2018年10月5日 更新

都市に似合うSUV 三菱 アウトランダーとはどんな車なのか!?

アウトランダーと言えば、 SUVを思い浮かべる方も多かれ少なかれ居ると思います。三菱自動車は SUVやジープを販売していることから、スポーツカーや軽自動車の印象よりも、力強く大きい自動車を取り扱うイメージの方が強く感じると筆者は思っています。先進技術の進んでいる現代では、三菱自動車では有名なアウトランダーというSUVには一体どのような性能や機能が付いたのか、気になるところであると思います。今回は、現行型のアウトランダーの魅力を御紹介していきたいと思います。

都市に似合うSUV 三菱 アウトランダーとはどんな車なのか!?

まずは、アウトランダーの歴史を少し御紹介します!

初代モデル(2005年〜2012年)

初代モデル(2005年〜2012年)

アウトランダーは、三菱自動車工業が製造・販売するミドルサイズのSUVです。アウトランダーは、2001年に販売が開始されたエアトレックという車種の後継車種に当たります。

サイズはエアトレックよりも一回り大きく、アウトランダーという名は元々エアトレックの輸出名であり、(日本国内での)初代の登場に合わせて名をアウトランダーに統一したそうです。

ダイムラー・クライスラーや現代自動車(大韓民国の大手自動車メーカー)との共同開発のワールドエンジンをベースに新開発されたエンジンを搭載しています。
2代目モデル(2012年〜2014年)

2代目モデル(2012年〜2014年)

2代目(2015年〜2018年)

2代目(2015年〜2018年)

2代目モデル(2018年〜)

2代目モデル(2018年〜)

アウトランダーは2代目まで存在していて、初代から電子制御式の4WDの駆動方式が採用されています。そして、現行型の2代目は2012年から販売されることになっています。

現行型アウトランダーの魅力を御紹介します!

G Plus Package | グレード&価格 | アウトランダー | 乗用車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (45296)

大きいスタイルに、都市に似合う先進的なデザインは上級感のあるSUVを一目で感じさせます。街中で新車のアウトランダーに乗っている光景を見かけたら、車に詳しくなくてもその上級感や近代的な雰囲気に目を奪われると思います。

走行性能や環境性能、燃費など

S-AWC

S-AWC

四輪の駆動力、制動力の制御を軸とした、三菱自動車の車両運動統合制御システム「S-AWC」です。「電子制御4WD」をベースに、「アクティブヨーコントロール[AYC]」、ASC、ABSを統合制御し、車両の走行安定性を高め、クルマを意のままにコントロールすることを可能とし、様々な路面状況において安心で快適な運転を支えています。

高速走行時にレーンチェンジをする際に、車が振られることなく安定した走行を実現します。また、エコ、ノーマル、スノー、ロックの4つのモードに切り替えができることで、雪道や坂道、平らな道などあらゆる場面で安定した高い走行性能を発揮します。
S-AWC | 性能・特長 | アウトランダー | 乗用車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (45303)

また、滑りやすい路面や高速走行中の急ブレーキで、タイヤのロックによって起こりやすい横滑りを、ブレーキ力を最適にコントロールすることにより防ぎます。EBDは、乗員や積載量に応じて後輪ブレーキの制動力を調整するので、大人数でも安心して走行することができます。
走行性能 | 性能・特長 | アウトランダー | 乗用車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (45305)

また、CVTの変速機を搭載していることから、発進や停止の多い地域での変速ショックの少ないスムーズな走行ができ、低燃費にも貢献することができるのです。
CVT

CVT

更に、ステアリングに手を添えたまま、指先で素早く6速スポーツモードのシフトチェンジを行うことができるので、新しい近代的なマニュアルスポーツカー感覚を感じることができることになります。
走行性能 | 性能・特長 | アウトランダー | 乗用車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (45311)

走行性能と、高い環境性能を追求したエンジンは、吸気バルブリフトを連続的に変化させ、吸気抵抗を抑制することで、吸入時のエネルギー損失を低減します。
MIVEC SOHC 16VALVE エンジン

MIVEC SOHC 16VALVE エンジン

2.4L MIVEC SOHC 16VALVE エンジン
JC08モード:14.6km/L

2.0L MIVEC SOHC 16VALVE エンジン
JC08モード:16.0km/L

アウトランダーには、セーフティ・サポートカーSワイド(サポカーSワイド)は安全運転をサポートする先進技術を搭載したクルマです。Honda SENSINGの様に安全運転を支援するサポートが標準的に含まれているのです。
安全性能 | 性能・特長 | アウトランダー | 乗用車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (45317)

また、オートマチックハイビームの機能の追加により、対向車や先行車、道路周辺の明るさなどの有無により、ハイビーム点灯の可否を判断を自動で行います。

そして、ロービームからハイビーム、ハイビームからロービームへの切り替えを自動的におこないます。遠方視認性を高めるとともに、手動操作の煩わしさを軽減することになります。

他にも、三菱e-Assistの機能により、予防、回避、軽減ができる安全性能が付いているので、安心して街乗りを楽しむことができます。
安全性能 | 性能・特長 | アウトランダー | 乗用車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (45320)

まとめ

アウトランダーには、力強い走破性の他にも、静粛性を維持した快適な走行も行うことができ、燃費にも優れています。

街乗りに似合いそうなデザインと、実際にCVTや先進的なエンジンの搭載により、街乗りに最適な性能を実現していますが、電子制御式の4WDシステム搭載のS-AWCという機能により、悪路走行モードに切り替えるボタンを1つ押すだけで山道でも荒地でも力強く安定した走りを実現させることができるのです。

まさに都会の SUVとして自慢できるほどのモデルです。街乗りに憧れていて、力強くオシャレな SUVが欲しいと考えているのでしたら、このアウトランダーを1台購入の選択肢に入れるのも良いと思います。
28 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan