2018年2月5日 更新

【2017年ランキング】驚くほどバカ売れしたSUVはどんな車種?

日本のSUVもしっかり定着しており、販売台数でも上位に食い込む車種が見受けられるようになり、一過性のブームではないようですね。 日本の交通事情に合わせたちょうど良いサイズでハイブリッドも搭載するSUVが人気なようです。 ここでは2017年に販売されたSUVのランキングを紹介します。

【2017年ランキング】驚くほどバカ売れしたSUVはどんな車種?

ランキング4位:CX-5(マツダ)

 (22897)

ランキング4位に輝いたCX-5(マツダ)の年間販売台数は41,622台となりました。
CX-5(マツダ)のエクステリアは、スピード感があるデザインで、全体的に躍動感が溢れています。
インテリアは、操作スイッチや各種計器については、運転手をセンターに左右対称に取り付けてあります。
CX-5(マツダ)には、「20S」をはじめ、「20S プロアクティブ」、「25S」、「25S プロアクティブ」、「25S Lパッケージ」、「XD」、「XD プロアクティブ」、「XD Lパッケージ」といったグレードが用意されており、XD(6AT、FF)は18.0km/lという低燃費を実現。
エンジンは、SKYACTIV‐G 2.0、SKYACTIV‐G 2.5、SKYACTIV‐D 2.2を用意。
価格帯は2,494,800円~3,526,200円となっています。

ランキング3位:ハリアー(トヨタ)

 (22898)

ランキング3位を奪取したハリアー(トヨタ)の年間販売台数は58,732台となりました。
ラグジュアリーSUVとして人気があるハリアー(トヨタ)には、「プログレス」をはじめ、「プレミアム」、「エレガンス」、「プログレス メタル アンド レザーパッケージ」、「プレミアム メタル アンド レザーパッケージ」といったグレードが設定され、燃費は16.0km/l(CVT、FF)となっています。
エンジンは2000cc 直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボと2000cc直列4気筒DOHCの2種類が用意されています。
価格帯は2,949,400円~4,574,800円です。

ランキング2位:ヴェゼル(ホンダ)

 (22899)

ランキング2位という結果になったヴェゼル(ホンダ)の年間販売台数は 64,332台となりました。
ジャンル超越し、多様な価値を融合させたSUV「ヴェゼル」は1500ccのエンジンを搭載します。
ハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-DCD」を採用したハイブリッド車もあります。
フロントとリヤのトルクを制御する4WDシステム「リアルタイムAWD」も採用。
グレードは、「ハイブリッド」、「ハイブリッドX・ホンダセンシング」、「ハイブリッドRS・ホンダセンシング」、「G」、「X・ホンダセンシング」、「RS・ホンダセンシング」があります。
中でも、ハイブリッド(7AT、FF)の燃費は27.0km/lとなっており、低燃費です。
価格帯は1,920,000円~2,886,000円となっています。

ランキング1位:C-HR(トヨタ)

 (22900)

ランキング1位に輝いたC-HR(トヨタ)の年間販売台数は117,299台となりました。
自動車を作る構造改革といえるTNGAの第2段として登場した「C‐HR」。
グレード「G」、「S」は1800cc直列4気筒DOHCハイブリッドシステムを搭載します。
グレード「G‐T」、「S‐T」は1200cc直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボエンジンを搭載。
「G」、「S」の燃費は30.2km/L、「G‐T」、「S‐T」の燃費は15.4km/Lを実現。
「Toyota Safety Sense P」を全グレードに標準装備することで、安全装備を充実。
価格帯は2,516,400円~2,929,200円となっています。

まとめ

ランキング2位のヴェゼル(ホンダ)に52,897台も差をつけたC-HR(トヨタ)の独り勝ちといったイメージですね。
C-HR(トヨタ)は燃費の良さやスタイリッシュなスタイリングなどが評価されたのかもしれません。
高価格なハリアー(トヨタ)も3位に食い込み、健闘していますね。
これから、SUVを購入する人の参考になれば幸いです。
18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

dreamber123123 dreamber123123