2017年9月12日 更新

スバル WRX S4 2.0GT-S Eyesight 試乗記 ~稀少な国産スポーツセダンがマイナーチェンジでさらに戦闘力アップ~

7月3日にマイナーチェンジされ8月7日から発売が開始されたWRX S4に試乗しました。今回のマイナーチェンジでは渋滞やロングドライブ時の運転負荷を大幅に軽減する「アイサイト ツーリングアシスト」の搭載のほかにも足回りが大幅な変更を受けるなど、力の入ったマイナーチェンジとなっています。今回は上級グレードの2.0GT-S Eyesight に試乗し、その実力を検証しました。

スバル WRX S4 2.0GT-S Eyesight 試乗記 ~稀少な国産スポーツセダンがマイナーチェンジでさらに戦闘力アップ~

エクステリア

 (14140)

 (14141)

今回のマイナーチェンジでバンパー開口部が大きくなり、よりスポーティで迫力のあるデザインになりました。
また、ホイールデザインも変更されこちらもスポーティさを向上させていますが、ダークカラーを選択してしまうとクルマ全体がダークカラーになってしまうので、ホイールのカラーはアクセントとして切削光沢のカラーがあっても良かったのかなと感じました。

この試乗車には大型リヤスポイラーがオプション装着されていましたが、クルマのキャラクターからしてもやっぱりこの大型スポイラーは似合わないように感じます。
標準装備されているトランクリップスポイラーのほうがやっぱりイイですね。

インテリア

 (14144)

ガラスの板厚の増加や制振材・吸音材などの追加により、ハッキリと室内が静かになったことが分かります。
マイナーチェンジ前のモデルはスポーティモデルということもあって、エンジン音をハッキリと聞かせるようなところがありましたが、このマイナーチェンジによってエンジン音は小さくなりました。

クオリティについては、マイナーチェンジではやっぱり限界がありますね。私はよっぽどプラスチッキーではないかぎりは気にならないのですが、乗り出し価格400万円超のクルマと考えると「高級感」はあるとは言いにくいインテリアなので、気になる人には気になってしまうかもしれません。

本革ステアリングについてはレヴォーグの上級グレードに標準装備されている高触感革ではありませんが、なかなかしっとりとした革が使用されていて握り心地も良かったですね。

シート

 (14147)

昨年試乗しているレヴォーグのSTI Sportと同形状のシートと思われるのですが、シート生地が本革+ウルトラスエードに変更されるだけで全く違う掛け心地になりますね。
シートクッションもバックレストも硬めで、生地の張りも少し強めに感じます。
もう少しクッションもバックレストも柔らかければ掛け心地も良くなると思います。ですので正直言ってSTIにオプション装着できるレカロシートがこのS4にもオプション装着できるようにして欲しいなぁと思いましたね。

エンジン・トランスミッション

2000CC 水平対向4気筒DOHC直噴ターボエンジンとリニアトロニック(CVT)の組み合わせになります。

試乗はSIドライブをIモードまたはSモードで行いました。Iモードでの走行では加速力はおおよそ3000CCNAエンジンと同等の加速力です。
Sモードはもう少しエンジン回転を高めて加速するので、Iモードよりももう少しだけ速いといった感じです。ですので加速力には全く不満はないのですが、最大出力・最大トルクが300PS・40.8kgf・mのスペックと、よりシャシー性能が強化・洗練されたことから、贅沢を言えばもう少し加速に刺激が欲しくなりますね。
組み合わされるCVTも決してダルなものではないのですが、やはり加速のキレは有段ATに分があるのかなと感じます。このあたりは次期モデルに期待でしょうか。

サスペンション・乗り心地

装着されるタイヤは245/40R 18 ダンロップダンロップスポーツマックス
 (14152)

現行モデルが登場した直後に試乗したA型のGTと比較して、より太く薄いタイヤを履いているにもかかわらず、ハッキリと乗り心地が良くなっているように感じました。
今回のマイナーチェンジではこのS4 GT-SがSTiを含めて一番変更箇所が少ないモデルということで、リヤスタビライザーが細くなったもののバネの硬さやショックアブソーバーの減衰力も変更されていないとのことですが、ビルシュタインダンパーが道路の荒れた部分を走行してもキッチリと減衰してくれるおかげで硬めではありますが、ガツンとした突き上げのない乗り心地になっています。
電動パワステはスポーティモデルということもあって重めの手応えではありますが、スッキリとしたフィールで心地良く、前述した良く動く足回りと相まって楽しく運転できました。

総括

今回のマイナーチェンジでより高級感とスポーティさが増し、さらに乗り心地も良くなったので、価格は高めなのですがおススメできるクルマになったと思います。
スポーティなS4でここまで乗り心地が良くなったので、同様にマイナーチェンジしているレヴォーグも期待できそうです。
18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

やまちゃん@8148 やまちゃん@8148