2018年12月27日 更新

トヨタ「スペイド」の特徴や性能、価格を教えて!

トヨタ自動車が販売をする4ドアトールワゴン「スペイド」の特徴について詳しくご紹介します。

トヨタ「スペイド」の特徴や性能、価格を教えて!

スペイドの特徴や歴史

価格.com - スペイド 2012年モデル の製品画像 (53367)

スペイドは、4ドアのトールワゴンタイプの車です。
フルモデルチェンジをした2代目のポルテと同時に発表されています。
ポルテとスペイドは姉妹車となっていて、最近のミニバンでは多いシートアレンジの豊富さがスペイドには備わっています。

また、特徴的なのはスライドドアです。
他のミニバンでもスライドドアは付いていますが、スペイドのスライドドアは特徴的なデザインと作りになっています。
それは、左側のドアが1枚しかないからです。
この左側の1ドアを見れば、すぐにトヨタのスペイドかポルテだと分かるくらいに特徴的であることが分かります。
利便性の高さは人によって良いと感じたり、良くないと感じたりもするスライドドアですが、さりげなく他のコンパクトカーやミニバンとの印象に差をつけていること分かります。
トヨタ スペイド | スタイル・カラー | トヨタ自動車WEBサイト (53371)

ちなみに、スライドドアの大きさは開口幅1,020mm×開口高1,250mmとなっています。ワイヤレス電動スライドドアを助手席側に標準装備しています。
更に、2012年に初代が販売されていて、未だにフルモデルチェンジをしていないのです。
販売されてから6年が経過するので、2020年の東京オリンピック開催までにはモデルチェンジを行うことが予想できます。

スペイドの走行性能や燃費は?

トヨタ スペイド | ギャラリー | トヨタ自動車WEBサイト (53368)

スペイドにはハイブリッドが存在しませんが、 ハイブリッド技術を採用したエンジンをガソリンモデルに搭載しています。
このエンジンを搭載する技術はアトキンソンサイクルと呼び、ガソリン車でも高圧縮比化により優れた熱効率を実現するので、ハイブリッド並みの低燃費走行をすることができるのです。
スペイドには1.5L 2NR-FKE VVT-iEエンジンが搭載されています。
ガソリンモデルでも22.2km/Lを出していることが分かります。
更に、スペイドには4WD仕様のモデルもあり、アクティブトルクコントロール4WDが採用されています。
通常の走行時には燃費効率のよい走りを実現し、発進・加速時や滑りやすい路面、コーナリング時には車両の状態に合わせて最適な駆動力を後輪に配分します。
トヨタ スペイド | スタイル・カラー | トヨタ自動車WEBサイト (53373)

また、スペイドは加速力にも少し優れています。
加速力はパワーウェイトレシオと呼び、車両総重量を最高出力で割ると、その加速力を求めることができます。
車両総重量÷最高出力(kW)=パワーウェイトレシオ(kg/ps)となります。
スペイドの場合、車両総重量が1,445kgあり、最高出力は80kWを出しているので、パワーウェイトレシオは18.0kg/psになることが分かります。
15kg/ps〜20kg/psの間であれば、アクセルを踏み込んだ際の加速力を充分に実感できます。

また、スペイドにはアイドリングストップ機能も搭載されているので、停車時にはエンジンが止まり、無駄なガソリン消費を抑えることができます。
尚、4WD仕様のモデルは16.0km/Lを出しますが、アウトドアや坂道を頻繁に走ることが多いのであれば、この4WD仕様のモデルの購入をオススメします。

まとめ

トヨタのスペイドは、未だにモデルチェンジを行っていません。
しかし、ファミリーカーとして大勢の方から支持を得ていることから、モデルチェンジをしなくても充分に満足できる機能性や性能を実感できるということが伺えます。
新車価格も182万円〜214万円となっているので、低燃費に頼り甲斐のある走りを実現するサブコンパクトカーを、リーズナブルな価格で購入できることになります。
また、スペイドには特別仕様車のグレードの「F“Noble collection”」が存在していて、オシャレ感の増したデザインとなっています。
少しオシャレで個性のあるスペイドを購入したい場合にはこの特別仕様車がオススメです。
そして、スペイドには自動無段変速機「Super CVT-i」が採用されているので、変速ショックの少ない走りで更に燃費に良い走りを実現できます。
14 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan