2018年1月22日 更新

働く車の新提案!ダイハツDN PROCARGO。ミゼットのコンセプトを現代未来に!!!

ダイハツから働く車の新提案DN PROCARGOが登場しそうです。当時のダイハツ三輪自動車ミゼットという働く車を、現代、未来に進化させて登場とのことです!札幌モーターショー2018でも展示されるとのことです。

働く車の新提案!ダイハツDN PROCARGO。ミゼットのコンセプトを現代未来に!!!

DN PROCARGOのモーターショー向け公式動画!

ずばりコンセプトは!

広々とした空間の中で思う存分仕事が出来き、しかも快適なマルチタイプのバン!電気自動車の恩恵で低床でフラットなフロアで、さらに低重心で運転も楽に。このDN PROCARGOが、新しいパートナーとなり、頼りがいのある車になることを提案していると筆者は考えます。

物作りの原点に一度戻っての発想!

ダイハツの軽自動車の原点でもあるミゼット(3輪自動車)
当時の使い勝手とデザインの魅力を現代のスキルで表現していくことが、今回のDN PROCARGOの目的のひとつでもあるようです。

かつて1957年に発売されたミゼット、荷台の大きな最小の軽自動車は、プロユースとして、当時の中小企業や商店等のモノを運ぶ仕事を支えていました。そしてこのミゼットは、そんな商売人(プロ)たちに愛されていたと言えるでしょう!このDN PROCARGOもこの血統を受け継いでの登場のようです!
 (21889)

DN PROCARGOのエクステリア!

まず目に飛び込むのは、やはりフロントフェイスのかわいらしさではないでしょうか!プロの仕事人が一所懸命働き、汗を流すのとは真逆に、疲れを癒してくれるかのような顔立ちと思います。

そして大きく開くであろうドア!注目なのは、ギリギリまで下部ステップに近いところまで開くところが乗り降りのしやすさを考えてのことと感じます。

そして限りなく大きな空間を確保するために、ほぼ直角なデザインと水平なルーフデザインが特徴と思います。
 (21733)

リア部分も非常に使い勝手がよい仕上がりになっていると考えます。特にダイハツでお得意な横開きのドアは、ドア全体が大きく開くことで、女性やお年寄りの方が乗り降りしたり作業をする際には非常に便利であるといえますね!
 (21734)

DN PROCARGOの内装は?

二人乗車の設定であるDN PROCARGO。二人が乗ってもスペースは広く確保されているように感じます。そして運転席の液晶モニターが大きく見やすくなっていると考えます。

オーディオやエアコンのコントロール部も一体となっていて扱いやすさを優先してのことでしょう。非常にスッキリとしたデザインですが、エクステリア同様かわいらしさも表現もされており、女性にもお気に入りとなるように作りこみされていますね!
 (21735)

移動ホスピタルバージョン。

医療行為が行えたり、健康チェックを行ったり出来るように移動式のホスピタルを演出しています。運転席がクルッと回って、対面になる点が注目の装備でも有ります。
 (21736)

運送屋さんをモチーフ!

近未来にこのように運送カーとして利用されることも可能でしょう!特に一軒一軒の配達やマンション等の配達で近距離向けの小回りの効く運送が想像できますね!
 (21737)

移動式ベーカリーショップをはじめては!

移動式のパン屋さんをはじめて、「いろいろな所で自信作のパンを売って歩いてみませんか」とビジネス提案をダイハツからされている気がしますね
 (21739)

現在、軽自動車でも福祉車両があります。もちろんこのDN PROCARGOもこういった使用方法をビジネスとしても家庭用としても可能であると考えます。
 (21740)

パワートレーンは、電気(EV)です。ビジネス用途の中でも比較的小さい規模を想定していることから、ガソリンを使用するよりも自宅や施設内で充電できたほうが、効率が良いということから電気自動車になったようです。

ミゼットの時代には、モノを運ぶということを基本としていたと思います。現代版のDN PROCARGOは、ビジネスを運ぶことに進化してその中にモノというカテゴリーも存在するという位置づけでしょう。

まとめ

2018年のモーターショーでもこのDN PROCARGOは、展示展開されるようです。札幌モーターショー2018でも展示が決定しています。

これからの働く軽自動車のあり方をダイハツとしては、歴史(ミゼット)を織り込みながら提案していくと感じます。また東京オリンピック等では、多くの海外の方も東京付近に大挙してきます。
皆さんのビジネスチャンスを、このDN PROCARGOで広げられるのではないかとも筆者は考えます。
25 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me