2017年8月6日 更新

『第45回東京モーターショー2017』は、10月27日(金)開幕!

2年に一度の自動車の祭典『第45回東京モーターショー2017』今回は、どのメーカーが、どのような車種を公開するのでしょうか。さっそく開催情報をチェックしてみたいと思います。

第45回 東京モーターショー 2017 -TOKYO MOTOR SHOW [TMS] WEB SITE- (12866)

名称
第45回東京モーターショー2017 [The 45th Tokyo Motor Show 2017]
   
主催
一般社団法人 日本自動車工業会 (JAMA)

会場
東京ビックサイト/東京都江東区有明 3-11-1 http://www.bigsight.jp/

会期
2017年(平成29年)10月27日(金)~11月5日(日)
10月27日(金) 12:30~18:00 プレビューデー
10月28日(土) 10:00~20:00 一般公開日
10月29日(日) 10:00~18:00 一般公開日
10月30日(月) 10:00~20:00 一般公開日
10月31日(火) 10:00~20:00 一般公開日
11月 1日(水) 10:00~20:00 一般公開日
11月 2日(木) 10:00~20:00 一般公開日
11月 3日(祝) 10:00~20:00 一般公開日
11月 4日(土) 10:00~20:00 一般公開日
11月 5日(日) 10:00~18:00 一般公開日

入場料
プレビューデー
前売¥3,500(枚数限定)小学生以下無料

一般公開日
前売 一般 ¥1,600/高校生 ¥500
当日 一般 ¥1,800/高校生 ¥600
※中学生以下無料
※価格はすべて税込み

オンラインチケットは8/1(火)より発売開始!

前売りチケットは、8月1日(火)より発売開始となりました。
プレビューデーは、一般公開日より高めの設定ですが、限定販売なので当日はゆっくり会場を見て回れるのではないでしょうか。

また、今回の開催でも、前回に引き続きTカードを使った「Tチケット」が導入されます。
モーターショーの入場も「ETCレーン化」が進みました。
(個人的には、チケットは、「もぎり」の方が気持ちは昂りますが…)
第45回東京モーターショー2017- T-FANSITE (12870)

オンラインチケットはこちらで受付しています。
・第45回東京モーターショー2017公式オンラインチケットサービス
 http://www.e-tix.jp/tokyomotorshow/
・T-TICKET ※Tカードで専用レーンからラクラク入場可能。
 https://fan.tsite.jp/ticket/171027MOR?sc_cid=tcore_a00_p_adot_off_171027MOR
・JTBエンタメチケット
 http://www.jtb.co.jp/ticket/
・セブンチケット
 http://7ticket.jp/
・funity(ファミリーマートグループ)
 https://www.funity.jp/tickets/tyoms/showlist
・ローソンチケット
 http://l-tike.com/event/tokyo-motorshow/
・チケットぴあ
 http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b1773582

※各サイト「東京モーターショー2017」で検索してください。

今回の注目は国産メーカーが中心となるのでしょうか?

さて、8/2現在での今回の出展者リストをチェックしたところ、非常に気になることがありました。
アメリカ、イギリス、イタリア各国の自動車メーカーの出展がありません!
GM、フォード、クライスラーをはじめ、ジャガー、ランドローバー、MINI、
フィアットグループなどの名前が見当たりません。とても残念です。
これらのメーカーは日本市場を見放してしまったのでしょうか。
輸入車のラインナップは前回以上にさみしいものとなりそうです。

一方、国内メーカーには注目のニューモデル、近未来を予測させるコンセプトモデルには期待度が高まります。
例えば、4月のNY Auto Show で公開されたLEXUS「 LS500 F SPORT」 は、日本初公開となるでしょう。
LEXUSからはコンパクトSUV「UX」も発表されるのではないでしょうか。

同じく、NY Auto Show で公開のトヨタのコンパクトSUVコンセプトカー「FT-X4」もお披露目されると予想します。
TOYOTA FT X4 - New York International Auto Show (12901)

しかし、トヨタの目玉車は、なんと言っても「スープラ」。
chibicaの過去記事でも取り上げられています。

国産メーカーはニューモデルラッシュ!気になる情報がまだまだあります!!

ホンダはスポーツモデルで攻勢をかけてくるのではないかと期待しています。
9月に発売される新型「シビック Type R」も注目ですが、「S1000」も見られるかもしれません。
詳細はこちらの記事をどうぞ。
注目車を挙げればキリがないのですが、各自動車メーカーはこのタイミングに市販車の公開も積極的ですから、新車購入を検討している方々は、会場で実車をみる絶好の機会です。

開催が近づくとともに、さらに、さらに最新情報が出てくると思いますので、期待したいと思います。

私的には、日産「ジューク」とスズキ「ハスラーワイド」のニューモデルが公開されるのではないかと、ワクワクしています。

chibicaの過去の記事には、こんな楽しみな情報もありました。
東京モーターショーは10月28日から一般公開となります。

前売り券を買ったほうが200円ほど安くなりますので、車好きなら前売り券を買って、現地に見に行きたいですね!
19 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

たけぞう たけぞう