2017年9月24日 更新

次期新型メルセデス GLE 画像公開!デザインは大幅変更で丸みを帯びたデザインに

かつてMクラスと言われたGLEクラスが、フルモデルチェンジとなります。 デザインも大幅変更!

次期新型メルセデス GLE 画像公開!デザインは大幅変更で丸みを帯びたデザインに

デザインは昨今のメルセデス顔に

 (15220)

公開された新型GLEのエクステリアは、昨今のメルセデス顔にフェイスリフト。
アイライン調のポジションライトは、Eクラス同様の2本線となっています。

現行型GLEも、モデル途中で大幅フェイスリフトして昨今のメルセデス顔になりましたが、それよりもさらに進んでシャープになった印象です。

先代GLEから継承されているデザインとして、Dピラーからリアガラスが連続するようなラインが特徴的。
 (15221)

現行型よりもマッシブになったスタイリングで、よりオフロード色の強い印象になります。

このデザインのまま市販化されるかは未だ不明確な部分もありますが、Mクラスデビューから20年がすぎ、さらなるキャラクター付の方向性として、より走破性を強化することも考えられます。

ライバルとしては、BMW X6や、アウディQ7あたりとなりますが、その中ではもっとも都市型SUVとしての印象が強かったGLEが走破性の面を強化するのも納得とも言えます。
新型GLEにもクーペがデビューするとしたら、都市型SUVとしてのキャラクターはそちらに任せておくという判断でしょうか。

デビューは2018年秋以降か

次期新型GLEに搭載されるパワーユニットは、2.0L直4エンジン、3.0L V6エンジン、E350セダンに搭載されるPHVもラインナップされると思われます。

新型新型GLEの登場時期は、2018年秋以降が濃厚です。
フランクフルト・モーターショーあたりで発表となるのではないでしょうか。

現行GLEも、エクステリアのお化粧直しはしたものの、内装は2011年のデビューから大きく変わっていないので、昨今のメルセデスの内装から比べると、古臭い感じが否めません。

2018年秋のデビューが待ち遠しい一台ですね。
7 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部