2017年8月3日 更新

スズキ エスクードにターボ搭載モデルが追加発売!

4代目モデルとして2015年10月に登場したスズキのコンパクトSUV「エスクード」。 新グレードとなるターボ搭載モデル「エスクード1.4ターボ」が2017年7月26日に発売されました。 基本性能では世界的に評価の高いモデルでありながら、国内市場では活躍が目立ちにくい「エスクード」。 「性能」と「装備」そして「価格」を検証してみると、実はお買い得モデルなのかもしれません。

スズキ エスクードにターボ搭載モデルが追加発売!

衝突被害軽減システム「レーダーブレーキサポートII」標準装備

ミリ波レーダーで前方の車両を検知、衝突の回避または衝突時の被害軽減を制御する「レーダーブレーキサポートII」「前方衝突警報機能」、「前方衝突警報ブレーキ機能」、「前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能」さらに「自動ブレーキ機能」4つの機能でドライバーの安心感をサポート。
すでにバレーノなどの車種にも搭載されている機能です。
スズキ株式会社 (12783)

カラー/価格

スズキ株式会社 (12785)

ブライトレッド5 ブラック2トーンルーフ
スズキ株式会社 (12787)

アトランティスターコイズパールメタリックブラック2トーンルーフ
スズキ株式会社 (12793)

サバンナアイボリーメタリック ブラック2トーンルーフ
スズキ株式会社 (12791)

クールホワイトパール
スズキ株式会社 (12789)

コスミックブラックパールメタリック
スズキ株式会社 (12795)

ギャラクティックグレーメタリック
◆カラー/全6色
※ブライトレッド5 ブラック2トーンルーフ、サバンナアイボリーメタリック ブラック2トーンルーフ、アトランティスターコイズパールメタリック ブラック2トーンルーフ塗装車は43,200円高
※クールホワイトパール塗装車は21,600円高(共に消費税込み)

◆グレード/2グレード
エスクード1.4ターボ(フルタイム4WD・6AT)¥2,586,600-(メーカー希望小売価格/税込)
エスクード1.6(フルタイム4WD・6AT)¥2,343,600-(メーカー希望小売価格/税込)

エスクード1.6モデルより、¥243,000アップでターボモデルが買えるというのは、実にお買い得モデルなのではないでしょうか。
 
「エスクード」は、スズキの子会社であるマジャールスズキ社がハンガリーで製造し、日本に輸入されているモデル。もちろん日本仕様。
スズキのSUVグローバル戦略車として販売展開されているため、海外では一定の知名度、評価を得ているものの、国内市場においては「マイナー車」のジャンルの位置づけの印象があります。
しかしながら搭載されている基本性能や技術は、スズキ独自のクルマづくりが凝縮して詰め込まれた車種でありながら、実にリーズナブルな価格設定になっているため、お買い得モデルと個人的には思っています。

今回新採用となった「1.4L直噴ターボエンジン」は、今後、他車種にも搭載されることになるでしょうから、「エスクード」の評判がどう影響与えるのかを注目していきたいと思います。
38 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

たけぞう たけぞう