2018年5月6日 更新

レクサスESの発売日は2018年10月?価格は545.8万円から!最新情報まとめ!

日本ではかつてウィンダムと呼ばれていたモデルが、新型レクサスESとなって日本に再上陸します。 FFサルーンという日本ではあまり需要が薄かったモデルですが、レクサスのHSやGSの後継モデルとして発売されます。 その新型レクサスESの価格や発売日など最新情報をまとめます!

レクサスESの発売日は2018年10月?価格は545.8万円から!最新情報まとめ!

北京モーターショーで新型レクサスESが発表!

2018年4月25日より中国の北京で行われる北京モーターショーで、レクサスが新型車の発表を行うとのこと。

それに伴い、新型レクサスESのティザーイメージが公開されました!
 (28880)

レクサスESのサイドシルエットです。
LSかと思うくらい伸びやかで流麗なシルエット。
EセグメントのFFサルーンとしては、堂々たる風格を持って登場のようです。
 (28881)

ついに公開された新型ESのフロントマスク!

事前に公開されていたグリル部分もはっきり見え、三眼LEDヘッドライトのデザインも判明しました。
 (28308)

小型のLEDユニットが3つ並ぶ、レクサスの三眼と呼ばれるLEDヘッドライトは、LSのデザインと似ていますね。
おそらくウインカーはシーケンシャルで流れるタイプだと思われます。
 (28883)

 (28882)

テールランプも公開されました。

GSのテールランプにも似たデザインです。
 (28884)

リーク画像では、ヘッドライトユニットは単眼LEDになっています。
これはベースグレードなどで、別途三眼LEDが用意されるでしょう。
 (28310)

今までのレクサスのスピンドルグリルは、上部はこのように突き出た形状にメッキで囲われていることは無かったので、新型ESは今までにないデザインのスピンドルグリルと言えそうです。

北京モーターショーの正式発表を待ちましょう!

レクサスESってどんなクルマ?

レクサスESが発売されたのは1989年で、レクサスというブランドが立ち上がった当初からラインナップされている息の長い車種。
2004 Lexus ES 330

2004 Lexus ES 330

トヨタ自動車の高級ブランド「レクサス」の中で、ミドルクラスラグジュアリーに位置するESですが、北米、中東、ロシア、中国、韓国、台湾など幅広く販売展開されているモデルです。

日本では、2代目から4代目までは、ウィンダムとして販売されており、比較的このモデル名を覚えている方も多いのではないでしょうか?

5代目のレクサスからは、日本には導入されず、周りの諸外国では販売しているという状況のES。
特に北米では人気のセダンとなっています。
https://www.netcarshow.com/ (28671)

via https://www.netcarshow.com/
6代目は、2012年に開催されたニューヨーク国際ショーにお目見しました。

現在、6代目のESはビッグマイナーチェンジも行われ、フロントマスクも最近のデザインのスピンドルグリルが採用されました。

搭載されるエンジンには、2GR-FEをはじめ、6AR-FSE、2AR-FE、2AR-FXEがラインナップされています。

2AR-FXEは2500㏄の直列4気筒エンジンで、ハイブリッド化され、ES300hとなっています。
2GR-FEは、3500㏄のV型6気筒エンジンでES350、2AR-FEは2500㏄の直列4気筒エンジンでES250、6AR-FSEは、2000㏄の直列4気筒エンジンでES200というネーミングで発売されています。

ボディのサイズは、全長は4,895mm、全幅は1,821mm、全高は1,450mm、ホイールベースは2,820mmとなっており、かなり堂々とした大型セダンといった印象です。

そんな6代目ESは、北米を中心に販売も好調ですが、ついに2018年にフルモデルチェンジとなりそうです。

そして気になるのは、LSやISはモデルチェンジでサイズアップという中、GSは、現在モデルチェンジという話を聞きません。そしてFFサルーンだったHSもひっそりとカタログ落ちしました。

そんな中、レクサスESが、GSやHSの後継車種となる噂も…。

新型レクサスESのエクステリアデザインは?

新型レクサスES350/300hのフロント

FFサルーンとして、6代目からのシルエットを受け継いでのフルモデルチェンジとなると予想されますが、上記にあるティザーイメージのように、かなりシュッとしたシャープなエクステリアになる模様。
 (28674)

新型レクサスESのフロントビューはどうでしょうか?

下のスパイショットではスピンドルグリルが隠されていますが、縦状のフィンがあるのが確認できます。
現行レクサス車で縦フィン形状のグリルのセダンはないので、ひと目で新型ESと視認できそうです。

これだけ押しの強いデザインを持つと、レクサスであるとひと目で判断できるのが狙いでもあります。
ヘッドライトも、LS以降のZ型になるデザインを踏襲してデザインされていますが、偽装されていてスパイショットでは確認できませんね。
 (28675)

一部公開された画像やスパイショットなどを見るに、新型レクサスESは、現行型のLSのイメージに近くなるのではないかと思われます。
https://www.netcarshow.com/lexus/2018-ls_500/1280x960/wallpaper_35.htm (28694)

via https://www.netcarshow.com/lexus/2018-ls_500/1280x960/wallpaper_35.htm
上記はLSですが、LSは大きすぎるとの声もあるので、その受け皿として、ベビーLSとして新型ESが誕生するという面もあるかもしれません。

新型レクサスES350/300hのサイドビュー

 (28676)

サイドビューはどうでしょうか?
写真上が、海外メディアのスパイショットで、下が現行型モデル。

クーペスタイルセダンであるという点は、変わらないデザインでしょう。まだ多くの部分がベールに包まれており、わかりづらい部分が多いのですが、全体的に低フォルムになっている印象。
https://www.netcarshow.com/lexus/2016-es/ (28681)

via https://www.netcarshow.com/lexus/2016-es/

新型レクサスES350/300hのリアビュー

 (28684)

リアビューはどうでしょうか?
写真上が、海外メディアのスパイショットで、下が現行型モデル。

リアコンビネーションランプとトランクリッドのラインは堀が深くなり、GSにも近い印象になりそうです。
抑揚の付いたテールエンドは、弟分のISのようでカッコイイですね。

ベールに包まれている中で最大のポイントは、テールランプデザインが先行している車と後ろの車によって違う点。
先行車はバンパー一体型のマフラーになっていますが、後続車はマフラーがありません。

このことから、後続車はハイブリッドモデルであることが予想されます。
やはり新型レクサスESはガソリンとハイブリッドがラインナップされるでしょう。
https://www.netcarshow.com/lexus/2016-es/ (28685)

via https://www.netcarshow.com/lexus/2016-es/

新型レクサスESの内装デザインは?

現状まだ新型ESの内装画像は公開されていませんが、ミドルクラスセダンにふさわしいインテリアデザインに仕上がってくるのではないでしょうか。

現行モデルも、ビッグマイナーチェンジを機に、質感の大幅な向上がありました。

新型レクサスESの前席はどうなる?

https://www.netcarshow.com/lexus/2016-es/ (28690)

via https://www.netcarshow.com/lexus/2016-es/
ドライブモードセレクターもセンターコンソールにダイアル式であるタイプですが、新型ESではLSやLCのようにメーターフードに移設される可能性が高いでしょう。

また、ジョイスティックタイプのリモートタッチですが、タッチパネル式のものに変わる可能性が高いです。

ステアリングのウッドパネルは高級感をプラスしており、各パーツで使用されているウッドとの調和も取れています。
ラグジュアリーセダンとして、新モデルでもこういった質感を継承してくるのではないでしょうか?

下記がLSの内装です。
https://www.netcarshow.com/lexus/2018-ls_500/ (28696)

via https://www.netcarshow.com/lexus/2018-ls_500/
本木目の面積などはLSに比べて減ると思いますが、この内装デザインのイメージに近いものになるのではないかと、予想します。

先進の安全装備、次世代型レクサスセーフティシステム+も導入されるでしょう。

新型レクサスESの後席は?

 (28698)

現行モデルでは、トップクラスのレッグスペースを確保したとレクサスでも公表しています。
FFのプラットフォームを活かし、ミドルクラスでリアシートの居住スペースに最大限考慮している点が、ESのポイントでもありますね。

新型レクサスESでも、フロント席・リア席ともラグジュアリーな質感、そしてFFサルーンとしての広い居住空間という特徴が継承されるでしょう。

写真は現行モデル。
 (28701)

現行モデルでは、外側から見るとブラック化されたルーフは、2つのサンルーフ仕様となってます。
意外と斬新なサンルーフデザイン。

大きなサンルーフ1つよりもサンルーフとサンルーフの間に太いピラーを設けることが出来るので、剛性確保の面では、この2つのサンルーフというのは有効であるとも言えます。

新型ESでは、この2つのサンルーフデザインが盛り込まれるのか、はたまた昨今流行りの大きなパノラマルーフとなるのか、注目です。

新型レクサスES350・ES300hのパワートレーンは?

北米仕様では、ガソリンの3500㏄とガソリン2500㏄+モーターのハイブリッドが、現行モデルではラインアップされています。


今後導入される日本ではどうでしょうか?
現状の情報によると、新型ESは当初ハイブリッドのみの展開となりそう。
カムリと同じ、2.5Lのダイナミックフォースエンジン+モーターで、ES300hとしてデビューするようです。


北米ではモデルラインアップのないFスポーツが、日本でラインアップされるという話も聞こえてきますので、期待が高まりますね!

新型レクサスESの価格は?

気になる新型レクサスESの価格ですが、北米では、現行型のES350は,$38,950。ES300hは、$41,820となっています。日本円に換算するとES350は415万円、ES300hは445万円ということになります。
北米では装備やサービスが簡素化されての価格なので、日本に導入される場合は、これより100万円程度上乗せされる可能性が高いです。
GSの後継モデルとして期待されているだけに、価格帯もGSに近くなるのではないでしょうか。

レクサスESの日本導入でミドルクラスセダンが充実してくるとともに、往年ファンにはウィンダムの復活ともとれますね。

未確認情報ながら、価格はES300hの2WDで5,458,000円〜を予定しているとのこと。
ES300h F Sports 2WDが6,528,000円(AWD 6,975,000円)
ES300h version L 2WDが6,958,000円(AWD 7,205,000円)

との情報もありますが、デビューまでまだ時間があるので変更になる可能性もあります。

まとめ:新型レクサスESの発売日は?

新型レクサスESの発売日は、2018年秋とのことですが、8月末〜9月に発表、10月頃正式に発売が開始されるのではないかと予想します。

レクサスESの日本導入でミドルクラスセダンが充実してくるとともに、往年ファンにはウィンダムの復活ともとれますね。

2018年秋の販売開始が楽しみですね!
情報が入り次第加筆しますのでお楽しみに!
60 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部