2017年12月5日 更新

【LAオートショー】スバルが新型3列SUV「ASCENT(アセント)」を世界初公開!

11月末よりアメリカで開催されているロサンゼルスオートショーにて、スバルは新型3列SUV「アセント」を世界初公開しました!

【LAオートショー】スバルが新型3列SUV「ASCENT(アセント)」を世界初公開!

3列シートSUV「アセント」登場!

株式会社SUBARU ニュースリリース (19607)

アセントは、SUBARUが北米市場での更なる成長を追求し、特にファミリーユーザーに向けて新規開発した3列ミッドサイズSUVです。SUBARU共通のデザインフィロソフィー“DYNAMIC x SOLID”の下、3列ミッドサイズSUVとして重視される機能性を強調し、存在感のある内外装デザインを構築。ラインアップで最大となるボディサイズを活かし、7名・8名乗車いずれの仕様でもゆとりのある室内空間を実現しました。家族全員が移動を愉しむことができるように、様々なユーティリティを充実しつつ、SUBARU GLOBAL PLATFORMを採用することで得た高いボディ剛性によって、振動騒音を抑えた快適な移動空間としています。
スバルは11月末よりアメリカで開催されているロサンゼルスオートショーにて、北米市場に投入される新開発の3列ミッドサイズSUVである「アセント」の発表を行いました!

アセントは、スバルらしさを感じることのできるエクステリアに3列シートを可能とするスバル最大のボディーサイズで広々としたゆとりある室内空間を提供する7•8名乗車可能な3列シートSUVとなっています。

アイサイトの全グレード標準装備はもちろんのこと、スバル得意のボクサーエンジンやシンメトリカルAWDによって、広く使い勝手の良い室内空間だけでなく、SUVに必要な走行性能も備えたレベルの高い1台です。

アセントは今後、アメリカにて2018年夏に販売が開始される予定となっております。

アセントの日本発売は? 3列シートSUV「エクシーガ」の販売が終了

株式会社SUBARU ニュースリリース (19610)

チビカでも以前コンセプトモデルが取り上げられ遂にロサンゼルスオートショーで世界初公開となったアセント。そんなアセントは、2018年にアメリカでの発売が予定されているものの、現時点での日本での発売はまだ考えられていない様子。

スバルの3列シートSUVと言えば、エクシーガクロスオーバー7がありますが、残念なことに2018年春を目処に販売を終了する予定となっております。

そうなると、スバルの3列シートSUVのラインナップは0ということになりますね。

国内市場でもCX-8、ロサンゼルスオートショーではレクサスのRXやインフィニティのQX50など、スペシャリティーSUVからファミリーユース車両まで様々なSUVに3列シートの選択肢が付け加えられる中で、スバルが今後、国内にこの車両を追加するのか注目ですね!

アセントについては、以前公開したコンセプトモデルの情報と今回公開されたモデルの詳細をご紹介できればと思っておりますので、日本での発売の朗報を含めて今後にご期待ください!
8 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部