2017年1月19日 更新

BMW 2 シリーズ グラン ツアラーの特別限定モデル「BMW 218d xCountry」を導入

BMWジャパン公式サイトで1/19にリリースされているニュースをまとめます

BMW 2 シリーズ グラン ツアラーの特別限定モデル「BMW 218d xCountry」を導入
1980 BMW M1 near the Golden...

1980 BMW M1 near the Golden Gate Bridge in San Francisco, California

BMW 2 シリーズ グラン ツアラーの特別限定モデル「BMW 218d xCountry」を導入

■BMW 2 シリーズ グラン ツアラーの特別限定モデル「BMW 218d xCountry」を導入

■ ダイナミックなスタイリングをより際立たせると共に、安全性、機能性、快適性を高める数々の機能を標準装備。アウトドア志向のファミリー層に最適なクロス・カントリー・モデル

■ 全国合計 200 台限定

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: ペーター・クロンシュナーブル)は、クリーン・ディーゼル・エンジンに4 輪駆動システムを組み合わせたセグメント唯一の7 人乗りMPV(多目的車)「新型BMW 218d xDrive(ニー・イチ・ハチ・ディー・エックス・ドライブ)グラン ツアラー」の発売を記念した限定モデル「BMW 218d xCountry(クロスカントリー)」を、全国合計200 台の台数限定で、1 月28 日(土)より販売を開始すると発表した。

BMW 2 シリーズ グラン ツアラーは、BMWならではのダイナミックなスタイリングとスポーティな運動性能に、最大で7 人の乗車が可能な広々とした室内空間と、高い機能性・快適性を融合したBMW初のMPV である。また、取り回しの良いコンパクトなボディ・サイズとしながらも、2 列目と3 列目シートは、乗車人数や荷物の量に合わせて多彩なシート・アレンジが可能で、ファミリー・ユースでの様々な用途に合わせてオールマイティに活躍する。今回発表の特別限定モデル「BMW 218d xCountry」は、そのBMW 2 シリーズ グラン ツアラーのダイナミックなスタイリングをより際立たせると共に、安全性、機能性、快適性をさらに高める数々の機能を標準装備し、アウトドア志向のファミリー層に最適なクロス・カントリー・モデルである。
ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: ペーター・クロンシュナーブル)は、クリーン・ディーゼル・エンジンに4 輪駆動システムを組み合わせたセグメント唯一の7 人乗りMPV(多目的車)「新型BMW 218d xDrive(ニー・イチ・ハチ・ディー・エックス・ドライブ)グラン ツアラー」の発売を記念した限定モデル「BMW 218d xCountry(クロスカントリー)」を、全国合計200 台の台数限定で、1 月28 日(土)より販売を開始すると発表した。

BMW 2 シリーズ グラン ツアラーは、BMWならではのダイナミックなスタイリングとスポーティな運動性能に、最大で7 人の乗車が可能な広々とした室内空間と、高い機能性・快適性を融合したBMW初のMPV である。また、取り回しの良いコンパクトなボディ・サイズとしながらも、2 列目と3 列目シートは、乗車人数や荷物の量に合わせて多彩なシート・アレンジが可能で、ファミリー・ユースでの様々な用途に合わせてオールマイティに活躍する。今回発表の特別限定モデル「BMW 218d xCountry」は、そのBMW 2 シリーズ グラン ツアラーのダイナミックなスタイリングをより際立たせると共に、安全性、機能性、快適性をさらに高める数々の機能を標準装備し、アウトドア志向のファミリー層に最適なクロス・カントリー・モデルである。
 (2071)

インテリアは、上質で手入れのしやすいブラックのSensatec レザー・シート(合成皮革)に、フロント・シート・ヒーティングを組み合わせ、専用ハイグロス・ブラック・インテリア・トリム/パール・クローム・ハイライトには、シリアル・ナンバー入りのインテリア・バッジを特別装備するなど、ファミリー層の顧客が求める高い実用性と快適性に加え、高級感と特別感を溢れるほど、室内空間を演出している。

装備面においては、車間距離を維持しながら自動的に速度制御を行うことが可能なアクティブ・クルーズ・コントロールといった先進の安全装備に加え、後席の乗員が食事をしたりできるようなフロント・シートバック・テーブル(専用装備)、荷物で両手がふさがった状態でも足下の操作でテールゲートの開閉が可能なオートマチック・テールゲート・オペレーションを標準装備するなど、BMW 2 シリーズ グラン ツアラーの機能性と快適性をさらに高めることにより、アウトドア志向のファミリーに最適な仕様としている。

BMW 218d xCountry 特別装備内容*1

■ ボディ・カラー: アルピン・ホワイト、またはインペリアル・ブルー(専用色)*2
■ ルーフ・レール ブラック
■ 専用 17 インチ ダブル・スポーク・スタイリング385 アロイ・ホイール
■ 専用 Sensatec レザー(合成皮革)ブラック
■ フロント・シート・ヒーティング
■ 専用ハイグロス・ブラック・トリム/パール・クローム・ハイライト
■ 専用シリアル番号入りインテリア・バッジ
■ 専用シリアル番号入りキー・ケース
■ アドバンスド・パーキング・サポート・パッケージ
- PDC/パーク・ディスタンス・コントロール(フロント)
- パーキング・アシスト
■ ACC/アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)
■ プラス・パッケージ:
- ITS スポット対応DSRC 車載器システム(ルーム・ミラー内蔵、ETC 機能付)
- フロント・フォグ・ランプ
- オートマチック・エア・コンディショナー(AUC〔オートマチック・リサーキュレーティング・
エア・コントロール〕、マイクロ・フィルター〔花粉除去機能付〕、左右独立温度調節機能、
後席用エア・アウトレット〔風量・温度調節機能付〕、パーキング・ベンチレーション)
■ 電子油圧制御式8 速スポーツ・オートマチック・トランスミッション(ステップトロニック付)
■ マルチファンクション・スポーツ・レザー・ステアリング・ホイール(シフト・パドル付)
■ 専用フロント・シートバック・テーブル
■ コンフォート・パッケージ:
- オートマチック・テールゲート・オペレーション
- コンフォート・アクセス
- ライト・パッケージ
■ 専用 HiFi サウンド・システム

*1: ベース・モデルのBMW 218d xDrive グラン ツアラーから追加となる標準装備品。
*2: インペリアル・ブルー(メタリック・ペイント)は、77,000 円高となります。
12 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yaya yaya