2018年4月26日 更新

【評判はどう?】新型フォレスター フルモデルチェンジ発売日は2018年12月?! 気になる価格も予想!

ニューヨークモーターショーにおいて新型フォレスターが公開されました!予想していたよりもあまり代わり映えがしていないように見える新型フォレスターですが、その内容に迫ります!スバルの人気SUVと言えば、フォレスターとXVが挙げられますが、高い走破性能で根強いファンを抱えるフォレスター。気になる最新情報を注目ポイント毎にご紹介します!

【評判はどう?】新型フォレスター フルモデルチェンジ発売日は2018年12月?! 気になる価格も予想!

ついに新型フォレスターが公開!その評判は…

 (26807)

2018年3月29日、ニューヨークモーターショーにおいて、スバルの新型フォレスターがついに公開されました!

以前公開されていた、フォレスターのコンセプトモデルVISIV FUTURE CONCEPTと比較するとこんな感じです↓
 (28710)

ずいぶんとおとなしい感じになりましたが、全体的なデザインラインは継承されているのがわかりますね。
 (26809)

ひと目見てフォレスターとわかるデザインですが、正直な感想としては、あまり先代と代わり映えがしないというのが第一印象です。

VISIV FUTURE CONCEPTのワイド感が感じられなくなってしまったのが少し残念でもあります。

新型フォレスターのデザインについての巷の評判は…?

「新型フォレスター デザイン」で検索すると、変わり映えしなかったエクステリアに関してはかなり厳しい意見が多いようです。
「ダサい」「がっかり」などのサジェストキーワードが出てきてしまうほど。

中には好意的に受け止めているユーザーもいますが、大半はネガティブなものが多かった印象でした。
 (27863)

たしかに、このままのスタイリングで出てくれたら、相当かっこいいとは思いますが…。

とは言え、新型フォレスターも先代よりも洗練され、よりマッシブになって生まれ変わったのも事実です。

また、エクステリア以外ではかなりの進化をしています。
~グローバル最量販車種として各国に順次導入~
● SUBARU初となる乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」を採用。ドライバーの運転を見守り、快適なおもてなしを提供。
● SUBARU GLOBAL PLATFORMを採用。クラストップレベルの快適性と安全性能を実現。
● 2.5L 水平対向4気筒エンジンを直噴化。動力性能と環境性能を高い次元で両立。
● シンメトリカルAWDと進化したX-MODEにより、優れた走行性能とSUVらしい走破性を提供。
● 米国仕様は、2018年秋販売開始予定。

今回フルモデルチェンジした新型「フォレスター」は、第5世代目となりました。
フォレスターはスバルが最量販車種と位置づけるグローバル戦略車。

乗る人すべてが愉しく、快適な空間を共有できるよう、取り回しのよさと室内の広さを両立したパッケージングや、スバル初となる乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」など使い勝手の良い装備を採用し、スバル共通のデザインフィロソフィー“DYNAMIC x SOLID”のもと、SUV らしい逞しさや機能的で使いやすさが感じられるデザインが表現されています。

また、新型インプレッサ以降導入されているスバルの次世代プラットフォーム「SUBARU GLOBAL PLATFORM」を採用することでクラストップレベルの衝突安全性能・危険回避性能や、ドライバーの意志に忠実なハンドリング・快適な乗り心地を実現しているとのこと。

さらに、運転支援システム「アイサイト」、新開発2.5L 水平対向4気筒直噴エンジンを核とするシンメトリカルAWDや、SUVらしい走破性を高めるX-MODEといったスバルのコアテクノロジーを搭載することで、機能・性能を向上させている。

プレスリリースでは、米国向け新型「フォレスター」は、2018年秋の販売開始予定とのことですが、日本の発売はいつになるでしょうか?
 (26810)

こちらの新型フォレスターでは、ボディ下部にオレンジ色のモールが入ってスポーティな印象です。
113 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

はるあき はるあき