2018年8月24日 更新

第二弾!!!アウディからAudi Q5 black editionが登場!9/4販売開始との事。特別・限定数量モデルが目白押しか?!

Q7に続き、Q5にも特別装備で限定数量となる black editionが登場。250台限定となっており9/4から販売開始との事。販売前に概要をお知らせしていきます!

第二弾!!!アウディからAudi Q5 black editionが登場!9/4販売開始との事。特別・限定数量モデルが目白押しか?!

アウディQ5ってどんなクルマ?

初代は、2008年から2017年まで販売されています。Q7に継ぐ2番目のクロスオーバーSUVとして開発されたもので、同社のA4 B8と同じく、フォルクスワーゲングループ・MLBプラットフォームを採用しているのもポイント。

パワートレインは、V6 3200ccFSI270PS、L4 2000ccTFSI211PSを採用し、4WDに7速オートマ搭載。またハイブリッドモデルは211PS/4,300-6,000rpm、350Nm/1,500-4,200rpmを発揮する2000ccのTFSIに、8速ティプトロニックトランスミッションと組み合わせとなっていました。

2代目は、2017年に販売開始。これが現行型となっております。全体的なフォルムは、初代のQ5と同じような雰囲気に仕上げており、根強いユーザーをがっしりつかんでいると言った印象。

Audi Q5は、最新の2000㏄直列4気筒TFSIを搭載。パワーと効率性を両立するようさらなる高性能化を実現している模様。パワートレインは、最高出力252PS、最大トルク37.7kgmを発生。4WDシステムquattro組み合わせることにより生み出される回頭性とアクセルを踏み込んだ際の加速の良さも実感できる設計。

アクセルペダルから足を離した状態での走行モードに切り替えれば、エンジンの負荷を減らし、効率のよい燃費消費を追及することも可能に。

このモデルに早くも限定数量250台で特別仕様となるQ5 black editionが登場することになりました。発売開始は9/4との事。このモデルを調査!
 (40090)

アウディ Q5 black editionのコンセプト等

キャッチコピーは
「精悍さがさらに際立つ、艶やかなブラックスタイル」

どんな風景でも、どこでもAudi SUVの個性を物語る存在感あるモデルに仕上げて。プレミアムSUV Audi Q5にブラックスタイルを身につけた特別限定モデルを登場させたということでしょう!

専用のブラックスタイリングパッケージ、20インチブラックホイール、マトリクスLEDヘッドライトがさらに精悍なスタイルを演出している模様。さらにダンピングコントロールサスペンションがしなやかな走りを実現してくれるとの事。
 (40073)

アウディ Q5 black editionの特別装備等

エクステリアでは、フロント部分では、フロントリップスポイラー、ブラックルーフレールにシングルフレームグリル、エアインレット、サイド・リア部分では、ウインドウモールディング、サイドシル、リアディフューザーをブラックスタイリングパッケージを起用したカラー構成に。

さらにエクステリアミラーハウジングもブラックとし、特別装備の5アームローターデザイン20インチアルミホイールもグロスブラックに統一して、全体のデザインが融合している印象へ。
 (40074)

特別装備

・アルミホイール5アームローターデザイングロスブラックポリッシュト 8J×20+255 / 45R20タイヤ・ブラックスタイリング
(シングルフレームグリル、フロントリップスポイラー、エアインレット、ウインドウモールディング、サイドシル、リヤディフューザー、ルーフレール)

・エクステリアミラーハイグロスブラック
・パーシャルレザー
・マルチカラーアンビエントライティング
・ダンピングコントロールサスペンション

ブラック基調にすることで、丹精でシックな印象になりますね。
 (40075)

アウディ Q5 black editionの内装等

内装は、ブラックを基調としたパーシャルレザーを採用し、マルチカラーアンビエントライティングに、高精細液晶のメーターパネルを装備することで、地図をはじめさまざまな情報を表示できるバーチャルコックピットになっていますね。
 (40076)

標準装備内容

・マトリクスLEDヘッドライト+ダイナミックターンインディケーター(フロント / リヤ)
・バーチャルコックピット
・アウディサイドアシスト
・アウディプレセンスリヤ

安全装備は・・・
運転支援アシスタンスシステムは、アウディプレセンスベーシックやアダプティブクルーズコントロール、アウディアクティブレーンアシストなどだけでなく、後方から接近車両があることを知らせるアウディサイドアシストも採用。

さらにリヤバンパーに内蔵したレーダーセンサーで後方から接近する車両を検知し、追突の際の衝撃を低減するアウディプレセンスリヤ、さらにアウディドライブセレクトによって減衰力の調整可能なダンピングコントロールサスペンションを特別装備しているのがポイント。
 (40077)

・型式:DBA-FYDAXS
・全長×全幅×全高(mm)=4,680×1,900×1,665
・総排気量 1,984cc
・エンジン種類 直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボチャージャー(1気筒=4バルブ)
・最高出力(252PS)/5,000-6,000rpm
・最大トルク(37.7kgm)/1,600-4,500rpm
・駆動方式 quattro(4WD)
・トランスミッション 7速 Sトロニックトランスミッション
・ハンドル位置 右
・乗車定員 5名

車両価格(車両本体価格)¥7,720,000

まとめ

9/4かから250台限定で販売開始になっている様です。

Q7に引き続き販売となる特別・限定モデルQ5 black editionを店頭に見に行って見ては如何でしょうか?!
19 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me