2018年4月30日 更新

VW新型Polo GTI が発表されました。発売日・価格情報を予想!

Polo(ポロ)に新型GTIが登場することが発表されました。さらにGTIの称号にふさわしい作りこみとなっているようです。このポロを追って見ます!

VW新型Polo GTI が発表されました。発売日・価格情報を予想!

新型ポロGTIってどんな車に仕上がっているでしょうか?

フォルクスワーゲンのGTIモデルとは、通常のモデルとは明らかに違うハイスペックを持たせているモデルです。
より速く、より力強いスペックのエンジンやサスペンションが奢られ、伝統のチェックのシートなどが特徴となります。

ポロGTIも歴代で存在していますが、今回の新型ポロが歴代で最強となるのは間違いないでしょう。

フォルクスワーデンでも、この新型ポロではスピードを上げるためのチューニングを行い、GTIすなわちグランツーリスモを新型でさらに注入していると語っています。

新型ポロのエクステリアデザインから!

フロント周りでは、スポイラーリップとフォグランプが一体化したデザインをGTI仕様では採用しています。
これにより通常ポロとのスポーツ感の違いを作り上げているといえるでしょう!
そしてグリル中央のレッドラインは、GTIの伝統的なラインでもあります。

また、ヘッドライトもLEDとなっており、グリルのレッドラインと一体を成すように、ヘッドライト内にもレッドラインがあしらわれています。ポロGTI特有の仕様となっているようです。

そしてグリルには、特別であるということを証明するかのように、GTIのロゴが携えられています。
https://www.netcarshow.com/volkswagen/2018-polo_gti/ (20496)

via https://www.netcarshow.com/volkswagen/2018-polo_gti/
サイドビューでは、やはりこのボディーサイズでは非常に大きめの215/45R17インチを採用している点ではないでしょうか?
さらに、オプションで215/40R18の購入も可能とされています。
ホイールは、合金製のホイール内側がブラックで塗られているハイシャイン仕様とのことです。

このサイズのホイールを装着させても尚、スピード感が有るということは、パワートレーンもどのようなチューニングを施しているか楽しみになりますね(後述記載)。
https://www.netcarshow.com/volkswagen/2018-polo_gti/ (20505)

via https://www.netcarshow.com/volkswagen/2018-polo_gti/
GTIの特徴として、ルーフスポイラーの先端がブラックとなっている点でしょう!これは、リアスポイラー下部のブラックとあいまってスポーツ感とGTIであることを象徴していると思います。

更に、クロム製デュアルテールパイプも今回ポロGTIに与えられているものであります。テールライトは、フォルクスワーゲン独自のLEDライトクラスターとなっています。そしてリアにもGTIのロゴが記載されております。

https://www.netcarshow.com/volkswagen/2018-polo_gti/ (20506)

via https://www.netcarshow.com/volkswagen/2018-polo_gti/
フロントフェンダーには、クロームの中にGTIを象徴するレッド、そしてGTIの文字が光っていますね!
https://www.netcarshow.com/volkswagen/2018-polo_gti/ (20508)

via https://www.netcarshow.com/volkswagen/2018-polo_gti/

インテリア部分は!

ポロにも例外なく、GTIにカスタマイズされたインテリアに仕上がっています。黒・赤・グレー・クロームを基調にインテリアを構成しているようです。なかでもGTIにふさわしい赤のラインが象徴的となっていると筆者は感じます。

スポーツステアリングホイールに、ギアシフトレバー等をスポーツ仕様にすることでGTIとしての価値観を更に上げているのではないでしょうか?!
https://www.netcarshow.com/volkswagen/2018-polo_gti/ (20507)

via https://www.netcarshow.com/volkswagen/2018-polo_gti/
メーター周りには、フォルクスワーゲンでの最新技術が惜しみなく盛り込まれているようです。それが、アクティブインフォディスプレイです。

このディスプレイは、標準的な回転計とスピードの計器を備えた画面、ダイヤルのないデジタル画面、補足情報を表示したデジタル画面と3つの機能を迅速に切り替えることが可能です。
https://www.netcarshow.com/volkswagen/2018-polo_gti/ (20509)

via https://www.netcarshow.com/volkswagen/2018-polo_gti/
メーターの中央にナビ画面を表示させることも可能です。

アウディのバーチャルコクピットのように、GoogleMAPを表示させることは出来ませんが、ナビ案内をメーター内に表示させることができるので視線の移動が少なく済みます。

パワートレーンはいかに!

今回のポロに採用されているのは、2000ccの直噴4気筒ターボエンジン、200psを発生するとなっています。以前までのモデルは、1800cc(現行型)でしたのでさらにパワーアップして登場となります。
https://www.netcarshow.com/volkswagen/2018-polo_gti/ (20511)

via https://www.netcarshow.com/volkswagen/2018-polo_gti/
ポロGTIは、スポーツランニングギアを標準装備したポロで唯一の仕様です。このスポーツランニングギアとは、スプリング・補助スプリング・ショックアブソーバーにアンチロールバーの組み合わせで走行方法の変化楽しめるようになっているとのことです。

https://www.netcarshow.com/volkswagen/2018-polo_gti/ (20512)

via https://www.netcarshow.com/volkswagen/2018-polo_gti/
安全装備は、GTIでも豊富に標準装備されています。
ブラインドスポットモニタ
後部交通警報
ドライバーアラートシステム
自動衝突後制動システム
積極的な乗員保護システム
アダプティブクルーズコントロール
フロントアシストエリアモニタリングシステム
都市緊急ブレーキ
運転プロフィールの選択
パークアシスト
タイヤ圧力損失インジケータ

参考URL
http://allinsafety.volkswagen.co.jp/stage1/#front

新型ポロGTIの発売時期・価格は?

ポロGTI発売は、2018年とのことです。現行車の日本での価格は、6速マニュアルで3,279,000円から、7速オートマで3,379,000円からとなっています。

新型のポロGTIは、200㏄のエンジン排気量アップや最新式のインフォディスプレイ及び安全装備の関係で350万円ほどからのスタートになると筆者は予想します。新型ポロGTIの登場を楽しみにしたいと思います!!!
25 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me