2017年9月15日 更新

T31エクストレイルが約2万7000台のリコール発表へ!原因部品はPTCヒーター

エクストレイルといえば、日産の人気SUV車ですが、現行型のT32ではなく1つ前のT31がリコールとなるようです。今回のリコール部品はPTCヒーターとのことですが、一体どのような部品なのでしょうか?

T31エクストレイルが約2万7000台のリコール発表へ!原因部品はPTCヒーター

日産の人気SUVエクストレイルが約2万7000台のリコールへ

日産:エクストレイル クリーンディーゼル [ X-TRAIL Clean Diesel ] スポーツ&スペシャリティ/SUV | このクルマの魅力 | フォトギャラリー (14924)

日産のエクストレイルといえば、SUVでありながら若干スマートな印象の強い、どちらかというと男らしいというよりはおしゃれなSUVに該当すると思います。

そんなエクストレイルもT31(一つ前の型式)までは、現在のようなスマートなデザインというより、角ばったSUVらしさを大いに感じさせるデザインでアウトドア付きから受け入れられていた車両でした。

実際に私がメカニックをしていた時期の車両でもあるので、どちらかというとT31が良かったという人も割といたように感じます。

そんな T31型エクストレイルが2017年9月8日に約2万7000台にも及ぶリコールを発表しました。

詳細は、以下のものとなっています。

リコール対象型式:DNT31-000009~DNT31-310207
対象車の製造時期:平成20年8月20日~平成27年3月31日
台数:26,912台

では一体今回のリコールはどのようなものとなっているのでしょうか?

原因はPTCヒーター

日産:リコール関連情報 エクストレイルのリコールについて (14927)

今回、約3万台のT31エクストレイルに行われるリコールの内容ですが、詳細は以下のように表記されております。
エアコンユニットのPTCヒータにおいて、電気配線の固定が不適切なため、走行中の振動等により揺動し端子が摩耗することがあります。 そのため、そのままの状態で使用すると、端子間の抵抗が増加し異常発熱して、発煙し、最悪の場合、火災に至るおそれがあります。
原因となる部品はPTCヒーターというもので、この部品の配線の取り回しが原因で今回のリコールが行われるようです。

そもそもPTCヒーターというのは一体どのようなものかご存知ですか?

PTCヒーターというのは、エアコンユニット(厳密にはヒーター)の構成部品の1つです。
車のヒーターというのは、主に車両の冷却水を利用して温風を作り出しています。要するに車両の冷却に使われている熱湯の一部をヒーターコアに流して、風邪を温めているのです。

そうすると、問題が1つあり、エンジンが温まるまで温風が発生しません。特に寒冷地などにおいては水温が上昇せず、室温がなかなか温まらないだけでなく、デフロスターの効果が薄いなど様々な影響を及ぼします。

そこで活躍するのが、今回のリコールの原因となったPTCヒーターになるのです。

PTCヒーターは水温が上昇していない、様々な条件下になると作動し、電気によって強制的に風を温めて温風を作り出しています。

主に寒冷地仕様などの車両に取り付けられていることの多いこの部品ですが、作動の際は電気による発熱をしている部品になるので、今回のように不具合によって発熱が火災につながる場合もあるようです。

作業内容は対策部品と交換

日産:リコール関連情報 エクストレイルのリコールについて (14933)

今回のリコールの原因であるPTCヒーターについてご紹介しましたが、一体どのような作業をするのでしょうか?

実際のPTCヒーターの画像は上記になりますが、対策前の配線が遊んでいる(弛んでいる)状態のものの場合、対策部品(改善後のPTCヒーター)へ交換する作業のようです。

ですので、車両にPTCヒーターがついているのかを確認し、PTCヒーターが改善前のものに限って今回対策済みのPTCヒーターに取り替えるということになるでしょう。

これまでこの部品が原因による事故も発生しているとの情報も出ているので、対策品への早めの交換を行いたいところです。

リコールのついでに、、、

日産:エクストレイル クリーンディーゼル [ X-TRAIL Clean Diesel ] スポーツ&スペシャリティ/SUV | このクルマの魅力 | フォトギャラリー (14936)

T31のPTCヒーターのリコールの内容に関してご紹介していきましたが、無償修理とはいえどわざわざディーラーまで足を運んだりする手間が勿体なく感じますよね。

常日頃からお世話になっているお店でしたら、引き取りというパターンもあるでしょうが、基本的には来店する必要があります。

しかしながら、最悪火災につながる場合もあり、実際に火災事故も発生しているこのリコール部品に関してはなるだけ早く対策しておきたいところ、、、

そこでリコールの際は、リコールに合わせて定期交換部品を変えるといいかもしれません。

例えば、今回のリコールにおいてはエアコンユニット周りの交換になるので、作業によってクリーンフィルター(エアコンのフィルター)が交換しやすかったはず。

そのため合わせて交換をお願いしたら、工賃を安くしてくれる場合もあるかもしれません。

実際、販売店側としてもリコール作業自体でもメーカーからお金をもらうことができるはずですが、そこから点検や新車の代替えに繋げたいと考えています。

ですので、それをうまく利用することによって、お得に点検や部品の交換ができるチャンスとなるかもしれません!

リコールのお問い合わせは近くの日産販売店まで!

日産:エクストレイル クリーンディーゼル [ X-TRAIL Clean Diesel ] スポーツ&スペシャリティ/SUV | このクルマの魅力 (14939)

T31エクストレイルといえば、クリーンディーゼルも特徴的な車両でしたが、特にタフギアという言葉がぴったりな日産車でしたね。

現在でもこのエクストレイルに乗っている方も多いのではないでしょうか?

リコールは無償修理とはいえ、どうしても面倒なものですが、タダで新品部品に変えてくれるチャンスと考えて、対象の方は早めに対策するようにしましょう!
18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

はるあき はるあき