2019年4月10日 更新

三菱のeKシリーズにSUVテイストのモデルが登場!eKクロスの詳細を紹介します!

三菱のeKワゴンが今年3月28日にフルモデルチェンジを行いましたが、それと同時にSUVテイストのeKクロスが登場しました。今回はそんなeKクロスの詳細を紹介します。

三菱のeKシリーズにSUVテイストのモデルが登場!eKクロスの詳細を紹介します!

eKクロスってどんな車?

エクステリア | eKクロス | 軽自動車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (58244)

eKクロスは、三菱が製造・販売しているSUVテイストの軽自動車です。eKワゴンのフルモデルチェンジと同時に登場し、今年の3月28日から販売されています。新型eKワゴンの派生モデルとして開発されたこともあって、同時発売した日産デイズとの共通点はありますが、このeKクロスは三菱ブランドの専売車種であり、SUVテイストがより色濃く表現したモデルです。

eKクロスの外観

エクステリア | eKクロス | 軽自動車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (58245)

eKクロスの外観は、ミニバンのような力強いフロントフェイスが特徴的です。同社のデリカD:5と同様の三菱のデザインコンセプト『ダイナミックシールド』が採用されているので、アクティブで存在感あるSUVテイストが表現できているのです。車体寸法は、全長3,395mm・全幅1,475mm・全高1,640mmとしっかりと軽自動車の枠に収まっているので、小回り性能などの運転しやすさも抜群です。

eKクロスの内装

運転席周り

インテリア | eKクロス | 軽自動車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (58250)

eKクロスの運転席周りは、同じeKシリーズのeKワゴンと同様に先進装備が充実しています。シフトレバーの左隣には先代のeKワゴンから引き継ぎ改良されたタッチパネル式オートエアコンを採用し、ビジュアル的にも先進性を感じさせます。シフトレバー右隣には電子制御式パーキングブレーキを採用し、サイドブレーキをかけるのも容易で便利な機能です。

室内空間

インテリア | eKクロス | 軽自動車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (58253)

eKクロスの室内空間は、「飾らない居心地のよさとカジュアルに着こなす贅沢を」をコンセプトに、おしゃれさと実用性を追求されています。座り心地の良さそうなファブリック素材のシートでドライブ中も快適に過ごせますし、何より後席スペースも広いので、乗降性も良く、大人4人が快適に乗車できます。

ラゲッジスペース

収納スペース・その他装備 | 装備・メーカーオプション | eKクロス | 軽自動車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (58257)

eKクロスのラゲッジスペースもアレンジ方法によって自由自在にスペースが広がります。
テールゲートを開けて荷物を積み込むとき、後席中央上部のレバーを引けば、後席を前後にスライドさせることができますし、ラゲッジフロアボードも後席と一緒にスライドできます。また、分割リクライニングしたり、フルフラットにしたりも可能なので、シーンによって使い分けができるのが魅力的です。

eKクロスの走行性能

走行性能 | 性能・特長 | eKクロス | 軽自動車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (58260)

eKクロスの燃費性能は、JC08モードで最大29.8km/L・WLTCモードで最大21.2km/Lとなっています。
ECOな走りを賢くアシストしてくれるHYBRIDシステムを搭載しており、減速時のエネルギーで発電した電力をリチウムイオンバッテリーに効率よく充電し、加速時にモーターでエンジンをアシストすることで、トルクフルで低燃費な走りを実現してくれます。スズキでいうマイルドハイブリッドシステムと同様のシステムになります。

「MI-PILOT」

MI-PILOT | 性能・特長 | eKクロス | 軽自動車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (58263)

eKクロスも、新型eKワゴンと同様に高速道路での同一車線運転支援技術「MI-PILOT」を採用しています。
前のクルマとの距離をキープする「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」と、白線を検知し車線中央を走る手助けをする「車線維持支援機能(LKA)」の2つの機能で運転を支援する画期的なシステムが、高速道路で感じていたストレスや疲労を軽減してくれます。これでロングドライブにも不安を感じなくなります。

eKクロスの価格

eKクロスの価格は、1,414,800円(M)~1,765,800円(T)になっています。
新型eKワゴンより少し価格は高めですが、SUVテイストの魅力的な外観と先進装備などを考慮するとお買い得だと思います。

まとめ

今回は三菱のSUVテイストの軽自動車であるeKクロスの詳細を紹介してきました。
新型eKワゴンにはないSUVテイストの外観と力強いフロントフェイスは、軽自動車であることを忘れてしまうほどの良い仕上がりになっています。気になられた方は是非一度試乗してみてはいかがでしょうか?
26 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi