2019年2月24日 更新

ドライブが楽しくなる個性的な軽自動車!スズキのハスラーの魅力を紹介します!

スズキのハスラーはアウトドアにはうってつけの軽自動車であり、個性的な外観になっています。今回はそんなスズキのハスラーの魅力を紹介していきます。

ドライブが楽しくなる個性的な軽自動車!スズキのハスラーの魅力を紹介します!

ハスラーってどんな車?

ハスラー スタイリング | スズキ (56096)

ハスラーは、スズキが2014年から生産・販売しているクロスオーバーSUVタイプの軽自動車であり、現行モデルが初代モデルになります。またSUVタイプでありながら、軽トールワゴンとしての要素も融合させた新ジャンルの軽自動車になっているのも大きな魅力です。
アウトドアやスポーツといったレジャーを好むユーザー、あるいはわだちや雪道といった起伏のある路面を走行する機会が多いユーザーをターゲットとしており、「アクティブなライフスタイルに似合う軽クロスオーバー」をコンセプトに開発されました。

ハスラーの外観

ハスラー スタイリング | スズキ (56099)

外観は、他の軽自動車と違って個性的なデザインになっており、人と違う個性的な車が欲しい方にはオススメのモデルです。SUVタイプなので最低地上高も高く、悪路の走行に対しても優れた性能を発揮します。
カラーバリエーションが豊富なのも魅力的で、全12色から選択できてそのうちの3色が2トーンルーフ仕様になっています。(※G・Gターボグレード選択時)

ハスラーの内装

ハスラー インテリア | スズキ (56102)

内装も外観と同様に個性的なデザインになっています。まずインパネ部分に外観のボディーカラーを施しているのが大きな特徴で、内装の大きなアクセントになっています。他にも座席のシートやドアの箇所にも同様のカラーアクセントを施しており、遊び心があるなと感じさせてくれます。
室内スペースは軽自動車でありながら快適なスペースを確保しており、アウトドアなどのお出かけにも4人全員が快適に乗車することができます。
ハスラー インテリア | スズキ (56103)

ラゲッジスペース

ハスラー 収納スペース | スズキ (56106)

ラゲッジスペースはシートアレンジによって様々な荷物が収容可能です。サーフボードなどの長い荷物を載せる時は後席と助手席を倒し、多くの荷物を載せる時は後席を両方倒せば可能です。またフルフラットモードでは、車内でも休憩できるスペースを作ることが可能で、お出かけ時の疲れた時には重宝します。
フルフラットモード

フルフラットモード

ハスラーの走行性能

ハスラー スタイリング | スズキ (56110)

ハスラーの燃費性能は、JC08モードで最大32.0km/Lとなっており、軽自動車の中でもガソリン車の中でもトップクラスの数値になっています。
モーターでエンジンをアシストして、さらなる低燃費を実現する「S-エネチャージ」を採用しており、減速時のエネルギーを利用してISG(モーター機能付発電機)で発電し、アイドリングストップ車専用鉛バッテリーとS-エネチャージ車専用リチウムイオンバッテリーに充電します。また燃料を多く必要とする加速時にモーターでエンジンをアシストすることで、さらなる燃費の向上を実現しています。なので燃費性能のみならず、走行性能でもアイドリングストップ後のエンジン再始動時の静粛性にも貢献しています。
運転中にエコドライブを実感することができ、メーター上部に通常運転時はブルー・エコ運転時にはグリーン・減速エネルギー回生時にはホワイトと光の色が変わるので、一目見るだけで判断できるのも便利です。
ハスラー 走行・環境性能 | スズキ (56112)

ハスラーの価格

ハスラーの価格は、1,100,520円(A)~1,748,520円(Jターボ)になっています。
上位グレードは、軽自動車の中でも高めの価格設定ですが、これだけの内外装・走行性能・燃費性能が備わっているので、決して高くない価格だと思われます。特にターボ車は燃費性能こそわずかに落ちますが、ストレスのない加速性能で快適なドライブを楽しむことができます。

まとめ

今回はスズキのSUVタイプの軽自動車であるハスラーの魅力を紹介してきました。
アウトドア好きな人にはもってこいのモデルになっていますが、普段街乗りにしか使用しない方にも充実した室内スペースやお財布に優しい燃費性能は魅力的だと思います。
気になられた方は是非一度試乗してみてはいかがでしょうか?
22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi