2018年2月28日 更新

セレナe-powerの価格は296.8万円から!燃費は26.2km/L!3月1日発売!

日産の人気ミニバン「セレナ」に、待望のe-powerが登場!発売が延期されていましたが、2018年3月1日に正式発売となります! 新型日産セレナe-powerの価格やスペックをお届けします。

セレナe-powerの価格は296.8万円から!燃費は26.2km/L!3月1日発売!

新型日産セレナe-powerが2018年3月1日に発売!

 (24530)

当初は2017年の中盤にも発売されると噂だった日産セレナe-powerですが、送れること半年近くでようやく3月1日に発売となりました。

「新型日産セレナe-power」は、ノートe-powerに搭載されたものと同様のパワートレインが採用されています。
通常のハイブリッドとは違うのが、e-powerではエンジンは動力には使用されず、発電用のレンジエクステンダーとしての役割を果たします。

駆動にはモーター単独で加減速を行い、そのためアクセルペダル一つで加減速を調整できるワンペダルスタイルになっています。
アクセルを踏めば、モーターのトルクが最大限に発揮され、いきなりトルクピークで走り出せます。

減速時にはアクセルを離せば回生ブレーキが作動し、通常のハイブリッドよりもグンと減速感が得られます。
なので基本的にはブレーキはあまり使わず、ワンペダルで操作ができるのが新しい感覚になっている車です。

これは、日産に限らず、先に発売されているBMW i3などでも同様。
技術の日産とCMで打ち出していますが、BMWのほうがワンペダルは先だったんですよね。

新型日産セレナe-powerの燃費は26.2km/Lでクラス最高レベル!

新型日産セレナe-powerの燃費は、26.2km/Lと、昨年デビューしたステップワゴンハイブリッドの25.0km/Lを超えてきましたね。

新型日産セレナe-POWERのエクステリアは?

2017年の東京モーターショーではひっそりと新型日産セレナe-powerが先行展示されていたので、エクステリアはその際に確認できました。
 (24527)

通常のセレナとは異なり、セレナe-powerではブルーをアクセントにしたパーツがいくつか配されています。

タイヤ&ホイールは15インチで少しおとなしめの印象ですが、燃費と乗り心地はこちらのほうが良いでしょう。
サイドスポイラーなども専用設計で、燃費向上に貢献。
 (24529)

新型日産セレナe-POWERの先進装備

新型日産セレナe-POWERでは、モーター100%ならではのトルクフルな走りに加え、新機能として、信也や早朝などに住宅街を走行する際のエンジンの騒音対策として、なるべくバッテリーだけで静かに走行する「マナーモード」や、「マナーモード」が使えるようバッテリーを充電しておく「チャージモード」も新設しました。

また、日産が推進する「インテリジェントモビリティ」の先進機能として、セレナe-POWERにも高速道路の同一車線において、アクセル、ブレーキ、ステアリングのすべてを自動的に制御する“プロパイロット”が採用されています。
さらに、インテリジェントエマージェンシーブレーキ、車線逸脱警報、ハイビームアシストを標準装備し、メーカーオプションとして踏み間違い衝突防止アシストも用意することで、経済産業省や国土交通省などが普及啓発をしている、安全運転サポート車、“セーフティ・サポートカーS(サポカーS)”のワイドに対応しています。
 (24539)

新型日産セレナのe-POWERの価格とライバルは?

新型日産セレナe-POWERの駆動方式はすべてFFで、車両本体価格は296万8920円から340万4160円となっています。

グレード別の価格例は以下の通り。

セレナe-POWER X 296万8920円
セレナe-POWER XV 312万8760円
セレナe-POWER ハイウェイスター 317万8440円
セレナe-POWER ハイウェイスターV 340万4160円

300万円を切る価格帯からラインナップされているのは戦略的ですね。
装備内容などによってはコミコミ価格は意外と高くなるかもしれませんので、いろんなグレードで見積もりを取るのがよいでしょう。
 (24537)

ライバルとして想定されるホンダのステップワゴンスパーダハイブリッドは、330万0480円からとなっています。
ステップワゴンハイブリッドはスパーダというエアログレードのみのハイエンド展開となっているので、価格面ではセレナe-POWERのほうがエントリーしやすそうです。
 (24538)

一方で、トヨタのノア・ヴォクシー・エスクァイアの3兄弟は、ハイブリッドモデルは301万4280円からとなっています。
燃費も23.8km/Lに留まり、電動パーキングブレーキや全車速対応のアダプティブクルーズコントロールなども用意されないため、セレナのほうが圧倒的に有利です。

燃費面や先進装備でも勝るセレナが、どこまで伸びていくのか、注目が集まります。
23 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部