2017年5月5日 更新

渋滞中にトイレに行きたくなったら?!緊急手段と尿意を抑えるツボもご紹介!(笑)

GWや夏休みなど行楽シーズにつきものなのは高速道路の渋滞。 そんな時にトイレに行きたくなってしまったら…渋滞時にトイレに行きたくなったらどうすればいいか、その対処法をご紹介します!

渋滞中にトイレに行きたくなったら?!緊急手段と尿意を抑えるツボもご紹介!(笑)
thinkstock (7558)

まずは水分の摂りすぎ注意!出発前にトイレに行く!

まず第一条件として水分の摂りすぎには注意です!
特にロングドライブや高速を使う際には、出発前にトイレには必ず行くことを徹底するのと併せて、水分は必要最低限にしましょう。
水は消化が早くすぐにトイレに行きたくなるので要注意なのと、珈琲やお茶なども利尿作用があるのでトイレが近くなります。

ドライバーは、出発前に高速道路の渋滞状況を把握して、渋滞を抜けるまでのトイレスポットを把握しておきましょう。
gettyimages (7559)

SA・PAに寄ったら、尿意が無くてもトイレには行く!

SA・PAに寄った際には、尿意の有無に関わらず必ずトイレに行くようにしましょう!
特に子どもは「出ない」と言っても、必ずさせるようにしましょう。
トイレに行けば、意外と出るものです。

しかもこの先渋滞がなくても、いつ事故渋滞が発生するかもわかりません。
ノロノロでも動いていれば良いですが、全く動かないくらいの通行止めになったら一般道にも降りることができなくなります。
そうなっても良いように、トイレに行ける機会には必ず行くようにしましょう。
thinkstock (7560)

簡易トイレを車に常備しておく!最悪の場合は…

いざという時のために、簡易トイレを常に車に常備しておくと良いでしょう。
しかし、いざという時にならないと用意しないのが人の常…(笑)

最悪の場合には、空のペットボトルを使うという手段もありますが、これは男性にしか出来ないでしょうね…
しかも500mlでは収まりきらない場合があるので、お茶などの600mlのものを買っておくと安心です。

さらにペットボトルもない場合は、コンビニの袋にティッシュを山ほど入れてそこにするという手段もありますが、オススメしません(笑)
thinkstock (7561)

我慢しすぎると危険!高速を降りてしまう勇気も!

尿意を長時間我慢しすぎると、膀胱炎などになってしまう可能性もあるので、我慢しすぎて痛くなる前にはトイレに行くか緊急手段も考えましょう。

まずは、エアコンで体を冷やさないことが大切です。
さらに、尿意を和らげるツボが、顎の梅干しみたいになる部分にあるそうなので、そこを刺激するのも良いかもしれません。
 (7553)

赤い丸で示したツボを刺激して見ましょう。

よしんば我慢できてサービスエリアやパーキングエリアまでたどり着いたとしても、女性の場合はトイレ渋滞していることが想定されます。
そこから先の我慢はさらに厳しさを増すでしょうから、サービスエリアまで粘るのではなく、ICがあったら一般道に降りてトイレを探すことも検討しましょう。
高速代をケチって、膀胱炎になったら元も子もないですからね!
15 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部