2019年1月9日 更新

ホンダ「オデッセイ」とトヨタ「アルファード」の特徴を比較!買うならどっち??オススメのグレードは?

ホンダ「オデッセイ」と、トヨタの「アルファード」を買うならどちらのモデルがオススメか!? 2つのモデルの意外な大きな差とは?

ホンダ「オデッセイ」とトヨタ「アルファード」の特徴を比較!買うならどっち??オススメのグレードは?

オデッセイの特徴やオススメのグレード

走行性能|安全・性能|オデッセイ|Honda (53456)

オデッセイは、本田技研工業が生産及び販売をしている上級ミニバンです。
「低床」「低重心」をキャッチコピーとし、セダンよりも広い室内空間を売りにしていることが特徴です。
そして、3代目モデル(2003年〜2008年)では先代モデルに比べて全高が低くなり、機械式立体駐車場への入庫が可能な大きさになっています。
オデッセイ 3代目モデル(2003年〜2008年)

オデッセイ 3代目モデル(2003年〜2008年)

オデッセイは、ミニバンとして異例の低全高スタイルを持つ車なのです。
初代モデルは1994年に発売され、現行型は5代目モデルになります。
オデッセイは、ホンダが提唱した「クリエティブ・ムーバー(生活創造車)」の第1弾として、発売された初代から現在までヒットを続けています。
オデッセイ|Honda (53460)

そして、オデッセイの現行型(5代目モデル)は、同モデル初のスライドドアを採用し、全高も高められました。
新車価格は298万円〜365万円で、過去モデルも含めた中古車価格は1〜392万円となっています。
ガソリンモデルのベースグレード「G・AERO Honda SENSING」は新車価格で3,066,400円(7人乗り)、燃費は13.6km/Lです。

ハイブリッドモデルのベースグレード「HYBRID・Honda SENSING」は新車価格で3,836,400円、燃費は26.0km/Lです。

そして、最上級グレードの「HYBRID・ABSOLUTE・EX Honda SENSING」は新車価格で4,150,000円、燃費は24.4km/Lです。
オススメのグレードは、ガソリンモデルで「ABSOLUTE・Honda SENSING」になります。
価格が3,326,400円で、燃費が14.6km/Lのモデルです。
燃費効率は特別高いとは言えませんが、2.4L直噴のエンジンを採用しているので加速力が高いです。
そして、新車でもリーズナブルな価格で速いモデルを購入することができます。

アルファードの特徴やオススメのグレード

トヨタ アルファード | 外観 | トヨタ自動車WEBサイト (53464)

アルファードは、トヨタ自動車が販売している大型LLクラスのミニバン型高級乗用車です。
アルファードは、内外装の高級感や車内空間の広さなど、トヨタが量販するミニバンにおいては最上級に位置します。
そして、居住性の確保、高出力エンジンの搭載なども他のミニバンと比べて高くリードしていることも特徴です。
インテリアにはウッドパネルを採用するなど、日本人好みの豪華さを表しています。
グレード「X」の内装の画像

グレード「X」の内装の画像

アルファードの新車価格は337〜737万円で、過去モデルを含めた中古車価格は20〜818万円です。
ガソリンモデルでの廉価なグレード「X」は、新車価格で3,376,080円で、燃費は11.6km/L〜12.8km/Lです。
ハイブリッドモデルの廉価なグレードも「X」で、新車価格は4,384,800円で、燃費は18.4km/L〜19.4km/Lになります。
オススメのグレードはハイブリッドモデルの「X」です。
アルファードは価格が高い方ですが、ハイブリッドモデルの「X」であれば、他のミニバンには無い加速力の高さと充分に優れた燃費効率の良さを実感できます。
「G」になるとラグジュアリー性や性能は「X」に比べて少し高くなりますが、価格も高くなります。
「X」でも充分なラグジュアリー性の高さや乗り心地と座り心地の良さを実感できます。

オデッセイとアルファードの特徴を比較

Magnifying Glass Search To Find · Free image on Pixabay (53470)

オデッセイもアルファードも、ミニバンとしての居住性やラグジュアリー性の高さは充分にあると言えます。
オデッセイとアルファードを総合的に評価をすると、購入するならオデッセイがオススメです。
アルファードの廉価なグレード「X」と、オデッセイの最上級グレード「HYBRID・ABSOLUTE・EX Honda SENSING」を比較すると、価格の差があまり見られないことが分かります。
オデッセイの方が価格が安いことが分かります。
そして、オデッセイはアルファードに比べて燃費効率が高く、加速力も充分に備わっています。
また、どちらのモデルも4WD仕様が存在しています。

まとめ

オデッセイとアルファードは、どちらも同じくらいのボディサイズ感を持っていて室内空間のラグジュアリー性も充分に高いです。
しかし、オデッセイの方がアルファードに比べて価格の面で購入しやすい方だと言えます。
オデッセイのハイブリッドモデルのベースグレードと最上級グレードの価格を比較しても、40万円以上の差が無いことが分かります。
他にも、オデッセイはアルファードに比べて車両重量が軽く加速力も高いです。
よって、室内空間の充分なラグジュアリー性の高さを持ち、価格や燃費、走行性能に優れているモデルを購入するならオデッセイがオススメです。
そして、価格は高くても、日本人好みのラグジュアリー性の高さを持っていて、ミニバンとしての性能や実用性に一切不足を感じさせないモデルを購入するならアルファードがオススメです。

19 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan