2019年2月7日 更新

Audi A4/A4 Avant 35 sportにブラックエレガンスが登場!

アウディは、1/16にAudi A4とAudi S4の一部仕様変更・価格変更を行うとともに、特別限定モデルのブラックエレガンス販売を同時発表しました。同モデル中心に、アウディA4の歴史や仕様変更を含めてご紹介していきます。

Audi A4/A4 Avant 35 sportにブラックエレガンスが登場!

Audi A4シリーズの仕様と価格を一部変更を発表

アウディ ジャパン株式会社(本社 東京都品川区、フィリップ ノアック代表取締役社長)は、プレミアムミッドサイズセダン/ワゴン Audi A4とAudi S4の装備と価格を一部変更し、本日1月16日(木)より全国のアウディ正規ディーラー(126店舗、現時点)を通じて販売することを発表しました。

Audi A4 sedan, Audi A4 Avant, Audi S4, Audi S4 Avantの仕様の一部変更を行っています。
エクステリアでは
①主力グレードであるsportに、従来S lineに採用されていたフロントバンパーとクロームグリルを採用し、アルミホイールのデザインも一新してアップグレード化しています。リヤは、ベースグレードも含め、テールパイプを2本出しのリヤディフューザーと一体型に意匠変更しています。

②A4のS lineパッケージとS4では、新デザインのフロントバンパーを採用し、アルミホイールデザインも一新し、より精悍なスタイリングに変身しています。エクステリアからには、ナバーラブルーを全モデルで追加しました。

インテリアでは
①S lineおよびS4の各オプションパッケージ内容を変更し、バーチャルコクピットやアンビエントライティングなど人気のアイテムを標準装備し、sportのインテリアに、ヌガーヌブラウンを追加しています。

この仕様変更にあわせて、アウディでは、特別限定数量(各125台)でA4/A4 Avant 35ブラックエレガンスを企画し、販売していくことも発表しました。また仕様変更したモデルの価格変更も行われています。

Audi A4/A4 Avant 35 sportブラックエレガンスのエクステリア

 (55018)

艶めく黒に、優美さが際立つ仕様に仕上げたのが、ブラックエレガンスです。随所にブラックをあしらい、アウディミドルセダンに高級感と特別感を与えたモデルになっています。

フロント部分での特別装備は、LEDヘッドライトです。快適で広範囲な照明であるLEDは、モデル印象もシャープな雰囲気へとアップデートしていますね。

今回の仕様変更で、ベースとなっているA4 35 TFSI sportとA4 Avant 35 TFSI sportは、S lineのフロント周りにアップデートしています。よりスポーティなフロントフェイスになっています。
 (55019)

サイドビューでのポイントは、グロスブラックポリッシュされた10Y字スポークデザインの18インチアルミホイールを特別装備した点です。 装着タイヤサイズは、245/40R18となっています。足元をブラック化して引き締めてくれるアイテムです。

リアビューでは、LEDリヤコンビネーションライトが装備されています。また、仕様変更によって、バンパーディフェーザーと一体型の左右2本出しマフラーになっています。

 (55020)

Audi A4/A4 Avant 35 sportブラックエレガンスの内装

内装での特別装備は、パーシャルレザーに、運転席メモリー機能が採用されている点です。また、メーター内には、バーチャルコックピットも装備しています。マルチカラーアンビエントライティングを特別装備し、車内を高級感と特別な空間に演出するアイテムです。純正アクセサリーのフロアマットも付属しています。
 (55023)

Audi A4/A4 Avant 35 sportブラックエレガンスの安全装備等

快適装備と安全装備として、

アシスタンスベーシックパッケージの装備
・アダプティブクルーズコントロール
・アウディアクティブレーンアシスト
・3 ゾーンオートマチックエアコンディショナー
・ハイビームアシスト
・助手席電動シート

アシスタンスパッケージ
・アウディサイドアシスト
・アウディプレセンスリヤ
・アウディパークアシスト
・サラウンドビューカメラ
が装備されています。
 (55024)

Audi A4/A4 Avant 35 sportブラックエレガンスのパワートレイン等

1400㏄直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ エンジンを搭載しています。最高出力は150ps、組み合わされるミッションは、7速Sトロニックトランスミッションです。 
 (55025)

アウディA4の歴史等

Audi A4は、半世紀にわたって世界で愛されるAudiのベストセラーモデルです。前身モデルであるアウディ80と合わせると、累計1200万台以上が販売されています。ミッドサイズアウディの販売開始は、1965年に始まっています。以来Audi A4まで、50年以上の販売期間にもなっています。

アウディA4シリーズは、時代に併せて進化し、技術革新し、その時代から一歩進んだ装備内容となっていたことで、世界の人々に受け入れ続けたミッドサイズセダンと言えますね。

A4 Avantは、アウディA4のバリエーションモデルと言う位置づけで販売されています。最大の魅力は、ワゴンタイプスタイルです。リヤシートを倒すと、1510リットルと言う大容量のラゲッジスペースになります。

現行型のAudi A4/A4 Avant 35は、2016年に販売開始され、現行で5世代目です。進化したモジュラープラットフォーム「MLB evo」をベースにして、新世代の予防安全システム「アウディプレセンス」や「バーチャルコクピット」などの最新のデジタル技術を装備しています。

洗練されたデザインと先進のパワートレイン、充実したインテリアでのコネクト機能など、ミッドサイズセダン、ワゴンとして人気のあるモデルです。このモデルをベースにブラックエレガンス仕様に仕上げ、各限定125台で1/16より販売開始になりました。
 (55153)

まとめ

アウディは、平成31年1月16日にAudi A4とAudi S4にて一部仕様変更と価格変更を行うことを発表しました。さらに同日に特別仕様車となるA4/A4 Avant 35 sportブラックエレガンスの発売を発表しました。

販売価格は、
A4 35 sport black elegance(ブラックエレガンス)5,860,000円
A4 Avant 35 sport black elegance(ブラックエレガンス)6,150,000円
各125台限定数量ですので、お気になった方は早めに店頭に見に行っては如何でしょう!
22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me