2017年10月10日 更新

トヨタ新型ハイエース フルモデルチェンジ情報!300系が2019年にデビューか?

200系ハイエースの販売開始から既に12年が経過しようとしています。このハイエースを初代から振り返りながら、時期300系を大胆に予想していきたいと思います!!!

トヨタ新型ハイエース フルモデルチェンジ情報!300系が2019年にデビューか?

初代から3代目まで

 (12445)

1967年トヨエースの小型版キャブオーバートラックとして初代ハイエースの販売が開始されました。
その後ワンボックスボディタイプの販売がスタートしました。
乗車定員が、3人、6人、9人、12人、15人とトラックからワゴンまで幅広く対応していたことが伺えます。

2代目ハイエースは、1977年に販売開始されました。
初代同様、トラック、バン、ワゴンの販売となりワゴンでは、カスタム・デラックス・スタンダードというグレード体系。
バンでは、3種類のホイールベースを用意して乗車人数を確保しています。
後にオイルショックの影響でディーゼルの設定が行われたモデルでもあります。

1983年3代目の販売がスタートしました。
販売体系は、バンとワゴンが主流となっておりました。それにハイエーストラックという構造と成って言ったモデルです。
3代目のハイエースは、実は南アフリカでは、2007年まで生産販売されていました。

今でも人気! 4代目100系ハイエース

1989年4代目ハイエース、100系ハイエースの販売が開始されました。
ハイエースは、元々働く車、乗車人数を多く乗せる車というイメージが有ります。
この100系になって販売年数が経っていくほどこの働く、乗るという両方の人気が上がっていったと感じます。
特に1KZのエンジンを搭載してからのハイエースは、非常にタフで壊れないと人気が有り、今でも大事の乗られている方が多いのも事実です。
販売期間が15年という長い期間でしたので人気が有ったこともさる事ながら、排ガス規制等の適合の関係で少しずつパワートレーンの改良が行われたモデルでもあります。
 (12450)

実は、当初は100系を惜しまれつつデビューした現行型5代目200系

2004年、現行型200系の販売が開始されました。販売当初は、100系の人気が以上に高く中古車相場では、100系の異常高騰が起きるほどでした。
200系の人気が出始めたのは、発売から5年程が経過してからでは、と個人的には思います。
なぜなら当初は、2500ccのディーゼルエンジンで100系の3000cc~比べても非力と考えるユーザーが多く、200系よりも100系の中古購入をしているユーザーの期間が長かったと感じます。2007年に3000ccになり、2010年のマイナーーチェンジを終えた頃から200系ハイエースの人気が鰻登りに上がったと感じます。その理由は、走る、タフ、そして100系と違って錆びない!!!という観点からです。

その200系も既に12年が経過しようとしています。どうやら300系の開発も進んでいるとの声が聞こえて来ましたので次項で新型の予想をして参りたいと考えます。
 (12454)

300系ハイエースが、2019年発表に向けて開発中!!!

ハイエースは、初代発売以来日本は勿論、アジア、中近東、オセアニア、アフリカ、中南米、そして欧米で人気を伸ばしております。今回は、欧米で先行されて販売されているプロエースという新型車を参考に次期ハイエースを解明して行こうと思います。
今まで、ワンボックスタイプはフロント部分をなるべくスッキリさせることで荷物や乗車人数を確保しておりました。しかしながら安全面では、普通のボンネットを持つ車両よりはどうしても不利な部分も有ったと考えます。
次期ハイエースは、欧米発売プロエースのようにボンネットが大きく張り出す形状になると予想します。荷室の広さは重要ですが、安全面を考慮した作りを行うと感じます。今のタウンエース等もボンネットが張り出しております。

パワートレーンは、ガソリン車には、ハイブリッドの設定が行われる可能性も大きいと思われます。ディーゼルに関してはダウンサイジングして2700cc+ターボとなると考えます。

安全装備に関しては、現在進行しているセーフティセンスの搭載が、200系でも行われておりません。
300系では、ワゴンもバンも搭載されることは必須と考えます。

ボンネット構造バンの課題としては、仕事ベースで使用する方への配慮が重要になってくると感じます。長尺物の荷物や容積の確保が重要で有ります。

欧州プロエースでも全長サイズが選べるようになっています。

 (12458)

 (12460)

2019年発表に向けて開発途中の時期300系ハイエース、もし販売がスタートしても前回の100系と200系の関係になることも予想します。当初は、100系の人気が異常に高かった現象。300系が出た当初は、200系の人気が上がるという事態も起こるかもしれません。
トヨタとしては、こうした事態を予測して、300系の販売と200系の販売を若干被らせる可能性もあります。
まだ、開発途中ですので新しいことがわかり次第、300系の記事を追加していきます!!!
19 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me