2018年7月3日 更新

BMW X4がモデルチェンジとの事。独特なエクステリアデザインや内装等は?

BMWの中でも独特なフォルムをかもし出している現行型X4。時を経てモデルチェンジして登場しそうです。新型のBMW X4のデザイン・内装等を検証!

BMW X4がモデルチェンジとの事。独特なエクステリアデザインや内装等は?

BMW X4ってどんなクルマ?

 (34727)

初代は2014年に登場。クロスオーバーSUVの新ジャンルとしてSAV(スポーツアクティビティビークル)のX5を発表したのを皮切りに、X3、X1を発表し、次いでフォルムが独特なX4を発売。

このモデルも4年が経過し、リニューアルでモデルチェンジして登場しそうです。アップデート状況を調査!
 (34728)

新型BMW X4のエクステリアデザイン

フロントビュー

印象的なフロントの中心に立体的な大きいBMWの独特なグリルが際立っていますね。

エアインテークに一体化されたダイナミックなラインと水平フォグランプを備えたツインヘッドライトユニットが、特徴的な存在に!

BMW Xモデルでおなじみの6眼のヘッドライトは、新しいデザインへ。すべてのライトが、LED技術駆使して、さらに標準装備しているようです。
 (34908)

サイドビュー

やはり、筆者の感想としては独特なフォルムであるのではないでしょうか?!

クーペスタイルSUVの先駆者でもあると考えます。このスタイルが、今現在色々なメーカーでも出されはじめましたね!

全長×全幅×全高mm=4752×1912×1621mm
 (34909)

リアビュー

リアライトが、大幅に刷新。X4での最新デザインに。クーペスタイルのルーフラインは後部窓に滑り込むようにラインを形どっているのも魅力的。

更には、Cピラーのベースにあるホフマイスターキンクカウンタースイングの細長いラインのお陰で、全く新しいBMW X4のダイナミックなパーツを強調もしていますね。

構造化されたサーフェスと水平線が車のテールを決めてます。 3次元形状のLEDリアライトは、デザインがスリムで、リアの両サイドに鎮座。ツイン・エキゾースト・テールパイプ(すべてのエンジン・バリアントに共通)と一緒に、リア・エンドの幅を拡大した印象へ!
 (34910)

BMWの特徴であるグリルデザインが、現行型より縦に大きく、そして迫力感を増していますね!
 (34911)

スッキリしたテールランプデザインに、クーペスタイルとはっきりわかるテールゲート形状。
 (34912)

新型BMW X4の内装

オールニューとBMWでは、うたっている X4の中にある内装は、ドライバーと乗客をモダンでプレミアムな雰囲気のキャビンで包む事のようです。

ダイナミックなスタイリングは、高級感の息吹を感じられるように作成。すべてのコントロールは、BMWらしく明確に配置されていますね。

インストルメントパネルが低く、BMW Xモデルの典型的なわずかに高くなっている座席位置、運転手は前方の道路で何が起きているかをすばらしい視点で確認できるように配慮。

スポーツシート 、は大胆に輪郭を描かれたサイドのボルスターを備えた再設計品。色々なハンドリング状況でも優れた横方向のサポートを提供してくれそう。

センターコンソールの側面にある膝パッドは、スポーツ性を主張。

 (34916)

トップクラスの素材を使用し、正確なビルド品質を確保した内装は、BMW独自に細心の注意を払ったディテールへ。

インストルメントパネルとドアパネルの表面はスムーズにスリアワセされ、フロントドアとリアドアのメッキカラードされた表面にエンボス加工されたXロゴが、目を引く一品。

パワーウインドウのボタン、スタート/ストップボタン、スポーツステアリングの多機能ボタン、センターコンソールのコントロールも、メッキ加工されたオプションとして装備することも○。

照明は、センターパネルとインストルメントパネル、ドアパネル、フットウェルに装備。全く新しいBMW X4の内部の快適感を高めていますね。ライティングムードは、6色の選択が可能になっているとの事。

大型積付トレイ、広々としたドアポケット、カップホルダー、様々な収納コンパートメントは、すべて新型BMW X4の機能的特性。

すべての新型BMW X4のインストルメントパネルとドアショルダーは、Sensatecに調整可能に。
 (34914)

標準的な40:20:40の分割で後部背もたれのセクションを折り畳むことによって、必要に応じて最大1,430リットルまで収容させることができるようです。

さらに簡単にバックレスト部分をブーツから脱着可能とすることで使いやすさをアップ。

オプション装備のカーゴ機能を利用して、角度を個別に調整することも可能に!
 (34913)

新型BMW X4のパワートレイン

2種類のガソリンエンジンと2種類のディーゼルエンジンが搭載されている模様。

新型BMW X4 xDrive30iでは、4気筒ガソリンエンジンの252hp仕様。ツインスクロールターボチャージャによるスポーティーな存在として搭載。一方X4 xDrive20iでは、184hp仕様で爽快な走りを求めた点と省燃費性に有利。

新型BMW X4 xDrive30dでは、6気筒インラインディーゼルとなっており、265hpを発生。一方X4 xDrive25dでは、多段ターボチャージャー搭載の4気筒ディーゼルエンジン。231hpの最高出力。

どのエンジンでも採用されているミッションは、8速Steptronicトランスミッションとなり、BMW xDriveインテリジェント全輪駆動を標準装備しています。
 (34915)

まとめ

今回のBMW X4は、マイナーチェンジという印象。全体的なフォルムは、現行型と変わらない雰囲気で、フロント、リア周り内装を大幅に刷新。

新しくなった同車は、本国では近々販売スタートとの事。

日本への導入は、今年の秋以降になるのではないでしょうか?!
30 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me