2017年11月17日 更新

【スズキ】スイフトが2018年RJC カー オブ ザ イヤーを受賞!

スズキのコンパクトスポーツであるスイフトが2018年RJC カー オブ ザ イヤーを受賞したことがわかりました!

【スズキ】スイフトが2018年RJC カー オブ ザ イヤーを受賞!
スズキ「スイフト」が2018年次 RJC カー オブ ザ イヤーを受賞|スズキ (18537)

スズキ株式会社の小型乗用車「スイフト」が、NPO法人 日本自動車研究者ジャーナリスト会議(RJC)が主催する「2018年次 RJC カー オブ ザ イヤー」を受賞した。
今回受賞した「スイフト」は、2004年の発売開始から3代目にあたるモデルで、スイフトとして3代連続しての受賞となった。スズキ車が「RJCカー オブ ザ イヤー」を受賞するのは、「ワゴンR」(1993年)、「ワゴンR/ワゴンRスティングレー」(2008年)、「スイフト」(2005年、2010年)、「ハスラー」(2014年)、「アルト」(2015年)に続き、2年ぶり7度目となる。
スズキのコンパクトカーでありながら、ハッチバックスポーツとしても人気の乗用車「スイフト」2018年次RJC カー オブ ザ イヤーを受賞しました!

今回受賞した現行型のスイフトは2017年にフルモデルチェンジした3代目モデルで、3代連続の受賞となっております。

受賞理由は、バリエーションの豊富さと高い性能が認められ、幅広いニーズに答えた車両であることが高く評価された形のようです。

特に3代目となる現モデルは、軽量かつ高い剛性を誇る新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」に加え、1.2Lデュアルジェットエンジンと1.0L直噴ターボエンジンを設定し、運動性能の高い車両に仕上がっております。1.2Lエンジンには、スズキ得意のマイルドハイブリッドだけでなく、EV走行も可能なスズキ独自のハイブリッドシステムも設定されるなどと、豊富なパワートレインから選択可能。

また「スイスポ」の愛称で親しまれるスイフトスポーツには、1.4L直噴ターボのブースター ジェット エンジンに新サスペンションなどを採用して、運転の楽しさをこれまで以上に体感できるモデルに仕上がっております。他にも、社会的ニーズの高い安全装備についても抜かりなく、衝突被害軽減システム「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」などを設定し運転性だけでなく、安全性にも安心が持てます。

スイフトシリーズは2004年の発売以来、世界各国で高い評価を受け続け、世界で累計577万台※を販売してスズキの主力車種となっています。

日本カー オブ ザ イヤーにもトップ10にノミネート!

今回の2018年次 RJC カー オブ ザ イヤーは見事スイフトが受賞する形となりました。

今回の2018年次 RJC カー オブ ザ イヤーに関しては、様々な問題によって障害もあったと思いますが、スイフトは受賞するに相応しい車両であることは間違い無いでしょう。(2018年次 RJC カー オブ ザ イヤーの裏側については、チビカでもご紹介できればと思っております。)

そんなスイフトですが、日本カー オブ ザ イヤーに関しても既にTOP10にノミネートされておりますので、合わせて受賞が気になるところです!

7 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部