2018年4月16日 更新

メルセデスベンツ新型Sクラスがフルモデルチェンジして登場?! 発売日はどうなる?

現行のメルセデスベンツSクラスも発売から約5年が経過して、フルモデルチェンジの噂がネットなどで流れています。 高級輸入車の代名詞といってもいいSクラスがどう変わるかをまとめてみました。

メルセデスベンツ新型Sクラスがフルモデルチェンジして登場?! 発売日はどうなる?

現行のSクラスはどんな自動車?

メルセデスベンツ S クラス W222

メルセデスベンツ S クラス W222

メルセデスベンツのフラッグシップカーといっても過言ではないSクラス(W222)にはバリエーションに富んだ強力なパワーユニットが用意されており、注目です。

特にS450、S450 Exclusive、S450 longに搭載されている直6×ISGというパワーユニットは注目です。
このパワーユニットには、新開発された3000ccの直列6気筒ターボBlueDIRECTエンジンが採用されています。
更に、このエンジンとミッションの間に配置したISG(モーター・ジェネレーター(ディスク型))は48V電装システムと組み合わせることで回生機能やブースト機能が備わっています。
このパワーユニットは優れた燃費性能や鋭い発進加速、滑らかな走りを実現し、最高出力は367ps、最大トルクは51.0kg・mを発揮します。
メルセデス ・ ベンツ S560 4 matic (W...

メルセデス ・ ベンツ S560 4 matic (W222)

一方、S400に搭載する300ccのV型6気筒ツインターボBlueDIRECTエンジンはBlueDIRECTテクノロジー(第3世代)を採用しており、ハイパワーと優れた環境性能を誇ります。
燃焼状態を最適化するために、ピエゾインジェクターをはじめ、スプレーガイド式燃焼システム、マルチインジェクション、マルチスパークイグニッションを採用。
さらに、高出力化や優れた環境適応性を達成させるために、鋭い反応を示すツインターボや、摩擦を減らしたり、強度をアップさせたりしたNANOSLIDE®加工のシリンダーウォールなどの採用し、最高出力は367PS、最大トルクは51.0kg f・mとなりました。

S560 long(全モデル)に搭載される4000ccのV型8気筒直噴ツインターボエンジンは、Mercedes-AMG GTのエンジンがベースになっており、Mercedes-AMGのテクノロジーによってハイパフォーマンスに仕上がりました。
ホットインサイドVレイアウトを採用したので、高出力で優れたレスポンスを発揮。
最高出力は469PS、最大トルクは71.4kgf・mという強力なエンジンになりました。

S 600 longに搭載する6000ccのV型12気筒ツインターボエンジンは、高出力と優れた環境性能を両立しました。
排気量をアップさせ、鍛造ピストン、2つのターボチャージャーなどを採用することで、最高出力は530PS、最大トルクは84.6kgf・mを発生させいます。
ECOスタートストップ機能なども採用し、環境性能も向上しました。

新型Sクラスはフルモデルチェンジしてどうなる?エンジンやプラットフォームは?

2019 Mercedes S Class New Spy Shots

新型Sクラスには、ご紹介した現行のパワーユニットを搭載する予定です。
更にEVモデル、ディーゼルエンジン+ハイブリッドを搭載したモデルなども追加される噂。

プラットフォームは、現行車のプラットフォームが踏襲される予定ですが、カーボンやアルミなどを使い、軽量化されたボディに生まれ変わるようです。

新型Sクラスの装備はどうなる?発売日は?

自動運転システムについては、レベル3まで引き上げられる予定で、先んじてレベル3を達成したアウディに触発されたものだと推測されます。

更に、Aクラスに採用されたMBUXといわれる音声入力システムも搭載されるらしいです。

気になる発売日は、2019年の夏か秋になる予定です。

発売が待ち遠しですね。

まとめ

新型Sクラスについてまとめてきましたが、現行車のエンジンを採用し、EVやディーゼルハイブリッドが加わる予定で、選択する幅が広がりそうです。

更にレベル3の自動運転システムやMBUXが採用されるそうで、楽しみですね。

この記事が新型Sクラスの購入を検討している人にお役に立てば幸いです。
13 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

dreamber123123 dreamber123123