2018年8月23日 更新

100%電気自動車を商用車にも!日産のe-NV200の魅力を紹介します!

商用車は現場作業従事者にとって欠かせない車です。日産は100%電気自動車であるe-NV200を商用車として販売しています。これから普及していくであろう電動商用車e-NV200の魅力を紹介します。

100%電気自動車を商用車にも!日産のe-NV200の魅力を紹介します!

e-NV200ってどんな車?

日産:e-NV200 [ e-NV200 ] | 外観・内装 (40134)

e-NV200は日産が2014年から販売しているライトバン並びにミニバンタイプの電気自動車です。

ガソリン車であるNV200バネットをベースに電気自動車化し、一般的に商用車として利用されています。電力・動力関係は同社のリーフをベースとしているので、電気自動車としての走行性能はリーフと同等です。

国内他社に商用車の電気自動車は販売されていないので、電気自動車の商用車はe-NV200のみとなります。

e-NV200の外観

日産:e-NV200 [ e-NV200 ] | 外観・内装 (40135)

e-NV200はガソリン車のNV200バネットをベースにしているので、フォルムはNV200バネットとほぼ同じです。

今時のミニバンに比べるとフロントノーズが長いのが特徴的で、一目でバネットだとわかるフォルムです。
異なる点としては、電気自動車なのでフロントグリル部分に充電口が収納されています。

e-NV200の内装

日産:e-NV200 [ e-NV200 ] | 外観・内装 (40138)

e-NV200には5人乗りのバンGXと7人乗りのワゴンGの2種類の内装のモデルが用意されており、写真はバンGXになります。

商用車だけあって荷室スペースはとても広いです。これだけ広ければ様々な工具などを積むことが出来るので、現場作業時に必要な道具はこれ1台で問題ないですね。
日産:e-NV200 [ e-NV200 ] | 機能・積載・快適性 (40140)

商用バンらしいスタイルを残しながらコックピット周りはしっかり電気自動車です。先進的なブルーを基調にしたデジタルメーターは電気自動車らしい要素の一つです。

日産リーフは電制シフトを使用したり、電動パーキングブレーキを使用していますが、この部分はe-NV200ではガソリン車と同様の仕様になっています。
日産:e-NV200 [ e-NV200 ] | 外観・内装 (40141)

e-NV200の走行性能

日産:e-NV200 [ e-NV200 ] | 走行性能・バッテリー (40144)

e-NV200は商用車でもあり、電気自動車でもあります。なので従来の商用車に比べて静粛性は抜群です。

加速性能もアクセルを踏んだ瞬間からリニアに滑らかに加速し、ガソリン車のNV200バネットに比べると驚く程振動がなく静かです。

また車体下部にリチウムイオンバッテリーが搭載されていることで、車体の重心が安定し、コーナリング時もスムーズに曲がれるのも大きなメリットです。

航続可能距離はJC08モードで一充電で最大300kmとなっているので、遠方の出張でも充電回数は可能な限り少なくて済みます。近場なら無充電でも可能ですね。

e-NV200を電源として使用

日産:e-NV200 [ e-NV200 ] Webカタログ トップ (40147)

e-NV200を電源として使うことも出来ます。バッテリー容量が40kWhと大容量なので、照明など負荷が少ないものであれば問題なく使えます。

夜の現場作業などでは照明があるだけでかなり重宝されると思います。これは電気自動車の商用車を選択したならではのメリットですね。また非常時のバックアップ電源としても使用出来ます。

e-NV200の価格

日産:e-NV200 [ e-NV200 ] Webカタログ トップ (40150)

e-NV200の価格はバンのシリーズで

GXルートバン・GX(2人乗):3,954,960円~
GX(5人乗):4,054,320円~

ワゴンのシリーズで

G(5人乗):4,600,800円~
G(7人乗):4,762,800円~

になります。
価格はかなり高い印象がありますね。もう少し価格が安くなれば電気自動車の商用車がもっと普及するのではないかと思います。

まとめ

今回は日産の電気自動車であり商用車でもあるe-NV200の魅力を紹介してきました。

商用車を電気自動車にすれば、現場での電源などに使用出来たりと様々なメリットがありますが、価格だけが少し高いのが残念ですね。しかし航続距離も増して、これだけの機能があれば、価格的には高くなってしまうのも納得は出来ます。

業務で電気自動車の商用車を考えている方は、お店に出向いて試乗してみてはいかがでしょうか?
23 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

kannburi kannburi