2018年4月6日 更新

【EV対決】VW e-ゴルフ VS 日産リーフ!どちらの電気自動車があなたにぴったり?

ほぼ同じ時期にデビューしたVW e-ゴルフと日産リーフは注目を浴びています。 電気自動車としては、トップクラスの性能を誇るこの2台を比較しながら、紹介します。

【EV対決】VW e-ゴルフ VS 日産リーフ!どちらの電気自動車があなたにぴったり?

VW e−ゴルフと日産リーフのボディ関係の比較

 (27362)

 (27359)

e-ゴルフとリーフ Gは同じハッチバックというボディタイプに属し、乗車定員も同じ5名となっており、電気自動車であっても乗車定員を減らすことなく、通常のガソリン車となんら変わらず、使えることは素晴らしいです。

e-ゴルフはリーフ Gと比較して全長で15㎜、全高で60㎜小さいですが、全幅で10㎜大きいです。

車両重量はe-ゴルフはリーフ Gと比較して70kg大きいです。

ご紹介したように、ボディサイズついては、全高はリーフが大きいですが両車ほぼ同じ、車両重量はe-ゴルフが重いです。

e-ゴルフとリーフのモーター・ミッションなどの比較

 (27363)

 (27360)

電気自動車というと、航続距離が気になるところですが、一充電走行距離(JC08モード)については、リーフ Gはe-ゴルフと比較して99㎞長いです。
一方、リーフ Gはe-ゴルフと比較して、最高出力は14PS、最大トルクは3.1kgm大きいです。

リーフ Gはフルモデルチェンジによってリチウムイオンバッテリーは40kWhになり、モーターも出力アップしています。
高効率かつ高出力で、回転するとすぐにトルクは最大となり、EVならではのクイックな加速が楽しめます。
リチウムイオンバッテリーは重心を低くするために、最適な配置しました。
この低重心化に加え高剛性ボディによって、ハンドリングの応答が良くなりました。
更に、コーナリング中、4つの車輪のブレーキをコントロールするインテリジェント トレースコントロールが採用されたことにより、スムーズにコーナーをクリアできるようになりました。

また、インテリジェント ライドコントロールによって凸凹道を走行する車両の上下の動作を予測し、モーターの駆動力をコントロールすることで、車両の振動を減らしました。

一方、e-ゴルフは、モーターらしい静粛性と余裕の出力で、街中から長距離走行までスムーズな加速で爽快な走りが堪能できます。
スタートから100km/hに達するまで9.6秒しかかからず、抜群の加速を実現。
リチウムイオンバッテリーの重量バランスを考えながら、床下に収めることで、乗り心地を安定させました。
ノーマルの他、エコ、エコ+の3つのモードが採用されています。
例えば、エコにすれば出力をはじめ、速度、エアコンなどをコントロール、エコ+にすれば、エアコンを止め、動力性能を抑え、航続距離をもっとも長くすることが可能です。


e-ゴルフとリーフのステアリング・サス・ブレーキなどの比較

 (27364)

 (27361)

注目して頂きたいのが、両車のサスペンション(リヤ)です。

e-ゴルフは、4リンク(スタビライザー付)、リーフGはトーションビーム式となっています。

4リンク(スタビライザー付)は、両輪が独立して動きますが、トーションビーム式は動きませんので、走りや乗り心地に違いがでる可能性がありますので、試乗などで、チェックポイントになります。

一方、リーフはe-ゴルフに比べスポーティーなタイヤが装着されています。

ミッションについては、両車ともにCVTです。

まとめ

これまで、リーフ Gとe-ゴルフを比較してきましたが、モーターのパワーや航続距離はリーフがリードとしており、価格的も安いです。

ただ、e-ゴルフは、4リンク(スタビライザー付)がリヤサスに採用されていますので、コーナリング性能や乗り心地への期待感はあります。

パワーや航続距離を重視する人はリーフ、コーナリング性能や乗り心地を重視する人はe-ゴルフといったところになりなりますが、試乗のチェックポイントにしてください。

この記事がお役に立てば幸いです。
14 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

dreamber123123 dreamber123123