2017年11月14日 更新

BMW Concept 8 Seriesが東京モーターショーで出品確定!新型BMW8シリーズの画像やスペックを紹介!

BMWが、最高の質感と最上級の走行性能を携えて今までになかった8シリーズを開発したようです。それが、今回東京モーターショーで出展されました。デザインや開発の目的等に迫ります。

BMW Concept 8 Seriesが東京モーターショーで出品確定!新型BMW8シリーズの画像やスペックを紹介!
 (18269)

BMW Concept 8 Seriesとはどんな車?

動画が発表されましたのでこちらから!!!

BMW Group DesignのAdrian van Hooydonkシニアバイスプレジデントは次のように述べています。
「BMW Concept 8シリーズは、全面的なハイエンドの走行自動車に取り組んでいます。 「それは純粋な自動車の魅力のスライスである」と私は思っています。

参考URL
https://www.netcarshow.com/bmw/2017-8-series_concept/

BMW Concept 8 Seriesエクステリアデザイン!

https://www.netcarshow.com/bmw/2017-8-series_concept/ (16123)

via https://www.netcarshow.com/bmw/2017-8-series_concept/
BMWの話によると「外観は過去と未来を結びつけるもの」ということです。今回のBMW Concept 8 Seriesは、最高峰のシリーズとして開発されております。
今まで7シリーズまでであったBMWに、新しく最上クラスの車両を開発したということと筆者は考えます。
ですからエクステリアデザインも、まずはすぐにBMWであることがわかることと、新しいデザインフォームの提案の両方を融合させていると考えます。
ひと目でわかるデザインとは、やはり特徴的なキドニーグリルは絶対に外すことのできないBMWの特徴です。そこに新しいデザイン、例えばヘッドライト等組み合わせそして全体的なボディーフォームも曲線的でしなやかな一体感を生み出すデザインとなっていると筆者は思いました。
https://www.netcarshow.com/bmw/2017-8-series_concept/ (16124)

via https://www.netcarshow.com/bmw/2017-8-series_concept/
フロント・サイド・リアと大きく開口した部分を設け、そこを基点に張り出しやくぼみを大きく設けることで、丸みのあるデザインにスポーツ性や走行性能の高さ、そしてスピード感というものを演出していると思います。
そしてかなりの低重心にすることで更にスポーツカーであるという認識になると思います。大きく目立つホイールは、21インチ軽合金を採用しているようです。

メルセデスもAMG GT、レクサスでもLCといった、フラッグシップスポーツクーペが存在していますが、BMWの新型8シリーズもそれらと肩を並べ、さらにスポーツ性能ではBMWらしさを演出した特徴を持たせたクーペになると予想します。

今回非常に筆者が感じたことは、ライト類。BMWでも新しいデザインの採用をしているのではないかと感じます。BMWでは、全く違うものを作るのではなく、新しいものに挑戦しても、今まで作成したデザインを受け継いでいくという心情が筆者には伝わってきます。
https://www.netcarshow.com/bmw/2017-8-series_concept/ (16128)

via https://www.netcarshow.com/bmw/2017-8-series_concept/
リア下部ディフェーザー等には惜しみなくカーボン素材が使用されているようです
https://www.netcarshow.com/bmw/2017-8-series_concept/ (16125)

via https://www.netcarshow.com/bmw/2017-8-series_concept/

BMW Concept 8 Seriesのインテリア(内装)は?

最適なドライビングを提供するためのステアリング形状にドライバーへ視認性の良い向きで配置されているディスプレー等は、BMWの伝統的な作りであります。その中でもステアリングは、かなりディープな立体形状となっており特徴的だと感じます。
ただしシートは、スポーツ性能重視のバケットシートではなく若干ラグジュアリーを感じる高級志向のレザー仕様となっているのではないかと思います。

BMWの発表でも「インテリアは本質的にドライバーに焦点を当てています。ドライバーはスポーツカーに特有の密閉された雰囲気に包まれています。」とされているので、やはりラグジュアリースポーツクーペとして構成してきていると思います!
https://www.netcarshow.com/bmw/2017-8-series_concept/ (16126)

via https://www.netcarshow.com/bmw/2017-8-series_concept/
非常にすっきりとしたナビ画面は、従来のBMWと同じくダッシュボード上部に配されていますが、その周囲をレザートリムで囲っているのは新しい提案ですね。
https://www.netcarshow.com/bmw/2017-8-series_concept/ (16131)

via https://www.netcarshow.com/bmw/2017-8-series_concept/
最近の傾向ですがスポーティに走るために作られたようなシフト類。そして要所要所にカーボン素材が使われていることが伺えます
https://www.netcarshow.com/bmw/2017-8-series_concept/ (16127)

via https://www.netcarshow.com/bmw/2017-8-series_concept/
https://www.netcarshow.com/bmw/2017-8-series_concept/ (16129)

via https://www.netcarshow.com/bmw/2017-8-series_concept/
1番驚いたのが、メーターのディスプレイですがこれは筆者は画期的だと感じました。
走行ラインの先がどのようになっているのかこのディスプレーに表示されています。
しかもこの先ヘアピンカーブ等の表示もされています。現在の速度では、厳しい道では、スピードダウン等の表示もされています。非常に画期的ディスプレーと筆者は思いました!
https://www.netcarshow.com/bmw/2017-8-series_concept/ (16130)

via https://www.netcarshow.com/bmw/2017-8-series_concept/

BMW Concept 8 Seriesの発売時期は?

現時点では主要緒元等の詳細が筆者のほうでは調査しきれませんでした。もしかすると近く判明するやも知れません。筆者もわかりましたら追記できればと感じます。
BMWでは、2018年に8シリーズを販売スタートさせるべく開発していると外部にも報道しているようです。
フラッグシップがあえてクーペというスポーツモデルのコンセプトはBMWらしいとも言えますが、その走りは期待せざるを得ませんね。
 (18270)

26 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me