2018年6月25日 更新

11本の橋でつながった「瀬戸内しまなみ海道」を快走しよう

瀬戸内海に浮かぶ島々を橋で結んだ「瀬戸内しまなみ海道」。各橋は原動付き自転車・自転車・歩行者などが通れるように整備されています。夕日の綺麗なスポットもご紹介しますのでデートコースとしても参考にしてください。

11本の橋でつながった「瀬戸内しまなみ海道」を快走しよう

夕日が最高に綺麗!恋人とのドライブスポットに

本州四国連絡道路は通称「瀬戸内しまなみ海道」と呼ばれています。本州・尾道と、四国・今治を結ぶルートですが、新尾道大橋、因島大橋、生口橋など、合計11本もの橋が架かっています。

また、瀬戸内しまなみ海道は高速道路でありながらも、歩行者・自転車・原付バイクなどが利用出来るのも特徴です。夕日が綺麗に見えるスポットが複数あることから人気を集めています。

そこで今回は、この瀬戸内しまなみ海道のドライブポイントをご紹介します。
しまなみガイド | SHIMAP しまなみ海道観光マップ (34223)

サイクリングロードとしても有名

瀬戸内しまなみ海道は、朝日・夕日の絶景ポイントが各所にあるため、恋人同士のドライブスポットとしても有名ですが、サイクリングロードとしても人気が高いです。

実際、2014年5月にはCNNで「世界で最も素晴しい自転車道」と評価を受けたほどです。また、4年に一度行われる、国際サイクリング大会の実施場所でもあるため、世界各地からサイクリングロードを楽しむ人たちで賑わっています。

具体的なサイクリングコースとしては、下記のように約70kmの行程が推奨されています。尾道、向島、今治などではレンタル自転車も用意されていますのでご利用ください。レンタル料は数百円から最大1,500円程度です。タンデム用、電動アシストの有無、乗り捨ての可否などによって料金が変わります。

ただしGW中や夏休みの季節などは、用意されている数百台の自転車が全て貸し出し中などと言うこともありますのお早めに。
モデルコース | サイクリング | SHIMAP しまなみ海道観光マップ (34224)

「糸山公園」で見渡せる船と夕焼けスポット

次はドライブスポットについてお伝えします。

1つ目のドライブスポットとしてご紹介したいのが、今治北ICから車で5分ほどの「糸山公園」です。ここは、日本三大潮流の一つ来島海峡と来島海峡大橋を見渡すことができ、その雄大なスケールに圧倒されてしまいます。

橋の美しい人工美と海峡の自然美が融合した見事なコラボレーションです。また、来島海峡眺めると、時には渦が巻いている景色を見ることができます。

海底の地形が複雑で高低差が激しいため、昔は海の難所として恐れられていました。この場所を一日600隻前後の船が行き来しており、交通量が多いのでそれを眺めているだけでも一日過ごせそうです。

公園内にある糸山公園展望台には、専用駐車場から約5分ほどで到着。展望台には椅子や机なども用意されているため、お弁当を持参して、景色を眺めながらドライブの疲れを癒やして下さい。

また、1、2時間ほど時間に余裕があるなら、来島海峡大橋の下を通り潮流を間近で体験できる観潮船を楽しむこともできます。およそ50分のコースで、来島海峡大橋の下を航行し「来島海峡」の潮流を楽しめるようになっています。

乗船受付は20分前に済ませておく必要がありますので時間に余裕を持って行動してください。観潮船はガイドさんも同船しますので、安心して来島海峡を満喫して下さい。
糸山公園:絶景ポイント:しまなみ海道「今治」探訪 (34225)

しまなみ海道随一の絶景ポイントはズバリ「亀老山展望台」

2つ目のドライブスポットは、しまなみ海道随一の絶景ポイントと言われている「亀老山展望台」です。

来島海峡大橋の南東に位置しており、標高は東京タワーよりも少し小さい307メートル。今治方面から訪れる場合は、大島南ICより車で10分。尾道方面からなら大島北ICを降り、車で約20分ほどで到着します。

亀老山頂には展望台があるため、山道をのぼって進んでいきます。約15分ほどのドライブを楽しみましょう。

また、展望台だけでなく、道中も様々な見所ポイントがありますので、途中、車を停車させ写真撮影するのをお忘れなく。カーブを曲がると、目の前に美しい来島海峡大橋が見えるなど、サブライズ満載のドライブとなるはずです。

展望台は、建築家、隈研吾氏が設計し、何とも近未来的な建造物となっています。周囲の景観を損なわないように設計されており、中からは360度のパノラマが開けています。南に今治市内、南東には石鎚、そして北西には来島海峡大橋を観ることができます。

方角や時間帯によって、様々な景色を楽しむことができるのも「しまなみ海道」の魅力の1つですが、夜間に「亀老山展望台」から見る瀬戸内しまなみ海道のライトアップされた姿は、誰もが感動するほどの絶景ぶりです。
大島 亀老山:絶景ポイント:しまなみ海道「今治」探訪 (34226)

まとめ

以上、今回はドライブスポットとしても、サイクリングロードとしても有名な瀬戸内しまなみ海道についてレポートしてきました。

季節や時間帯によって、様々な表情を見せてくれますので、何度行っても楽しめるのが醍醐味です。また、車・自転車・徒歩と、いくつものアプローチができるため、自分のお気に入りの楽しみ方を追求してみて下さいね。
14 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

後藤 後藤