。(「20G」「24G」を除く)
(4)エクステリア
フロントフォグランプをLED(リフレクタータイプ)として消費電力を抑えたほか、ロービーム灯火時のヘッドライトとの色調を統一しています。
ルーフアンテナをスタイリッシュなシャークフィンタイプとしました。
(5)インテリア
「漆箱」をモチーフとした、日本の工芸品のような端正な美しさを追求した上質な大型センターコンソールを採用しました。

2. メーカー希望小売価格

 (3418)

アウトランダー商品情報ページはこちら
12 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yaya yaya