2017年12月11日 更新

スズキが「アルト ラパン」 、「ソリオ」、「イグニス」の3車種に 「Sセレクション」を追加!

スズキの軽自動車「アルト ラパン」と普通車「ソリオ」、「イグニス」の合計3車種に特別仕様車となる 「Sセレクション」追加され、12月7日に発売となりました!

スズキが「アルト ラパン」 、「ソリオ」、「イグニス」の3車種に 「Sセレクション」を追加!
スズキ株式会社は、軽乗用車「アルト ラパン」、小型乗用車「ソリオ」、「イグニス」に、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」をはじめ装備を充実させた特別仕様車「Sセレクション」を設定し、12月7日より発売する。
スズキは12月7日に、自社の軽自動車である「アルト ラパン」、小型乗用車の「ソリオ」、「イグニス」の3車種に対して「スズキ セーフティ サポート」などの予防安全技術を充実させた特別仕様車「Sセレクション」を追加し、発売しました!

・アルトラパン

スズキ、軽乗用車「アルト ラパン」、小型乗用車「ソリオ」、「イグニス」の3車種に特別仕様車「Sセレクション」を設定し発売|スズキ (20076)

「スズキ セーフティ サポート」としてメインとなるレーダーブレーキサポートに誤発進抑制機能搭載し、全方位モニター用カメラパッケージをメーカーオプションにて設定されております。通常グレードであるSをベースに、2種類のシートと7色の車体色から選択が可能で、インテリアは、キルティング柄とチェック柄の特別色2種類が可能。

他にも専用ドアトリムクロスやヴィンテージ調の木目柄が採用されたインパネなどインテリアの随所に落ち着いた印象と遊び心が見られるデザインにまとまっています。2トーンルーフや、専用メッキフロントグリル、「ナノイー」搭載フルオートエアコンなど、特別仕様車らしさを至る所で感じられる1台へと仕上がっております。

なお価格は、2WDが1,333,800円となっており、4WDは1,433,160円となっております。
今回「Sセレクション」として、追加された主な装備内容は以下の通りです。

・ソリオ

スズキ、軽乗用車「アルト ラパン」、小型乗用車「ソリオ」、「イグニス」の3車種に特別仕様車「Sセレクション」を設定し発売|スズキ (20084)

ソリオには、「スズキ セーフティ サポート」としてメインとなるデュアルカメラブレーキサポートに誤発進抑制機能や車線逸脱警報機能など様々な安全技術を搭載した他、全方位モニター用カメラパッケージをメーカーオプションにて設定されております。

車両のベースには通常グレードのGが使用され、フロントシートSRSサイドエアバッグを採用し、さらなる安全性能に磨きがかけられただけでなく、「ナノイー」搭載フルオートエアコンなどプレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)快適性に関しても高い満足度が得られる1台へと仕上がっております。

その他にも、後席両側ワンアクションパワースライドドアなどさらに便利な機能が追加され、エクステリアも特別設定のブラック2トーンルーフ2色を追加するなど、エクステリア、インテリア共に特別仕様車らしさの感じることができる1台となっています。

なお価格は2WDが1,654,560円、4WDが1,780,920円となっております。

・イグニス

スズキ、軽乗用車「アルト ラパン」、小型乗用車「ソリオ」、「イグニス」の3車種に特別仕様車「Sセレクション」を設定し発売|スズキ (20086)

イグニス にもソリオ同様に、「スズキ セーフティ サポート」としてメインとなるデュアルカメラブレーキサポートに加え、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能など数多くの安全技術を搭載した他、全方位モニター用カメラパッケージがメーカーオプションにて設定されております。

通常モデルのHYBRID MXをベースに、インテリアに助手席シートヒーター(2WD車)や本革巻ステアリングホイールを、エクステリアにはLEDヘッドランプなどを装備し、内外どちらも満足できる仕上がりとなっています。ボディーカラーに関しては画像の青色を含む全8色となり、ボディーカラーに合わせて選べる2色の内装色がポイントとなっております。

なお価格は2WDが1,630,800円、2WDが1,764,720円となっております。
スズキに関しては、新型スペーシアやクロスビーの登場で何かと話題になりますが、今回ご紹介したアルトもマイナーチェンジが控えています!

どの車両も魅力的ですので、今回ご紹介した車両と共に今後の続報に期待したいところですね!
16 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部