2017年5月13日 更新

カーナビはスマホアプリで十分?車載ナビとスマホアプリ、それぞれのメリット・デメリットは?

最近では高価なナビを最初から用意せず、スマホやタブレットをナビ代わりに使うように用意するメーカーも増えてきました。 では本当にスマホでナビの代わりは務まるのでしょうか?車載ナビとスマホアプリのメリット・デメリットを比較します。

thinkstock (8020)

スマホアプリナビはこれからの主流になる?

メルセデスやフォルクスワーゲンの安価なモデルでは、車載ナビを最初から用意せずにスマホで代用しようという試みがすでに始まっています。
国内メーカーでもスマホをナビ代わりにする試みはS660などでもすでに実現していますが、これからはスマホアプリが車載ナビの代わりになる時代がくるのでしょうか?

スマホアプリナビのメリット

無料で使えるGoogleのナビや、交通アプリ「NAVITIME」、「Yahoo! カーナビ」など、スマホアプリが普及し、スマホ自体のGPSの精度も高まっていることから、その利便性は車載ナビに引けを取らなくなってきています。

一番のメリットは、「安価に導入できる」ということ。
車載ナビは、メーカー純正オプションだと高いものだと30万円を超え、安価なディーラーオプションや社外製ナビでも10万円前後はします。
それに比べるとスマホアプリのナビなら、スマホさえ持っていれば、無料で使えるものから、高いものでも月額1000円程度あれば高性能のナビ機能を享受できます。

また、車載ナビよりも優れている点として、スマホアプリがオンラインで最新の地図情報をダウンロードして反映しているという点です。
開通したばかりの道路が地図に反映されたり、有料道路の料金や、また店舗の閉店開店なども最新の情報にアップデート。
また、周辺にある駐車場の空車状況や道路交通情報などもリアルタイムに反映するなど、ハイエンドの車載ナビに匹敵する性能を有しています。

それが安価に導入できるとなれば、大きなメリットとなります。

スマホアプリナビのデメリット

一方で、スマホアプリナビにもデメリットがあります。


まずは圧倒的に車載ナビに比べてスマホの画面が小さいことが挙げられます。
iPadなどのタブレットを使えば解決しますが、置き場所などに難儀し、見た目がスマートではありません。

また、オンラインである必要があるため、通信圏外になると地図が表示されないなど機能が使えなくなる場合があります。
さらに、地下やトンネルなどではGPSによる位置測定ができなくなるなどのデメリットもあります。
最近では、トンネル通過中でも車両の位置を測定するよう改良されているアプリナビもあるそうですが、この麺に関しては車載ナビのほうが精度は間違いありません。

さらには、ナビアプリ使用中はバッテリーの消費が激しく、また発熱などによって正常に動作しなくなることもあるようです。
真夏のダッシュボードにスマホを置いてナビアプリを使用していると、熱によってスマホ自体が壊れてしまう可能性もありますので、温度管理には注意が必要です。
gettyimages (8021)

車載ナビのメリット・デメリットは?

車載ナビのメリット

車載ナビは、車を制御するさまざまなコンピューターと連携しているので、ビルの谷間やトンネルの中などGPSが利用できない場所でも精度の高いルート案内を行うことが可能です。

冬の過酷な低温、さらには激しい振動も耐えられるように設計されています。

そして、カーナビとして最適化されたボディなので、画面の大きさやスイッチ類などがカーナビとして必要な位置と大きさで配置されています。
これはスマホとは大きく違う部分です。

やはり車載ナビのメリットは、精度の高さと耐久性、そして見た目の美しさや操作性にも一日の長があります。

車載ナビのデメリット

まず一番のデメリットは価格ではないでしょうか。
スマホアプリならスマホさえあれば無料でもナビが実現するのに対して、車載ナビはメーカー純正オプションだと数十万円もしてしまいます。この差は埋めがたいです。

また、一部のハイエンドナビを除けば、地図はリアルタイムでは更新できません。
特に輸入車などではナビの地図更新が年に1度など頻度が低い上に、更新に数万円かかることも。

一方で、レクサスはナビは車両本体価格に含まれており、しかも車載の通信機でリアルタイムにオンラインにつながっており、渋滞情報はもちろん、地図のアップデートも随時行われます。
しかもこのサービスは納車から3年間無料です。

トヨタのT-Connectナビも、車載通信機付きのハイエンドのものもありますが、通信機を持たないT-connectナビでも、WIFIを接続すれば、地図のアップデートが無料で可能です。
メーカーのナビも進化しています。

社外製のナビメーカーのものも、WIFIなどでオンラインに接続すれば、地図のアップデートができるものも多いので、一手間かければ地図も最新の情報にすることができる車載ナビも増えています。
Japanese woman in a car

Japanese woman in a car

安く済ませるならスマホアプリで十分!でも車載ナビの良さもある

安価に済ませたいならばスマホアプリ十分と言える機能を備えていると思います。
ただ、操作性やトンネルや圏外のエリアでの精度に難があるので、その点だけ注意が必要です。
日常使いメインの車で、遠出をあまりしないのであれば、スマホアプリで十分かもしれませんね。

一方で、旅行のときには車載ナビのほうが便利でしょうね。
お休みの日にドライブなどによく出かける人は車載ナビを選んでおいたほうが良いでしょう。

予算に合わせて、ご自身にあったナビを選んで、快適なドライブを楽しんでくださいね。
16 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部