2019年3月2日 更新

大容量の新型バッテリーを搭載!BMWのi3の魅力を紹介します!

i3はBMWの電気自動車であり、大容量の新型バッテリーを搭載して今月発売されました。今回はそんなi3の魅力を紹介します!

大容量の新型バッテリーを搭載!BMWのi3の魅力を紹介します!

i3ってどんな車?

BMW i3 充電・航続距離 | BMW i スペシャルサイト (56459)

i3は、ドイツの自動車メーカーであるBMWが2014年から製造・販売する電気自動車です。比較的新しいモデルであり、現行モデルが初代のモデルになります。
国産車では日産リーフの40kWhバッテリーモデルがWLTCモードで航続可能距離322km、62kWhモデルのリーフe+が458kmとかなり長い航続可能距離を可能としていますが、このBMWのi3も航続可能距離の長い電気自動車として評価されています。以下にi3の詳細を紹介していきたいと思います。

i3の外観

BMW i3 | BMW i スペシャルサイト (56463)

i3の外観は、電気自動車でありながらもフロントフェイスはしっかりとBMWらしさを感じさせます。車体寸法は全長 4,020 mm x 全幅 1,775 mm x 全高 1,550 mmとなっており、一見したらコンパクトカー並みに見えますが、全幅は1,700mmを超えており、国産コンパクトカーと比べると幅は広い仕様になっています。

i3の内装

BMW i3 デザイン | BMW i スペシャルサイト (56466)

内装は、電気自動車らしい先進的なデザインになっていますね。ステアリング部分やシート部分には電気自動車であることを主張するかのようなブルーのアクセントが施されており、ガソリン車にはない魅力を感じます。
室内空間は外見はコンパクトに見えながらも後部座席の足元スペースもしっかり確保されており、快適に乗車することができます。
BMW i3 デザイン | BMW i スペシャルサイト (56467)

i3の走行性能

BMW i3 | BMW i スペシャルサイト (56470)

i3の航続可能距離はWLTCモードで360km、発電用エンジンを積むレンジエクステンダー装備車では466kmを達成しています。現行モデルの日産リーフ以上の数値になっており、これだけの航続可能距離があれば遠出も可能だと思います。
ただバッテリー容量が大きいぶん急速充電器でも80%充電まで50分かかるので、30分の制約がある充電場所では充電量は約半分くらいになると思われます。なので遠出をするならば小まめに充電場所を探して充電するのが賢いドライブの仕方になると思います。
もちろん自宅の電力を使用して充電することも可能で、BMW i ウォールボックス・プラスを使えば約12〜13時間で高性能リチウム・バッテリーを満充電することができます。
走行性能は、最高出力は125kW・最大トルク250Nmとなっており、高トルクを発生させる電気モーターにより、パワフルに発進します。0-100km/hをわずか7.3秒以内なので、合流時などの加速でも快適で申し分ありません。さらに電気自動車のため静粛性に富んでいるので、ガソリン車では味わえない静かな空間が車内には生まれます。

i3の安全性能

BMW i3 安全性 | BMW i スペシャルサイト (56477)

i3の生産には、カーボン・ファイバー強化樹脂(CFRP)製の素材を採用しています。アルミニウムより約30%も軽量ながら高い強度を持ち、車両の軽量化だけでなく、広々とした室内と優れた安全性を実現しています。高い強度を誇り用途に合わせて柔軟に使用できるカーボン・ファイバー強化樹脂(CFRP)は、ドライバーの安全性を高められる革新的な素材になっています。

i3の価格

i3の価格は、通常のi3が5,430,000円〜、i3 レンジ・エクステンダー装備車が5,920,000円〜になっています。
価格はBMWブランドもあり、高めの価格になっています。ただ航続可能距離や走行性能も高いので、価格相応の所有する歓びは得ることができます。

まとめ

今回はBMWの電気自動車であるi3の魅力を紹介してきました。
電気自動車はとにかく静粛性が富んで、素晴らしい加速性能が魅力のクルマであり、BMWが手掛けた電気自動車ということで、仕上がりは素晴らしいものへとなっています。
気になられた方は是非一度試乗してみてはいかがでしょうか?
20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi