2018年7月7日 更新

オートモビル カウンシル2018の開催概要等が見えてきました!8/3~8/5幕張メッセで開催。

夏本番の8月にヘリテージと新型車をミックスした展示会となるオートモビル カウンシル2018が開催されます。2016年から開催されており、本年で3年目となっております。また開催ごとに盛り上がってもいるようです。今回概要掲載され、前売りチケットも6/1から販売開始。

オートモビル カウンシル2018の開催概要等が見えてきました!8/3~8/5幕張メッセで開催。

オートモビル カウンシル2018のコンセプト

ブランドの源には、必ずヘリテージがある、これがこの展示会のコンセプト!

国内メーカー・輸入車インポーターによる車両展示を行い、世界の自動車メーカーによる、各社のヒストリックカーと最新車両の並列展示すること。新旧を実際に並べて見ると、各社のブランド哲学が、点と点で無く線で受け継がれていることが見つかると言う歴史観も。

特に国産メーカーにおいては戦後の手探りで創られた名車の数々から、現在に続くブランディングの軌跡を感じ取っていただきたいと企画。
 (35374)

オートモビル カウンシル2018のヘリテイジ展示

スペシャリストが仕上げた名車を、実際に観て・触れて・手に入れることが出来る会場

ヘリテージカー販売店による車両販売及び車両展示を行い、その場で購入可能なヘリテージカーを多数展示している模様。数多くというより相当量の整備・販売を手がけるスペシャリストが仕上げた、コンディションのいい車両が並ぶことで会場を沸かす企画。

なかには観ているだけでも息を呑む美術品のような車両もある模様。観て楽しむか、買って楽しむか・・・ということでしょう。
 (35375)

オートモビル カウンシル2018にての情報共有など

現在、国内には数多くのオーナーズクラブが存在していますね。少数規模から、メーカー公認の大所帯クラブまで広範囲。ツーリング・走行会等などの活動やメンテナンス情報の共有を率先して親睦を深めていけるように会場のセッティングもされているよう。

オーナーズクラブが出展することで、熱くて楽しい活動状況をお知らせし、クルマ文化の振興を目的に、日本各地でヘリテージカー関連のイベントを手がけているオーガナイザーの情報展示も率先して展示される模様。

 (35376)

オートモビル カウンシル2018にてグッズ販売も

精密にリサイズしたミニカー。自動車・レース関連の書籍。整備マニュアルやパーツリスト。自動車ファンにはたまらないレア商品をはじめ、更にアート作品やヴィンテージ商品なども集めたマルシェコーナーは自動車ファンを魅了することでしょう!
 (35383)

オートモビル カウンシル2018出展車状況

日本メーカーでは、マツダからいち早く出展車両などの概要が報じられました。

マツダの出展テーマは、「MAZDA COMPACT HATCHBACK STORY」。
ファミリアから始まりアクセラに続いているコンパクトハッチバックは、常にその時代のマツダの思想を反映し、最新の技術を投入してきたマツダの中核車種ですね。今回はここに焦点を充てているようです。

今回のマツダブースでは、一世風靡した赤いXGこと5代目ファミリア、ラリー・モンテカルロに出走した323 4WDラリーカー、これに昨年公開したばかりのマツダ 魁 CONCEPT(マツダ カイ コンセプト)などを展示。

それぞれの時代で車に込めたマツダの想い、開発・搭載された革新的な技術をマツダ社員自ら説明員として直接紹介していく模様。

初代アクセラチーフデザイナーと現在のチーフデザイナーが、コンパクトハッチバック師弟デザイナーのスペシャルトークショーとして会期中実施もされる予定。

マツダブースの出展予定モデル一覧。
①ファミリア→1980年発売。第1回日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞。

②323 4WD ラリー仕様→1989年式。フルタイム4WD。フィンランドの女性ラリードライバーMinna Silankorva(ミー ナ・シランコーヴァ)氏所有の車両を特別展示。

③ランティス→1993年発売。2LのV6エンジンと個性的なエクステリアが特徴のスポーティコンパクト。

④マツダスピードアクセラ →2006年発売。初代アクセラに直噴ターボを搭載したハイパフォーマンスモデル。

⑤マツダ 魁 CONCEPT→2017年発表の次世代商品コンセプトモデル。SKYACTIV-Xなどの最新技術と深化した魂動 デザインを採用。
 (35388)

オートモビル カウンシル2018にてナンバー1も決定

AUTOMOBILE COUNCIL2018において最も輝いていたお気にいりの一台を来場者投票にて決定。皆様の投票で最も投票数が多かった一台を「Car of The AUTOMOBILE COUNCIL 2018」として表彰。

ヘリテージカーファンのみなさまのこだわりの視点で、AUTOMOBILE COUNCIL 2018における最高の一台を選び出して、その年の一番を決定。
 (35390)

まとめ

開催日程 2018年8月3日(金)~5日(日)の3日間
会場は、 幕張メッセ 4・5・6ホール
主催者情報 AUTOMOBILE COUNCIL実行委員会
イベント公式サイトhttp://automobile-council.com/

となっております。6月1日(金)より、前売りチケット販売開始されました。3日は、プレスタイムと限定顧客(有料)となっており、4日・5日は前売り2300円、当日2500円となっている模様。

参考URL
https://automobile-council.com/pdf/pr180601.pdf
21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me