2017年9月12日 更新

インドネシア国際オートショーで鮮烈デビュー!三菱「エクスパンダー」

第25回インドネシア国際オートショーで世界に向けてお披露目された三菱「エクスパンダー」。優れた居住性や多用途性を誇るMPVと、美しいスタイリングと優れた走りのSUVを融合させた次世代クロスオーバーMPVが注目なのでご紹介します。

インドネシア国際オートショーで鮮烈デビュー!三菱「エクスパンダー」

エクステリアについて

ギャラリー | 2017年インドネシア国際オートショー | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (14461)

パジェロスポーツの力強さなどを引き継ぎ、今までのコンパクトなMPVクラスとは異なるエクステリアに仕上がりました。
ギャラリー | 2017年インドネシア国際オートショー | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (14462)

フロントマスクのセンターに配置したラジエーターグリルを、アンダーガードと左と右のコーナー(バンパー)で包むようにすることで、人間と自動車を守る機能と力強さを表現。

位置を高くし被視認性を向上させたLEDポジションランプ、低い位置に配置したヘッドライトにより、機能性に特化した個性的なデザインに。
エクスパンダー | 2017年インドネシア国際オートショー | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (14463)

L字型に輝くLEDテールランプは特徴的で、先進性も兼ね備えています。

インテリアについて

ギャラリー | 2017年インドネシア国際オートショー | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (14464)

前方視界は良く、開放感が感じられる室内空間はクラストップ。フラットなイメージのインストルメントパネルの上部をアーチ状にすることで、搭乗者は包み込まれるような感覚になります。

ハイコントラストメーターを採用し、視認性を向上させました。また、エコドライブなどを表示するマルチインフォメーションカラー液晶ディスプレイも採用。
 (14465)

6:4分割で前倒し可能な2列目シート、5:5分割で片方ずつ前倒し可能な3列目シートを採用。荷室モードでは、2列目と3列目のシートを倒すことでフルフラットとなり、広々した積載スペースが出現します。

シートバック(2列目中央席)を前倒しすると大型アームレストに早変わり。大型アームレストの上にできた空間を利用して長尺物を積載することもできます。
車内には合計16本のペットボトルが収納可能なドリンクホルダーやスマートフォンを置けるスペースが用意されています。更に、列ごとに配置したACCソケットで、充電も可能。

走りについて

ギャラリー | 2017年インドネシア国際オートショー | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (14466)

操縦安定性と乗り心地を両立させるために、軽量化した高剛性ボディと最適化したサスを採用。

最低地上高はクラストップレベルとなる205mmを確保することで、砂利路などでも安心して走ることできます。
ギャラリー | 2017年インドネシア国際オートショー | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (14467)

静粛性を向上させた1.5L DOHC 16バルブ MIVECエンジンに5M/Tや4A/Tを組み合わせることにより、低燃費でありながら、パワフルな走りを実現。
アクティブセーフティも充実しており、ABSをはじめ、アクティブスタビリティコントロール(ASC)、ヒルスタートアシスト(HAS)、エマージェンシーストップシグナルシステム(ESS)を採用しました。

価格について

 (14468)

インドネシアでの車両本体メーカー希望小売価格価格は、次の通りです。単位はルピア。

GLX(5M/T):189,050,000 Rp.
GLS(5M/T):208,550,000 Rp.
Exceed(5M/T):214,550,000 Rp.
Exceed(4A/T):224,950,000 Rp.
Sport(4A/T):237,150,000 Rp.
Ultimate(4A/T):245,350,000 Rp.

まとめ

挑戦的なエクステリアデザインの「エクスパンダー」は、勇猛果敢なイメージが漂います。
厚みのあるボディを利用して、上手く配置された灯火類によって、今までにないフロントマスクが完成させたことは素晴らしいですね。
28 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

dreamber123123 dreamber123123