2016年12月6日 更新

【今さら聞けない】SUVクラスってどんな車?

「SUV」ってよく聞くけれど、一体どんな車をいうの? 今さら聞けないシリーズ第1弾

【今さら聞けない】SUVクラスってどんな車?
gettyimages (18)

「SUV」の意味とは?

SUVとは、スポーツユーティリティビークルの略称。
スポーツ・ユーティリティ・ビークルの意味は以下の通りです。
■Sports「運動」
■Utility「実用的な」
■Vehicle「乗り物」
直訳すると…「スポーティで実用的な車」を意味しています。

一般的には
■タイヤが大きめ
■車高が高め
■アウトドアに適している

という車のことを指しており、4輪駆動でなくてもSUVと言えます。
もともと悪路の走破を目的としたオフロード4WDでしたが、
近年では大径のタイヤなど、個性的な外観が注目されています。

SUVでトクする魅力

istockphoto (20)

最低地上高に余裕のある4WDであれば、悪路の走破力も高く、雪道なども安心して走れます。

フロントマスクには厚みがあり、大径サイズのタイヤも装着されて外観がカッコイイです。

ボディの上側はワゴンや5ドアハッチバックと同様の形状で、車内が広く荷室も使いやすいです。

注意したい損する欠点

gettyimages (29)

背の高い車種が多く、ボディサイズも大きいことが多く、それなりの運転技術が必要になります。
駐車場によっては天井と車高がギリギリになる可能性も高く、クルマ初心者が乗り回すにはなかなかハードかもしれません。

また、通常の車種よりも車体やエンジン、タイヤなども大きな仕様になっているため、燃費やパーツ維持費などが割高となることが多いです。
競争も激しくないので価格はミニバンなどに比べると高めで、普段、あまり運転をしない人には向いていないかもしれません。
9 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

akitonopapa akitonopapa