2017年7月31日 更新

マツダCX-8が、公式に公開されました!発売日は、2017年11月29日!予約もすでに開始!

以前筆者もCX-8の記事を書きました。そのCX-8が2017/7/25にマツダの公式ブログZOOM-ZOOM BLOGで公式に外装が発表されました。発表を受けて追加の記事・気になるところを書いていきます!

CX-8の予想対決、chibica編集部VS筆者ではどちらが当たってる?

以前chibica編集部でCX-8を記事に!

筆者が以前記事にしたCX-8の記事

まだ全方位の画像がないのですが…。7/25に公式公開されました!

CX-5よりも若干低重心に見える気がするCX-8。
ホイールベースもリアの張り出し量もCX-5よりは長いというのが明らかです。それは、5人乗車でなく6-7人乗車であることの証です!!!

CX-8

 (12667)

CX-5

【MAZDA】エクステリア|CX-5 (12583)

今回マツダで公開されたことから更に予測をしたとすると!!!

マツダの公式発表では、2017年中に発売とのことですが2017年でも結構早い時期に発売開始されることが予想されます。
既に外観や内装関連も仕上がっているように見えます。2017年10月くらいにはお目見えすると感じます。
マツダとしては、新世代SUVとしては初めて3列シートを採用しております。そしてマツダとしては、最上位のモデルとなります。
よって、この最上位にふさわしい、質感、外装、デザインを目指してきたと考えられます。
先に発売のCX-3やCX-3、そしてロードスターを開発した時同様又は、それ以上になっていることと感じます。
公式ブログでも発表されているように、デザインは、TIMELESS EDGYコンセプトと魂動というテーマにて高次元の深化に発展させたCX-8となります。国内SUVの最上級を狙っていくと予想します。

実はこのマツダのコンセプトは、非常に他メーカーと違う部分があってよいと筆者としては考えます。
マツダホームページからこの思想を追って見ます。
参考
http://www.mazda.co.jp/beadriver/design/?link_id=sbnv

①CX-5では、REFINED TOUGHNESSをキーワードにしています。
日本の美意識に着目し、ムダを省き、研ぎ澄まされた美しさを追求。そして、そこに子魂動(心を揺さぶるほどの美しさを深化させる)ものを融合したデザインをコンセプトにしております。
CX-8では、TIMELESS EDGYをキーワードに、時を経ても乗り手が感性を継続刺激される先進性デザインを求め、魂動をより高い次元へと深化させ融合したデザインを目的にしています。
※まるで1つのオブジェを形作るかのようなデザインにマツダの車種ラインアップは、出来ているということです。

②匠塗
まるで熟練が塗装したかのような塗りの技術向上

③そのほかプレス技術、クレイモデラー、ハードモデラー等、マツダの職人さんが実名で登場して日本人ならではの
精巧で洗練された技術を車に与えていると感じます。

勿論今回のCX-8も日本の最上位SUVとしての地位を確立するためにこの技術を惜しみなく活用してきたと考えます。

匠塗装

 (12670)

今回発表の緒元からわかること!!!

CX-8の発表された緒元
全長×全幅×全高  4900×1840×1730(mm)
ホイールベース   2930mm
エンジン       SKYACTIV-D 2.2(2200cc)
乗車人数       6・7人乗り

CX-5の緒元
全長×全幅×全高  4545×1840×1690(mm)
ホイールベース   2700mm
エンジン       SKYACTIV-D 2.2(2200cc)
乗車人数       5人乗り

筆者が1番注目したのは、実は全長。ヨーロッパ等で販売されているCX-9は5000mmなので、ほぼ長さは変わらないことになります。これにより、まずは2列シートから3列シートに出来たということです。この全長ということはCX-9と同様の縦の空間は確保されたと考えます。

次に注目したのは、全高CX-5より40mm高くなっております。3列目までの頭上のスペースを確保できるように工夫が施されていると考えます。実は、最低地上高もCX-5よりも30mmほど低くして登場するのではないかと感じます。
これにより窮屈でない高さの乗車スペースを確保出来ていると感じます。

あとは、気になることがあります。現在2200ccのディーゼルとして公表されました。
これに関しては、CX-3の発売当初のように最初は、ディーゼルから発売してガソリンの追加になるのか、それとも実は、発売開始からガソリンの設定があるのかが非常に筆者も知りたいところで御座います。

4/28時点で公式発表の内装

 (12675)

25 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me