2019年5月12日 更新

使い勝手の良いトールワゴン!トヨタのポルテの魅力を紹介します!

ポルテは4ドアタイプのトールワゴンですが、5ドアタイプのクルマと変わらないほど使い勝手の良いクルマになっています。今回はそんなポルテの魅力を紹介していきます。

使い勝手の良いトールワゴン!トヨタのポルテの魅力を紹介します!

ポルテってどんなクルマ?

トヨタ ポルテ | スタイル・カラー | トヨタ自動車WEBサイト (60301)

ポルテは、トヨタが2004年から販売している4ドアタイプのトールワゴンです。現行モデルは2代目のモデルであり、2012年から販売されています。また初代モデルはダイハツが生産していましたが、現行の2代目からはトヨタが生産しています。
4ドアタイプのクルマは、ドアが少ないぶん後席の乗降性が悪く不便なイメージがありますが、このポルテは5ドアに負けないくらいの乗降性と広い室内空間を持ち合わせているのです。今回はそんなポルテの魅力を以下に紹介していきたいと思います。

ポルテの外観

トヨタ ポルテ | スタイル・カラー | トヨタ自動車WEBサイト (60283)

外観は、助手席側に1ドア、運転席側に前席・後席分の2ドアとリアの1ドアという仕様になっています。全体のデザインも個性が強くないので、ユーザーを選ばないオールラウンダーのクルマになっています。

ポルテの乗降性

トヨタ ポルテ | スタイル・カラー | トヨタ自動車WEBサイト (60286)

助手席側の扉は1ドアですが、大型のスライドドアが装備され、床面も低く設計されており、乗降がとてもしやすいです。子供や荷物を抱えているお母さんや、足腰の弱い年配の方でも安心して車の乗降が出来るようになっています。ファミリー層に愛される理由としてこの点が大きなメリットになっているのです。

ポルテの内装

運転席周り

トヨタ ポルテ | 室内・インテリア | 室内装備 | トヨタ自動車WEBサイト (60289)

運転席周りのデザインはかなり個性的です。乗降性を高める楕円形のステアリングホイールの向こう側にはメーターパネルがなく、ほぼセンターの高い位置にスピードメーターがマルチファンクションディスプレーと組み合わせて設定されています。

室内空間

トヨタ ポルテ | 室内・インテリア | 室内空間 | トヨタ自動車WEBサイト (60293)

室内空間は、前席・後席とも外観からは想像もつかないほど快適です。またポルテの後席スペースは、大人も余裕で足が組める広さが自慢であり、頭の上にも広々としたゆとりの空間を確保しています。また運転席・助手席間だけでなく、前後席の間にも人がすっと通れるスペースがあるウォークスルーを採用しているので、停車中のお子さんやペットの移動にも貢献してくれます。
トヨタ ポルテ | 室内・インテリア | 室内空間 | トヨタ自動車WEBサイト (60295)

ラゲッジスペース

トヨタ ポルテ | 室内・インテリア | 室内空間 | トヨタ自動車WEBサイト (60297)

ラゲッジスペースは、広い開口幅のおかげで大きな荷物も出し入れ楽々です。旅行や買い物など、荷物が多くなってしまった時もしっかり活躍してくれます。また6:4分割可倒式リヤシートを採用しているので、リヤシートの片側だけクッション(座面)をはね上げれば、26インチの自転車も電動スライドドアから楽に室内へ積み込めます。ベビーカーも、乗り降りの度にバックドアを開けて出し入れすることなく、後席に置いておけます。
トヨタ ポルテ | 室内・インテリア | 室内空間 | トヨタ自動車WEBサイト (60299)

ポルテの走行性能

トヨタ ポルテ | スタイル・カラー | トヨタ自動車WEBサイト (60302)

燃費性能は、JC08モードで最大22.2km/Lとなっています。
エンジンは、1.5L 2NR-FKE VVT-iEエンジンを採用しており、トヨタがハイブリッドカーで培ってきた、高圧縮比&アトキンソンサイクル、クールドEGR(排出ガス再循環)システム、低フリクション技術に加え、可変バルブタイミングを電動モーターで制御するVVT-iEを採用し、ハイブリッド並みの優れた熱効率を実現しています。燃費と走りを高次元で両立したエンジンであり、さらに、アイドリングストップ機能との融合により、優れた燃費性能を実現しています。
4WDモデルのエンジンは、1.5L 1NZ-FE VVT-iエンジンを搭載しており、燃費性能はJC08モードで16.0km/Lと、2WDモデルに比べたら数値は下がってしまいます。

ポルテの価格

価格は、1,828,440円(X)~1,979,640円(特別仕様車 F“Raffine”)になっています。
価格面も上位グレードで本体価格が200万円を超えないため、購入しやすい価格になっています。

まとめ

今回はトヨタのトールワゴンであるポルテの魅力を紹介してきました。
デザインも万人に受け入れられるものですし、室内空間も広々と快適です。燃費性能や走行性能も申し分ないので、価格以上にメリットの多いクルマです。気になられた方は是非一度試乗してみてはいかがでしょうか?
28 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi