2019年1月9日 更新

東京オートサロン2019 マツダの出展予定モデルをご紹介

マツダは、東京オートサロン2019の出展予定車を公開しました。新マツダデザインが、最大のポイントです。さらに、特別仕様モデルやレースモデルの展示も行われます。展示予定モデルをご紹介します。

東京オートサロン2019 マツダの出展予定モデルをご紹介

東京オートサロン2019マツダのコンセプト等は?

マツダの東京オートサロン2019コンセプトは、ズバリ「Be a driver. 〜マツダの新時代の始まり~」です。東京オートサロン2019では、新しいマツダのデザイン・技術を身にまとったALL-NEW MAZDA3(2018年ロサンゼルスオートショー発表/北米仕様ベース・参考出品車)を日本初公開します。

さらにCX-8、CX-5のカスタマイズカーやレース仕様車を展示します。東京オートサロン2019でマツダの新章を体感して戴きたいという想いが込められていますね。

ALL-NEW MAZDA3/新型MAZDA3(日本語字幕版)

①ALL-NEW MAZDA3のデザイン等

ALL-NEW MAZDA3のコンセプト等

ハッチバックのデザインコンセプトは、新鮮な表情を魅惑的に表現し、新魂動を作り出すことです。同モデルは、バックアングルから見たときにキャビンとボディが、一体となる様にディテールされています。

セダンタイプのデザインコンセプトは、洗練されたエレガントを醸し出すことです。フード・キャビン・トレンドと異なる3要素を伝統的なセダンスタイルと融合させて、進化と洗練された優雅さを纏って登場するでしょう。

 (53474)

ALL-NEW MAZDA3のエクステリア等

新ヘッドライトは、MAZDA3の更なる進化を表したパーツです。「Less is more」をテーマにしたディテールは、不要な要素を取り除き、照明としての機能のみを追求してデザインされています。光源、レンズ、ベースに焦点を集めたディテールは、シンプルで綺麗なデザインですね。

ハッチバック・セダンともにフロント部は、より強調されるようなラウンドデザインに深化しています。

ポリメタルグレイは、ハッチバック専用に開発されたカラーです。金属の外観とプラスチックの滑らかな光沢が、光の加減で表情を変えるカラーリングになっています。
https://www.netcarshow.com/ (53550)

via https://www.netcarshow.com/

ALL-NEW MAZDA3の内装等

内装は、クルマと人を更に接続していく事がコンセプトです。ドライバーズシートを中心に完全に水平対象になるように、あらゆる面をレイアウトしています。さらに、ドライバーの視線に直面するように設計されているのもポイントです。

新MAZDA3は、内装にも「Less is more」のコンセプトが取り入れられています。コックピット以外の要素を出来るだけ単純に、上質に仕上げることで、コックピットの存在感に焦点を集める仕様です。
https://www.netcarshow.com/ (53546)

via https://www.netcarshow.com/

ALL-NEW MAZDA3のパワートレイン等

パワートレインは、3種類のラインアップが用意されています。
スカイアクティブGは、2000㏄と2500㏄の2種類です。ピストン形状や吸気ポート、そしてスプリット燃料噴射などを最適化しています。これにより更なる性能、燃費、環境アップに繋がるでしょう。

スカイアクティブDは、1800㏄を採用しています。新MAZDA3用に採用されたエンジンです。超高応答式マルチホールインジェクタを搭載したことで、高圧精密な多段噴射を達成しています。燃費性能、静寂性、排ガス抑制に寄与し、スムーズさもアップになっています。
https://www.netcarshow.com/ (53548)

via https://www.netcarshow.com/
進化したi-Activ AWD
新MAZDA3は、G-Vectoring Control Plusを新採用したことで、運転者の意図に合わせて、適切に4輪にトルク配分を行えるように制御出来るシステムです。従来モデルよりも60%ほど機械的損失が減少していることも重要な要素でしょう。


https://www.netcarshow.com/ (53547)

via https://www.netcarshow.com/

②MAZDA CX-8 CUSTOM STYLEのデザイン等

CX-8 CUSTOM STYLEは、特別なCX-8として企画されたモデルです。凛とした上質な雰囲気だけでなく、ガソリンターボエンジンを搭載したベースグレード「25T L Package」に、アンダーガーニッシュや大径アルミホイールを装備することで、根底に宿るスポーティさを表現しています。

特別装備
①エクステリア部分 フロント/リアアンダーガーニッシュ、ウインカーバルブ(シルバー)
②足回り部分 20インチアルミホイール、ホイールナットセット
③インテリア部分 アルミペダルセット、ウエルカムランプ、スカッフプレート(イルミネーション付)、ラゲッジエンドプレート、フロアマット(プレミアム)消臭機能付、ラゲッジマット(カーペットタイプ)
 (53476)

③MAZDA CX-5 CUSTOM STYLEのデザイン等

CX-5 CUSTOM STYLEは、特別仕様車「Exclusive Mode(エクスクルーシブ モード)」に、さらにダイナミックなエアロパーツを装備したモデルです。同モデルは、躍動感あふれる力強さと洗練されたSUVスタイルを、スポーティに彩ることで、ユーザーの心躍らすモデルに仕上げています。

特別装備
①エクステリア部分 フロント/サイド/リアアンダースカート、ウインカーバルブ(シルバー)
②足回り部分 ホイールナットセット
③ インテリア部分 アルミペダルセット、ウエルカムランプ、スカッフプレート(イルミネーション付)、ラゲッジエンドプレート、フロアマット(ラグジュアリー)消臭機能付、ラゲッジマット(カーペットタイプ)、LEDラゲッジランプ
 (53477)

④MAZDA ROADSTER DROP-HEAD COUPE CONCEPT

コンセプトは、純粋に走る喜びを追及して企画されたコンセプトモデルです。そして大人の趣味を週末にというマツダの想いも込められています。

特別装備
①エクステリア部分 ディタッチャブルハードトップ(カーボン製)、フロント/サイドアンダースカート、けん引フック、LEDバルブ(ライセンスプレートランプ)、ウインカーバルブ(シルバー)
②足回り部分 16インチアルミホイール(RAYS鍛造)、ホイールナットセット、LSD、クラッチセット、フライホイール、エアクリーナー、強化ブッシュ
③インテリア部分 RECAROシート、ドアトリム、デコレーションパネル、センターコンソールリッド、パーキングブレーキ/シフトブーツ、アルミペダルセット、フロアマット(プレミアム)
 (53478)

⑤Tby2 CABANA Racing MX-5 ゼッケン1

2018年に、GLOBAL MX-5 CUP JAPANシリーズおよび世界一決定戦で素晴らしい成績を残したGLOBAL MX-5 CUP仕様車も展示されます。
 (53479)

まとめ

東京オートサロン2019のマツダ出品予定モデルをご紹介しました。今回は、新MAZDA3の展示も行われます。さらに特別仕様のCX-8、CX-5も登場する予定です。東京オートサロン2019の進化(深化)したマツダブースが楽しみです。
32 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me