2019年4月11日 更新

MINIのプラグインハイブリッド車!MINI CROSSOVER PHEVの魅力を紹介します!

ハイブリッド車や電気自動車などの車両の電動化が進む中、MINIにもプラグインハイブリッド車が設定されています。今回はそんなMINI CROSSOVER PHEVの魅力を紹介します。

MINIのプラグインハイブリッド車!MINI CROSSOVER PHEVの魅力を紹介します!

MINI CROSSOVER PHEVってどんな車?

MINI CROSSOVER PHEV │ MINI Japan (58320)

MINI CROSSOVER PHEVは、2017年に日本に上陸したMINIブランド初のプラグインハイブリッド車であり、正式名称は「MINIクーパーSE クロスオーバー ALL4」です。
国産プラグインハイブリッド車は、トヨタのプリウスPHV、三菱のアウトランダーPHEV、ホンダのクラリティPHEVがラインナップされていますが、このMINI CROSSOVER PHEVも同様に長いEV走行を実現し、電気でもガソリンでも走行できるモデルになっています。

MINI CROSSOVER PHEVの外観

MINI CROSSOVER PHEV │ MINI Japan (58323)

MINI CROSSOVER PHEVの外観は、一目でMINIのプラグインハイブリッド車とわかる黄色く特徴的なバッジに目が行きます。そのバッチは、電気を表す「E」と充電するための「プラグ」をモチーフにされています。このイエローバッジは充電するサイドに配置され、フロントには黄色で「S」のマーク、リアにはバッジと「S」のマークが配置されており、どの方向から見てもMINIのプラグインハイブリッド車だとわかるような仕様になっています。

MINI CROSSOVER PHEVの内装

MINI CROSSOVER PHEV │ MINI Japan (58326)

MINI CROSSOVER PHEVの内装は、MINIの定番の内装になっています。シートポジションや操作系のレイアウトも、基本的にはMINIのクロスオーバーを踏襲しています。しかし他のMINIのモデルでは、中央に配置されているワイドカラーディスプレイがSグレード以上でなければ標準装備されませんが、このMINI CROSSOVER PHEVには標準装備されています。

MINIの走行性能

MINI CROSSOVER PHEV │ MINI Japan (58329)

MINI CROSSOVER PHEVのEV走行距離は42.4kmとなっています。通勤や近場での買い物などでの走行はほぼEV走行で走ることができるので、ガソリンを使用することはありません。また遠出のドライブで充電が切れても、自動でガソリンを使用して通常のハイブリッド車として走行することができるので、電気自動車のように充電を気にせずに走行することができます。またハイブリッド車としての燃費性能はJC08モードで17.3km/Lと良好な数値になっています。

MINI CROSSOVER PHEVの充電について

MINI CROSSOVER PHEV │ MINI Japan (58332)

MINI CROSSOVER PHEVの充電時間は、フル充電には家庭用電源の200Vで3時間かかります。もちろん自宅に充電設備がなくてもトヨタや日産のディーラー、ホテルや旅館、道の駅やコンビニなどの全国20,000箇所以上の充電スポットで充電が可能です。しかし、急速充電のCHAdeMOには対応していないので、EV走行のみでの遠出は難しいです。仮に電気がなくなったとしても、ガソリンで充電しながら走行できるモードがMINI CROSSOVER PHEVには備わっているので、長距離ドライブの不安は一切ありません。

MINI CROSSOVER PHEVの価格

MINI CROSSOVER PHEVの価格は、4,980,000 円〜(COOPER S E ALL4)になっています。
プラグインハイブリッド車のため、MINIの中でも価格は高めですが、静粛性のあるEV走行とMINIの上質な内外装を持ち合わせているので、価格相応の価値は十分あります。

まとめ

今回はMINIのプラグインハイブリッド車であるMINI CROSSOVER PHEVの魅力を紹介してきました。
MINIのガソリン車の気持ち良いエンジン音も良いですが、他のMINIのモデルでは味わえない静粛性の高いEV走行もとても魅力的です。気になられた方は是非一度試乗してみてはいかがでしょうか?
19 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi