2018年9月25日 更新

BMW Z4が遂に全貌を明らかにし、本国ドイツではファーストエディションを販売スタート!

シャーシ等トヨタと開発していたBMW Z4。トヨタでは、スープラの開発となっているモデルでもありますね。この度Z4がモデルチェンジして登場いたしました。まずは、本国でファーストエディションが販売スタート。このモデルを追いかけます!!!

BMW Z4が遂に全貌を明らかにし、本国ドイツではファーストエディションを販売スタート!

BMW Z4のエクステリア等

フロントビュー

BMW Z4の感情的で純粋なエクステリアデザインの特徴を具現化するために、フォームとディテールを綿密に設計しているとの事。表面デザインの組み合わせは、スポーツ的な魅力を最大限に表現しているとの事。

大きなダクトを備えたパワフルなエッジのフロントエプロン、幅広いBMWのキドニーグリル、外側のエッジに配置されたヘッドライトは、直ぐにZ4とわかるデザインに。

メッシュデザインのBMWキドニーグリルは、ハニカムパターンと、従来のキドニーグリルバーを連想させる縦型の配置を持つ3次元構造をモチーフに。

ヘッドライトユニットは、2つの光源が装備されている模様で、上下に配置。垂直方向のデザインは、上部に、方向指示器を備えた斜めのアクセントストリップでデザイン。BMW Z4にはLEDヘッドライトが標準装備。オプションのアダプティブLEDヘッドライトは、目立たないハイビームとコーナリングライト用のマトリックス機能がプラス。


 (44268)

サイドビュー

キドニーグリルに向けられた矢状の等高線を持つ細長いボンネットは、古典的なスポーツカーの特徴である「クラムシェル」スタイルのホイールアーチにまたがる設計。ボンネット側のジョイントは、テールライトに戻ってくる上のプレスラインに集約される印象。

サイドでは、前輪アーチの背後にある大きなエアブリーザがスポーティ感を更に演出。デザイン的な表現だけではなく、Z4のエアーレーションの基本的な要素のひとつにもなっているでしょう。

 (44269)

リアビュー

ブーツフードと調和のとれたスポイラー、そしてブランドの象徴であるL字型の細長い、水平に配置されたライトアッセンブリは、新しいBMW Z4のテールにも採用。ワイドで低フォルムの外観を印象つけますね。後部エプロンのパワフルな外観は、目を引くディフェーザーの左右したのテールパイプによってさらに強化。
 (44270)

Sport Lineは18インチの軽合金ホイールと一緒にフロントクロスバーとリアエプロンのインサートにHigh-gloss Blackのデザインを装備。

一方、Mスポーツパッケージのハイライトには、フロントエプロン用の3つのダクト、サイドスカート、リアエプロン、18インチM軽合金ホイールが装備。

BMW Z4 M40iでは、メッシュデザインのBMWキドニーグリルのサラウンドとフロントフェイス用のセリウムグレイ仕上げ、エクステリアミラーキャップと他のデザイン機能、さらに台形テールパイプを備えたスポーティな仕様にアップデート。
 (44271)

BMW Z4の内装デザイン等

BMW Z4の内装内では、ドライバーに重点を置いたデザインとし、ダイナミックライン、トリムフィニッシャーの使用は最小限に。メッキされたディテールは、ロードスターの洗練された雰囲気を。ドアパネルデザインは、外観とインテリアデザインの調和を強調しながらも、車側面に見える翼状の輪郭とシンクロ。

一体型ヘッドレスト付きのモデル特有のスポーツシートが装備されている模様。 BMW Z4sDrive30iは、ブラック、アイボリーホワイト、コニャック、マグマレッドからVernascaレザーを標準装備。それぞれコントラストステッチとパイピングが配色もされているようです。

BMW Z4 M40iの標準仕様には、レザーとアルカンターラのインテリア(ブルーコントラストステッチとブルーパイピング)が標準。クォーツシルバーの代わりに、トリムフィニッシャーは、ハイグロスブラック、アルミメッシュ効果、またはアルミニウムテトラゴンで指定することも可能に。

MスポーツパッケージとBMW Mパフォーマンスモデルは、Mレザーステアリングホイール、Mペダル、Mドライバーのフットレストも装備。
 (44272)

最適化され効率を備えた8速Steptronic Sportトランスミッション

新型BMW Z4の全モデルには、8速Steptronic Sportトランスミッションが標準装備。比率の広がりが広がるだけでなく、自動変速機の最新バージョンでも、よりスポーティなギヤシフトが可能な設定に。

トランスミッションのより低いギアの比率が加速を良くし、ユニットの改善された内部効率はより効果的に作動するようにアップデート。さらに、ステアリングホイールにシフトパドルがあり、マニュアルギア操作も可能。
 (44273)

BMW Z4のパワートレイン等

ロードスターのパワートレインラインナップは、
新型BMW Z4 M40iは、3000㏄の6気筒直列エンジンから、驚異的なパフォーマンスに必要なパワーを装備。シリンダーヘッドに一体化された水冷式排気マニホールド、よりシャープなターボチャージャーレスポンス、優れた加速力、最大350バールの最大圧力で作動する直接噴射技術などが最新採用。ドライバーは、最大出力250kW/340hp、500Nm(369lb-ft)のピークトルクを体感。

低排出ガスでより多くのパワーを大前提の新設計4気筒エンジン
4気筒のユニットの投入。2000㏄の容量を持ち、同様に電力供給、効率、排出量に関して新しい基準を設定しています。エンジンの出力は、前のエンジンに比べて10kW/13hpアップしました。彼らの更新されたBMW TwinPower Turbo Technologyパッケージには、最高圧力が350barに高められた高精度注入システムが導入。
 (44274)

まとめ

昨年辺りから新型BMW Z4の投入が噂されておりました。今年に入りいろいろ場面でZ4の画像等も流出して来ました。ようやく本国ドイツでもファーストエディションの販売開始の鐘が鳴りました。順次日本にも導入されていくでしょう!楽しみに待ちたいと思います。

22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me