2017年7月11日 更新

アウディQ6、EV「e-torn」のクーペSUVとして2018年秋以降に日本発売か!価格は1000万円超?!

アウディのSUVラインである「Q」を冠するブランニューモデルとしてアウディQ6が2018年に発売される可能性が高まりました。

アウディQ6、EV「e-torn」のクーペSUVとして2018年秋以降に日本発売か!価格は1000万円超?!

アウディQ6は今流行りのクーペSUVスタイル!

 (11712)

2015年のフランクフルトモーターショーで公開された「Audi e-tron quattro concept」が、2018年にアウディQ6として発売される見込みです。

実際、2015年のプレスリリースでも2018年初に発売することを明言しており、となると日本でも追っておそらく半年から1年後くらいに発売されることは間違いないでしょう!
「アウディは2018年の初頭に、ラグジュアリークラスにおいて電気自動車のスポーツSUVを市場に導入する予定です。Audi e-tron quattro conceptは、そのモデルを明確に予告するものです」と、AUDI AG技術開発担当取締役のDr. Prof. ウルリッヒ ハッケンベルクは述べています。「このクルマは、運転する歓びと長い航続距離、訴求力のあるデザイン、卓越した快適性を兼ね備えています。」
上記引用にもある通り、2018年初頭に発売されることは確実と思われます。

「e-tron」とはアウディのEV車につけられる呼称で、日本ではA3 e-tronなどが発売されています。

e-tron専売のモデルは今まで無かったので、このアウディQ6がe-torn専用モデルとして発売されるかどうかが注目です。
正直、e-tornは日本ではあまり普及していないので、専売モデル化することで普及していく可能性もありますね。
 (11716)

アウディQ6のコンセプトモデルである「Audi e-tron quattro concept」スタイリングは、SUVと言うよりはオールロードクワトロのような低いクロスカントリーのようなデザインです。

昨今、BMWのX6やX4から始まったクーペSUVの流れは、メルセデスにも波及しGLCクーペやGLEクーペが発売されました。
それがアウディでもクーペSUVというジャンルの車がデビューするということでしょうか?
 (11718)

コンセプトモデルのスタイリングを見ると、まさにオールロードクワトロのようなイメージ。
これをQシリーズとして出すということは、大英断だと思います。
確かに、Q2もSUVというには1.5m程度の全高でクーペスタイルでしたので、偶数のQシリーズはこうしたクーペスタイルのSUVになっていくのかもしれませんね。
 (11722)

アウディQ6は床下に大容量のリチウムイオンバッテリーが搭載されることで、前後アクスル間の重量バランスが最適化され、さらに低重心化によりハンドリングも良くなっているとのこと。

バッテリー容量は95kWhを確保し、500km超える航続距離を確保しているそうです。
出力150kWの直流急速充電プラグを車両のポートに接続すれば、約50分でバッテリーをフル充電することができるとのことで、アウディのEVが普及するかどうかは環境の整備も焦点になりそうです。

コンセプトモデルでは、アウディワイヤレスチャージングテクノロジーにより、非接触充電も可能になっていましたが、市販化モデルではおそらく採用は難しいのではないでしょうか。
というのも、充電プロセスは充電用プレート上に車を停めなければならず、インフラが必要になります。
ディーラーなどに完備されることも予想されますが…おそらくは難しいのではないでしょうか。
 (11721)

Audi e-tron quattro conceptでは、3つの電気モーターを搭載し、そのうちひとつのモーターが前輪を駆動し、残り2つのモーターが後輪を駆動。

パワーの合計は320kWで、短時間のパワーブースト機能も搭載し、瞬間的に370kWの出力と800Nm(590.0 lb-ft)を超えるトルクを発生させてスポーツカーに顔負けの加速を見せるとのこと!
短時間のパワーブーストって、F1のKERSみたいでカッコイイですね。

0-100kmが4.6秒と、重そうな車体を恐ろしいスピードで打ち出します。

日本での発売は2018年後半〜2019年か?

当初の予定通りだとすると、発表は2018年初頭とのことで、デトロイトモーターショーかジュネーブモーターショーでワールドプレミアになるのではないでしょうか。

だいたい、ドイツ本国で発売が開始されてから、日本に導入されるまでには半年以上かかるので、早くても2018年秋以降になるのではないかと予想します。

価格はまったく未定ですが、「6」が付くプレミアムクラスかつ、e-tronという通常ではないパワートレインなので日本で発売される際には1000万円を超えてくる価格帯になると思われます。

いろいろと未来感満載のモデルとなりそうなアウディQ6、期待して発売を待ちましょう。
15 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部