2017年3月27日 更新

「マツダ フレアワゴン」を一部改良 −安全性を高める装備の追加と新車体色の採用−

マツダ公式サイトで1/13にリリースされているニュースをまとめます

「マツダ フレアワゴン」を一部改良 −安全性を高める装備の追加と新車体色の採用−

「マツダ フレアワゴン」を一部改良

−安全性を高める装備の追加と新車体色の採用−

 マツダ株式会社は、広い室内空間と優れた乗降性、便利で快適な装備などでご好評いただいている軽自動車『マツダ フレアワゴン』を一部改良し、全国のマツダの販売店を通じて本日より発売します。
マツダ フレアワゴン「カスタムスタイルXS」*1

マツダ フレアワゴン「カスタムスタイルXS」*1

 今回の一部改良では、フレアワゴンの「カスタムスタイル」全車に防眩式ルームミラーを採用。
 また、「カスタムスタイルXS」とターボモデルの「カスタムスタイルXT」には、後退時の後方確認をサポートするバックアイカメラ*2を装備することで、安全性の向上を図りました。

■「マツダ フレアワゴン」一部改良の概要は以下のとおり

安全装備の拡大

・防眩式ルームミラー(カスタムスタイル全車)とバックアイカメラ*2(カスタムスタイルXS / カスタムスタイルXT)の採用により、安全性を向上しました。

新車体色の採用

新たな車体色として、フェニックスレッドパール(XG / XS)と、シフォンアイボリーメタリック2トーン(XS)を追加しました。

ターボモデルのグレード名の変更

従来モデルの2グレード(カスタムスタイルXGターボ / カスタムスタイルXSターボ)を、安全装備を充実させた仕様に集約し、グレード名を「カスタムスタイルXT」としました。

■メーカー希望小売価格(消費税込)は以下のとおり

(※写真掲載のモデル)

機種名/エンジン/駆動/変速機/メーカー希望小売価格(消費税込)/JC08モード燃費*3/減税レベル*4取得税/重量税

・XG/660cc/2WD/CVT/1,360,800円/32.0km/L/免税/免税
・XG/660cc/フルタイム4WD/CVT/1,481,760円/29.0km/L/免税/免税
・XS/660cc/2WD/CVT/1,468,800円/32.0km/L【30.6km/L】/免税/免税
・XS/660cc/フルタイム4WD/CVT/1,589,760円/29.0km/L/免税/免税
・カスタムスタイルXG/660cc/2WD/CVT/1,620,000円/30.6km/L/免税/免税
・カスタムスタイルXG/660cc/フルタイム4WD/CVT/1,740,960円/29.0km/L/免税/免税
・カスタムスタイルXS/660cc/2WD/CVT/1,732,320円※/30.6km/L/免税/免税
・カスタムスタイルXS/660cc/フルタイム/4WD/CVT/1,853,280円/29.0km/L/免税/免税
・カスタムスタイル/XT/660ccターボ/2WD/7速マニュアルモード付CVT/1,807,920円/26.8km/L/80%/75%
・カスタムスタイル/XT/660ccターボ/フルタイム4WD/7速マニュアルモード付CVT/1,928,880円/25.6km/L/60%/50%

【】内の燃費値は、メーカーオプションのワンアクション電動スライドドア(後席・運転席側)を装着した場合の値。「XS」のメーカーオプション「ワンアクション電動スライドドア(後席・運転席側)」装着車は、46,440円高、「ディスチャージヘッドランプ・オートライトシステム・ワンアクション電動スライドドア(後席・運転席側)」は、100,440円高。(いずれも消費税込)
上記メーカー希望小売価格に加えて、購入時にリサイクル料金9,840円が別途必要。
ボディカラーは、特別塗装色「クリスタルホワイトパール」「スチールシルバーメタリック」「ムーンライトバイオレットパールメタリック」を選択した場合、21,600円高。2トーン塗装色「シフォンアイボリーメタリック2トーン」「フレンチミントパールメタリック2トーン」を選択した場合、43,200円高。(いずれも消費税込)


*1 写真のボディカラーは、特別塗装色「ムーンライトバイオレットパールメタリック」。(消費税込21,600円高)
*2 ショップオプションのナビゲーション(バックアイカメラと連動するモデル)を装着することで使用可能となります。
※ナビゲーションを装着するには、本体の他に「電源ボックス」と「ガーニッシュアタッチメント」が必要となります。
*3 JC08モード燃費は、国土交通省審査値で、燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客さまの使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なります。
*4 取得税/重量税の減税レベルについては、環境対応車普及促進税制による減税措置。
14 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yaya yaya