2018年2月22日 更新

ジャガー初!コンパクトSUV「E pace」が日本に登場!価格は451万円〜

「E pace」は、ジャガーで初めてとなるコンパクトSUV。 美しいデザイン、シャープで堂々たる走りを武器に、日本のSUV市場に参入したのでご紹介します。

ジャガー初!コンパクトSUV「E pace」が日本に登場!価格は451万円〜

エクステリアについて

 (12275)

E‑PACEのスポーティーなフロントマスクは、LEDヘッドランプ(「Jプレート」シグネチャーライト)と大雄々しいハニカムメッシュグリルなどで構成されます。
 (12276)

ルーフラインは滑らかに仕上げることで美しい流れを造り、大きく傾いたリアウィンドウやスポイラーを採用することで大胆さを演出。
21インチアロイホイールを採用するグレードもあり、個性とスポーティーさを両立しています。
 (12277)

自然光でキャビン全体を満たすパノラミックルーフの採用で、開放感と爽快な空を乗る人に提供。

インテリアについて

 (12284)

大きな収納や積載スペースを保有しています。

センターコンソールは、脱着可能なカップホルダーを装備し、奥行きも十分確保し、小型のタブレットやボトル(750ml)4本が収納できます。
 (12283)

グローブボックスは、取り外したセンターコンソールのカップホルダーを格納。

フロントドア(左右)のスペースには、携帯電話の他1.5リットルのボトルなどが収納できます。
 (12278)

インテリアムードランプはカスタムでき、10種類のカラーの中からセレクトすることで、柔らかな光がインテリアに降り注ぎます。

走りについて

 (12279)

マルチリンクリアサスペンションを採用、サスペンションの性能を向上させました。
採用したAWD(全輪駆動)システムは、フロントとリヤのトルク配分をインテリジェントにコントロールし、4輪全部のトラクションを有効に使います。
 (12285)

トラクションを最適化し、FRの優れたハンドリングで機動性を向上させるアクティブドライブライン。

グリップの状況を察知して、MAX100%のトルクを後輪のどちらかに配分します。
オールサーフェイスプログレスコントロールは、滑りやすい道路で安定感をもたらすシステムで、トラクションが低下する道路に対応します。
インテリジェントストップ/スタート、回生ブレーキシステムを全グレードに採用し、街乗りでの燃費を向上しました。

エンジンについて

 (12286)

搭載されるオールアルミニウム製のインジニウムエンジンは内部摩擦を減らしました。

更に、低振動を実現するために、強固なシリンダーブロックやツインバランサーシャフトを採用。

連続可変バルブリフトコントロールなどを採用したインジニウムガソリンエンジンとターボチャージャーを搭載したインジニウムディーゼルエンジンがあります。
 (12287)

インジニウム2.0リッター4気筒180PSターボチャージドディーゼル、インジニウム2.0リッター4気筒249PSターボチャージドガソリン、インジニウム2.0リッター4気筒300PSターボチャージドガソリンが用意されます。

グレードと値段について

グレードは多岐にわたりますのでご紹介します。
 (12280)

・E‑PACE(¥4,510,000より)
・E‑PACE S(¥5,190,000より)
・E‑PACE SE(¥5,720,000より)
・E‑PACE HSE(¥6,200,000より)
 (12281)

・E‑PACE R‑DYNAMIC(¥5,040,000より)
・E‑PACE R‑DYNAMIC S(¥5,720,000より)
・E‑PACE R‑DYNAMIC SE(¥6,250,000より)
・E‑PACE R‑DYNAMIC HSE(¥6,730,000より)
 (12282)

・E‑PACE FIRST EDITION(¥7,380,000より)

まとめ

「E‑PACE」は日本市場にぴったりのボディーサイズに、バリエーションに富んだエンジンが用意されているので、選べる楽しみを与えてくれます。

通勤や買い物にも重宝するSUVですね。
43 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

dreamber123123 dreamber123123