2018年2月16日 更新

【動画あり】新型BMW3シリーズが2018年9月に世界初公開!?EVの追加も?気になる新型3シリーズの最新情報お伝えします!

2012年に発売された現行型BMW3シリーズが登場してから早いことで約6年・・・その間に細かなマイナーチェンジなどによって装備や内容を追加、またはグレードアップし続け高い人気を誇り続ける3シリーズですが、2018年についに新型へとマイナーチェンジする可能性が出ております!今回は、そんな新型車両の気になる最新画像や魅力、価格などに迫りたいと思います!

【動画あり】新型BMW3シリーズが2018年9月に世界初公開!?EVの追加も?気になる新型3シリーズの最新情報お伝えします!

新型BMW3シリーズは2018年9月にお披露目か?早ければ3月に公開も・・・

BMW 3 シリーズ セダン : イントロダクション (23451)

日本で輸入車セダンといえば、多くの方が高級セダンのイメージの強いメルセデスベンツと走り高い評価を得ているBMWを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

ちょっと趣旨は違うものの、チビカで以前行なった「好きなドイツの自動車メーカーはどこ?」という質問に対して、アウディと共に1位に輝く素晴らしい認知度です!(同着が例えで出したベンツでなくてすいません・・・)

また、2017年にモデルチェンジから日本カーオブザイヤートップ10にノミネートされた5シリーズの印象もあるかと思います!
そんなBMWの中でも高い人気を誇るモデルといえば、上記でご紹介した5シリーズの他に、今回ご紹介する3シリーズを思い浮かべる方も多いのでは?

また、冒頭にある通り2012年からの比較的長いモデルでありながらも、こまめにグレードや機能を追加するなどして、高い販売台数を維持し続けている実績もあります。(日本自動車輸入組合によると、2017年1~12月の販売台数は11,316台で輸入車の中で5番目に売れた車両となっております)

そんな3シリーズに関しては、チビカでもこれまで様々な形でご紹介してまいりましたが、2018年に待望のフルモデルチェンジが行われる可能性がありそうです!

しかも早ければ2018年3月に行われるジュネーブモーターショーでお披露目もあるかもとのこと・・・

現段階で有力なのは、タイトルでもご紹介の通り2018年9月に行われるランクフルト・モーターショーが最有力のようですが、2018年に登場となる新型3シリーズに期待せざるを得ません!

そこで今回は、そんな新型BMW3シリーズの気になるエクステリア・インテリアの最新画像や動画と、採用されるとされる注目の機能についてご紹介できればと思います!

新型BMW3シリーズのエクステリア・インテリア

2018 BMW 3 Series Spy Video

上記の動画は、新型BMW3シリーズのテスト走行風景を納めた動画となっております!

新型BMW3シリーズのエクステリアだけでなく、走行音を含めた走行風景を確認することが可能です!
また、動画だからこそわかるスポーツ志向には堪らないの官能的なサウンドも確認することができます!(同時にセダンには欠かせない静粛性、室内への音の響き方も気になりますが)

BMW 3 シリーズ セダン : デザイン (23467)

ちなみに、こちらは現行モデルのフロントルックです!

新型BMW3シリーズは、よりキドニーグリルと一体感のあるヘッドライトにフォグ周りの形状変化、テールランプの形状がよりシャープなものへ変更になるなど様々な変化が見えられそうです。
2018 BMW 3-Series prototype shows off unfinished interior (23469)

他にも、インテリアの一部情報がアメリカの大手自動車メディアにて紹介されております!

下記の画像は現行型のインテリアですが、大きくメーターにデジタルが採用されるなど、先進さを感じさせるスマートな作りへと昇華されそうですね!
BMW 3 シリーズ セダン : デザイン (23471)

さらに情報元のメディアでは、これらのカモフラージュを元に新型BMW3シリーズのCGを公開しておりますので、気になる方はご覧になって見てください!(メディア先の本文は英語となっております)

新型BMW3シリーズのパワートレーン!EV追加も!?

BMW 3 シリーズ セダン : BMW eDriveテクノロジー (23480)

現行型においてプラグインハイブリットが採用されているBMW3シリーズですが、新型BMW3シリーズは多くの人が関心を寄せるEVモデルも登場する可能性も示唆されております!

このEVモデルの航続距離はなんと500キロをほどの実用的なもののようですので、これは期待したいところですね!

具体的なグレードとしては、現在あるような1.5Lや2.0Lのベーシックエンジンに加え、3.0LのハイパフォーマンスモデルにPHVモデルと様々なモデル展開が予想されております。(あくまで予想です)

EVモデルが世界初公開時にお披露目されるかわかりませんが、登場の際にはこれらのベーシックエンジンに加えてEVの登場に注目しましょう!

またプラットフォームは「CLAR(クラスター・アーキテクチャー)」が採用され、その恩恵は50~100kgにも及ぶ軽量化による走行性能の上昇や燃費の向上に期待が持てそう・・・

まだ公開されるまで様々な情報を考慮した上での予想や推測となってしまいますが、この辺も詳しく最新情報がわかり次第お伝えできればと思います!

新型BMW3シリーズの価格は?

BMW 3 シリーズ セダン : デザイン (23495)

今回は、2018年に公開されると予想されている新型BMW3シリーズについてご紹介してまいりました!

最後に日本で発売される際の価格はいくらになるのでしょうか?

現在4,310,000円からとなっているBMW3シリーズの価格帯ですが、現状維持、または割高となる可能性が高いでしょう。

これに関してはあくまで予測でしかありませんが、新型モデルには最新の安全技術や半自動運転などを搭載される可能性が高いので、良くても現状維持ではないでしょうか。

昨年末にはドイツの自動車メーカーが一斉にラインナップの価格見直しを行い、BMWも以前に比べて割高となったことも考慮すると、基本的には新型モデルが登場する時のさらなる価格の上昇に備えなくてはならないかもしれません。

現在の長期モデルであり、細かなマイナーチェンジを繰り返して完成されたBMW3シリーズか、全く新たな技術を搭載した新型BMW3シリーズか、基本価格が400万円を超える高級車だけに大いに悩ましいところとなりそうですね・・・

そんな新型BMW3シリーズを含め、新型車両や車にまつわる情報をチビカではこれからもお伝えしてまいりますので、続報にお待ちください!
26 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

はるあき はるあき